筆者「アジ吉」と旅

台湾とベトナムを「専門分野」とし、隠れたB級グルメや、穴場の観光スポットを「発掘」することに興味があります。

台湾へは毎月、ベトナムへは三ヶ月に一度くらいのペースで訪問する生活が、かれこれ何年も続き、もはやライフワークです。更新は不定期、よろしくお願いします。

オススメ記事

京劇メイク 1

プロローグ ここでは、「旅を思い立ってから、祭りの当日朝まで」の小話をご紹介。 友人から「招待状」。平日のすごい時間帯に開催される台湾のお祭り すべての始まりは、友人(台湾人)から届いた一通のSMSだった。 パレードの名は、松山慈恵堂・台北 ...

蓮の花を撮ってみた 1 2

泣く子も黙る「夏の台湾」がやって来る 南国台湾にも「真夏」はある。今年も、その時期がやって来た。 日中は、外を出歩くだけでも罰ゲームに近い大変さがある。冷房の効いたコンビニのイートインで座席争奪戦の激しさが増す様子は、台湾の「夏の風物詩」と ...

3

午前六時台に、西門から街歩きをスタート ホテルを出払って、西門から街歩きをスタートしたのは、まだ午前六時台のことだった。 台湾の街歩きは、空気が澄んでいて、朝市や朝食店の元気な早朝こそ「ゴールデンタイム」。 警察署も、まだお勤め開始前の時間 ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光 まずは、今回のターゲット「板橋」の位置を。 台北から淡水や九份へ行くよりも、よっぽど手軽にいける距離にある、台北市の衛星都市だ。 「板橋」へ来ること自体、アジ吉にとっては、初 ...

図書館前の池に咲いていた花 5

台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅 ここ半年、公私ともに、悲しくなったり、クサクサしたりするイベントが続いてきたけれど、三月に入って、ひとくぎりついた。 そんな中での、ちょっとした ...

ここは本当に、大都会バンコク? 6

「未開の地」バンナー上陸 BTS車両から一歩出ると、そこは、エアコンでキンキンに室内が冷えた車内とは打って変わって、灼熱地獄のプラットフォーム。 ここは、バンナー駅。 何十回と訪タイしているアジ吉にとっても、初下車だ。 バンコクの主要観光地 ...

夕食でもブンチャーを注文 7

レストランは、石橋のように叩いて渡れ!? 「あ、このレストラン、ぜったいリピる予感!」 一口目を食べ、口の中で「余韻」を味わい終えるまでの【最初の三十秒】で、そのレストランの評価って、わりかし正確にジャッジできてしまうもの。せっかくの海外旅 ...

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.