「 Ajikichiの記事 」 一覧

台北とは思えないほど自然豊か

台北

台北の穴場観光スポット「社子島」大冒険へ。台北観光にネタ切れぎみな方や、さらにディープでオリジナリティあふれる台北旅行を求める方はチェック必須

2019/01/13    

台北駅エリアから北上していくにつれ、大稲埕エリア、大龍峒エリアと、だんだんディープ度合いが深まり、やがては観光客も訪れないようなエリアに到達する ── まるで、潜水艦で海に潜ると、やがては、ほとんど生物の生息しない「深海」へ達するような感覚 ...

正面ゲート

ハノイ

【画像閲覧注意】ハノイの面白い観光スポット。地獄寺「Chùa Phổ Linh」にあった身の毛もよだつ地獄絵図を、ひとつ残らず写真撮影してきた

2019/01/12    

ここ最近、大阪とハノイを直行で結ぶLCC(Vietjet)が就航してくれたことにより、ハノイ旅行のハードルが一気に下がった(予算面、移動時間面の両方)。 世界トップレベルの美食レストランが密集する割には、ものすごく物価が安いので、ベトナム政 ...

人懐っこいニャンコ

台北の郊外

烏来(ウーライ)でトロッコ列車、老街、猫に癒される日帰り旅行。ノープラン&当日になってからの思いつきでも大満喫できる観光モデル例

2019/01/12  

今回の台北旅行がスタートした当初、烏来(ウーライ)へ行くつもりはなかったが、当日になって、ドタ参ならぬ「ドタ決定」で、烏来を訪れることにした。 冬の台北観光といえば、ドンヨリした天気が「相場」だと決まっているので、曇ったり、雨が降ったりして ...

武器職人Cao Loの像

ハノイ

ハノイの近場かつ穴場スポット。ベトナム激安タクシーで日帰り郊外旅行。コーロア(Co Loa)集落で、2,300年前の歴史に想いを馳せる、そぞろ歩き

2019/01/10  

はじめに:ちょっとリッチ気分を満喫できる、日帰りタクシー郊外旅行 ベトナム旅行は、「夢」があっていい。 物価が安いので、出費を気にせずに贅沢ができる ——— 日本では安月給の暮らしを強いられていようと、ベトナムに来れば「タクシーチャーター」 ...

「大腸」

台北

台北観光がてら立ち寄りたい、オススメの飲み屋。絶品のモツをつまみながら、一人でも気軽に入れる一軒|「勇伯米粉湯(新店)」

2019/01/07    ,

はじめに:通り過ぎるはずの街で、美グルメを偶然発見 MRT構内でよく見かける二文字 ——— アジ吉の中で形成されている「新シン店ディェン」(xīn diàn)のイメージと言えば、その程度のものだった。 それもそのはず、「新店」は終端駅なので ...

Xôi thập cẩm(具沢山バージョン)あ

ハノイ

ハノイのグルメを満喫できる、おすすめレストラン・永久保存版カタログ。定番のフォー、ご飯もの、ヤギ鍋から、スイーツまで完全網羅

2018/12/28  

はじめに:ハノイ以上に、グルメ記事が書きづらい街は、世界中どこにもない 大好きなハノイについて、これまで、けっこうな数の記事を投稿してきた。 記事ジャンルとして、「旧市街地探索」や「郊外の穴場スポット」などの写真紀行文を充実させてきた一方、 ...

まるで「ヨーロッパの街並み」的な風景

馬祖

【台湾最後の秘境】馬祖列島旅行記(1日目・後編):北竿(ベイガン)、馬祖で二番目に大きな島を楽しむモデルコース

2018/12/08    

あらすじ:「北竿」一周のためのバイクゲットに成功! 「台湾最後の秘境」とされる馬祖列島。 1つめの島である「北竿」への上陸(着陸)に成功し、ボディランゲージと筆談をフル活用しながら、なんとか、レンタルバイクもゲット。 ※「1日目・前編」がま ...

「北竿」の島が見えた 1

馬祖

【台湾最後の秘境】馬祖列島旅行記(1日目・前編):台北松山空港から北竿(ベイガン)へひとっ飛び。外国語の通じない離島

2018/12/04    

松山空港(台北)から、【台湾最後の秘境】馬祖へ、ひとっ飛び 松山空港(台北)から、馬祖列島の「北竿」へ飛び立つ朝。 06:50出発の早朝フライトにつき、まだ、MRTやバスは運行していない。 タクシーの運ちゃんも耳を疑う「馬祖ゆき」 西門から ...

40秒で支度しな

馬祖

【台湾最後の秘境】馬祖列島旅行記(出発前夜):40秒で支度しな

2018/12/04    

自分でも予期していなかった【秘境めぐり】の旅 「台湾最後の秘境」とも言われる、馬マー祖ツー列島。 台湾旅行が始まる前から「馬祖列島へ行こう!」と思って、台湾入国したのではなかった。 むしろ、台湾入国時点では、馬祖列島についてほとんど知らなか ...

ウシさん

ハノイ

【ハノイから日帰り可能、おすすめ穴場観光スポット】古き良き「ベトナムの原風景」を求め、フォトジェニックなドゥオンラム村(Duong Lam Ancient Village)を訪問する旅

2018/12/03    

はじめに:「ベトナムの原風景」を求める旅へ 一体、どれくらい走ってきたのだろう。 ひたすら北西方向へ進むルートのはずだが、不覚にも、タクシーを走らせて間もなく熟睡してしまい、どれくらい眠ったかも分からなかった。 車窓の景色は、いつの間にか、 ...

訪れるまではイメージしづらい外国の物価

ハノイ

ベトナムの物価って、どれくらい? ハノイ旅行を具体例として【何円あれば何ができるか】徹底調査

2018/12/02  

はじめに:ベトナムの「物価感覚」を手に入れたい方に読んで欲しい 東南アジアという「ひとくくり」にして考えられがちだが、実はベトナムって、(日本人にとっては安く旅行できると言われる)マレーシアやタイよりも、さらに物価が安い。 ……と書くだけで ...

外はカリカリ、中はモチモチ

ハノイ

ハノイにある【1泊570円・ビール飲み放題】の凄いゲストハウスに滞在してみたら、コスパだけではなく、サービスのクオリティも世界最高レベルだった

2018/12/01  

はじめに:世界最強のコスパを誇るゲストハウスは、ハノイにあり 【注記】2019年1月にハノイを再訪問したところ、本ゲストハウスは、営業していませんでした。改装中なのかも知れませんが、新しい情報が分かり次第、追記します。なお、このゲストハウス ...

ハノイ

【ハノイの穴場観光スポット】ハノイ市街地から日帰り、1,000円(交通費、入場料コミコミ)で遊びに行ける『ベトナム民族文化観光村』

2018/12/01    

はじめに:探せば見つかった、ハノイから日帰りで訪問可能な「新しい観光」 ハノイ旧市街地には、日本でいう「コンビニ」以上の密度で旅行代理店が営業している。 業者ごとに、ツアーの行き先や内容がバラエティに富んでいるならまだしも、扱うツアー商品は ...

夜からが本番

ハノイ

【ハノイ旧市街地の観光モデル】ハノイ「名もなき」すっぴん風景をめぐる街歩き《三部作》 第3話:夕方〜夜のハノイ

2018/12/01    

あらすじ:本記事について 本記事は、《三部作》として制作したハノイ街歩き紀行文のうち、最終の第3話にあたる。 第1話、第2話がまだの方は、以下リンクからどうぞ! 夕方〜夜のハノイ 月火水木金土日、毎日が「花金」感たっぷりのハノイ。 明確な「 ...

眠そうなワンコ

ハノイ

【ハノイ旧市街地の観光モデル】ハノイ「名もなき」すっぴん風景をめぐる街歩き《三部作》 第2話:昼のハノイ

2018/12/01    

あらすじ:本記事について 本記事は、《三部作》として制作したハノイ街歩き紀行文のうち、第2話にあたる。 第1話、第3話は、以下リンクからどうぞ! 昼のハノイ 無数にある個人商店が開店作業を終え、通勤バイクの大移動が終わり、街全体が「落ち着き ...

Copyright© アジアの何か。 , 2020 All Rights Reserved.