ハノイ

ハノイにある【1泊570円・ビール飲み放題】の凄いゲストハウスに滞在してみたら、コスパだけではなく、サービスのクオリティも世界最高レベルだった

投稿日:2018年12月1日 更新日:

はじめに:世界最強のコスパを誇るゲストハウスは、ハノイにあり

【注記】2019年1月にハノイを再訪問したところ、本ゲストハウスは、営業していませんでした。改装中なのかも知れませんが、新しい情報が分かり次第、追記します。なお、このゲストハウスに限らず、ハノイには、これくらいサービスが良いゲストハウスは、他にも(探せば)あるはずです。そういったゲストハウスについても、今後、情報共有していきたいと思います。

ハノイの旧市街地。

この街に【1泊570円】という、日本なら、マクドナルドで「バリューセット」が買えるかどうかきわどい予算で、滞在できてしまう宿がある。

たんなる安宿なら、ハノイには星の数ほどあるのだが、なんとここ、朝食つき、ビール飲み放題、おまけに、市内観光ツアーが「サービスで」ついてくるという、一軒。

全世界に数多あるゲストハウスの中でも「王者」の座に相応しいコスパと言えよう。

「伝説」のゲストハウス

「伝説」のゲストハウス

あまりにも鬼畜じみたコスパに、当初は「そんなゲストハウスに、1泊570円でとまれるハズがない(きっと、別料金を取られるに違いない!)」と信用していなかったくらいだ。

本記事は、そんな「世界一」とも言える驚異的コスパの宿へ滞在した体験談をお送りする。

「ハノイで二度寝」の背徳感にくすぐられる朝

ベトナムへは何十回と訪問しているため、ハノイ市内はもちろん、近郊のマイナーなスポットも、だいたいのところは攻略してしまった。

ヘタすると、ベトナム人よりも、ハノイ周辺について詳しいかも知れない……

「食都」ハノイの食文化が持つ懐の深さに惹かれて……

それでも、飽き足らずハノイを訪問するのは、物価が安いわりに、超ハイレベルのグルメが楽しめる「食都」としての側面に惚れ込んでしまったからである。

ハノイ滞在プランを立てるときも、観光スポットよりは、お目当てのレストランを先に決めて、「スキマ」時間に観光をするという形に近く、レストランが熱心に営業するわけでもない早朝の時間帯は、たっぷり眠ることにしている。

いつもは、日本で馬車馬のように安月給で働かされているけれど、たまにこうして有給を取得し、ハノイで二度寝しながら、ランチやディナーはどんなものを食べるか妄想しながら過ごす時間は、最高。

「自分は『この瞬間』のために、日本でガマンしながら生きているんだ」と思う。

平日の朝から、ハノイで二度寝をする背徳感にくすぐられながら、九時を過ぎた頃、起床。

「とぐろ」を巻いた階段

「とぐろ」を巻いた階段

ゲストハウスは、ベトナムに良くある【縦に細長い】ビルディングで、7階から階段を見下ろすと「とぐろ」を巻いているよう。

幸い、エレベータが設置されていたけれど、たまに、格安ゲストハウスの中には、エレベータがないのに5階の客室をアサインされることもあり、トランプで「ババ」を引いたと思って諦めるしかない。

「無料」だが、本格的クオリティの朝食

食堂へ降りて来ると、ベトナム名物「フランスパン」の香ばしいにおいが漂っている。

冒頭でも触れたとおり「無料」の朝食だが、味は本格的フランスパンそのもの。

外はカリカリ、中はモチモチ

外はカリカリ、中はモチモチ

外はカリカリ、中はモチモチという、日本ならこれだけでも軽く500円くらいしそうなクオリティ

嬉しいことに、フルーツや、スクランブルエッグも皿に添えられており、コーヒーも無料で提供されている。

「イケイケドンドン」なカナダ人ガイドによる市内観光ツアー

大満足の朝食後には、ゲストハウスが「無料」で提供しているという、「市内観光ツアー」へ参加。

なんと、ツアーガイドは外国人で、頭頂がすこし寂しい状態になった、南カナダ出身の中年男性

パンチ力のある声量の持ち主で、キャラは底抜けに明るく、ときたま信号無視しながら、ガンガン客を引率して行く。

市内観光ツアーの参加客たち

市内観光ツアーの参加客たち

ツアーの参加客は、全員アメリカ人だった ——— ひとり日本人のアジ吉は、大いなるアウェイ感。

アジ吉にとっては、東京よりも、訪問回数が多いハノイ

いまさら、目新しい「観光スポット」が見つかるという楽しみも期待できるはずがなく、「朝さんぽ、一人でやるより、みんなと行ったほうが楽しいかな?」程度のノリで、参加を決めたのだった。

セント・ジョセフ教会

パリのノートルダム大聖堂を模して造られたという、百年以上の歴史を誇る建物。

ある意味、ベトナムにとってフランス文化に「侵略」を受けたとも言えるが、今日では、現地の敬虔な信者が集って祈りを捧げ、観光客にとっては、フォトジェニックな写真スポットとしてにぎわい、ハノイの街になくてはならぬ存在に。

「セント・ジョセフ教会」

「セント・ジョセフ教会」

教会前の銅像

教会前の銅像

窓枠の細かい装飾

窓枠の細かい装飾

地元の信者がちらほら

地元の信者がちらほら

ホアンキエム湖畔

人通りの多い、市街地の入り組んだ道路を通りぬけると、視野がパーッと開けて、眼前に湖面が広がる。

バイク音や、行商人の声で街中ざわざわしたハノイを歩く中、心が落ち着くひととき。

ホアンキエム湖

ホアンキエム湖

リー・タイトーの像

リー・タイトーの像

その昔、ベトナムの首都をニンビンからハノイへ移したという、リー・タイトーの像。

公園をしばらく散策した後、一同はコーヒーショップへ向かうようだったが、十分に散歩を楽しんだアジ吉は、途中で「おいとま」。

まとめ:無料ビールでシメる、朝から晩まで大充実の570円ステイ

とても無料とは思えない、ハイクオリティの朝食、市内観光ツアーを楽しんだ後は、ハノイ市街地をぶらぶらしながら、グルメやマッサージを満喫。

ゲストハウスへ戻ると、【飲み放題】の無料ビールを振る舞ってもらえた。

飲み放題のビール

飲み放題のビール

街角のビアホイで飲むような、水っぽく、少し苦みの強い、典型的「ビアホイの味」。

今日一日、ずいぶん盛りだくさんだった気もするが、たった570円でここまで奉仕してくれるゲストハウスは、地球上、ここにしかないと思った。

このゲストハウスが、いつまで現在のコスパで頑張っているかは未知数だが、スタッフは親切かつ正直(←ベトナムでは重要 笑笑)なので、これからも繁盛して欲しい一軒。

ブログランキング

(おしまい)

↓↓島耕作の最新刊は、1冊丸ごと台湾が舞台。これは読んでおきたい♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ハノイ

Copyright© アジアの何か。 , 2019 All Rights Reserved.