台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

おすすめ 旅のテクニック

【写真旅行を快適に】Canon EOSデジタル一眼レフ利用者は即刻ゲットすべき、台湾旅行でも大活躍のアレ

投稿日:

はじめに:Canon EOSデジタル一眼レフがUSB充電できないことに困っていた

スマホやタブレットは、USB接続口があれば充電できて当然というご時世

それなのに、Canon EOSデジタル一眼レフのバッテリと来たら、いつまで経っても家庭用コンセントでしか充電できない。ユーザの方であればご存知、いわゆる「LP-E6」という型番の、かまぼこのようなカタチをした、あのバッテリーである。

LP-E6

LP-E6

Canonから販売されているのは、家庭用コンセントで充電するタイプのチャージャーのみ。

デカくてかさばる上、USB利用方式の充電に対応していないので、いつも旅行の荷物になっていた。

専用充電器

専用充電器

予備のバッテリを購入することも考えたが、純正品となると、八千円ちかくするので、この案はボツ。

アジ吉
いつか、CanonサマがUSB式充電器を販売してくれるはず……

健気なCanon愛好家であるアジ吉は、ずっと我慢をしてきたのである。

ある日、旅先での移動時間中にもバッテリ充電ができるアイテムと出会った

あるとき、さりげなくインターネット検索で時間をつぶしていると、こちらのアイテムと出会った。

早いハナシ、ずばりUSBから充電可能な、Canon EOSシリーズ用のバッテリーチャージャーが、とっくに世の中に出回っていたのである。ただし、Canon製ではなく、サードパーティ製。

さっそくポチって入手。分かりやすいように、カメラ本体とのサイズ比較を。

レンズの先っぽ大くらいの、本当にコンパクトな充電器である。旅先でも、荷物になることはない

充電器本体は、超小型サイズ

充電器本体は、超小型サイズ

しかも、USB方式の充電に対応しているので、モバイルバッテリがあれば、旅先の移動中でも、デジタル一眼レフのバッテリーが充電できるようになる。

空っぽの状態から充電しても、三時間前後で満タンにすることができる。

モバイルバッテリのオススメは、こちら

アジ吉がセットで使っているのが、こちらのモバイルバッテリ。

30,000mAhという、市販品では最大級のバッテリ容量を持つため、スマホ、タブレット、あるいは、上述したようなデジタル一眼レフのバッテリを同時に充電しても、二泊三日くらいの旅行であれば、旅行中、一度もコンセントに頼らなくても問題なし

USB接続口は3つあるので、3台まで同時に充電可能だ。

重さは680グラム。500mlのペットボトルを、ひとまわり重たくした感じだが、リュックに入れて運ぶ分には、負担と感じない。なにより、外出先で電池切れの憂き目に遭う心配から解放されることを思えば、これはちゃんとした「理由ある」重さである。

まとめ:シャッターチャンスはいつ巡ってくるか分からないからこそ、【写真環境】はガッチリ固めよう

すでにモバイルバッテリを保有している方は、USB式充電器だけでも、ゲットしてはいかがだろうか

台湾旅行中、以下のような「スキマ時間」はたくさんあるので、USB式充電器を使って、デジタル一眼レフのバッテリーを充電できるメリットの大きさは実感いただけると思う。

  • 日本の空港から桃園空港へ飛んでいる三時間
  • 桃園空港から台北市街地への移動(バス、MRT、タクシー)中の一時間
  • マッサージを受けている間の一時間
  • 京劇を鑑賞している間の一時間

USB式充電器は、こちら。

モバイルバッテリは、こちら。

インスタ映えする景色の多い台湾。

だからこそ、【写真環境】はガッチリ固めて、運命の「一枚」をゲットできるチャンスを増やそう

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ 1

目次1 はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事情2 まるで「紅白玉入れ」の様相。台湾の無慈悲なゴミ回収システム3 まとめ:もはや【迷宮入り】と思われる難案件3.1 追記(2018年7月16日) はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事 ...

武器を持つカミサマ 2

目次1 はじめに:台湾旅行必須のアクティビティ、「廟めぐり」を120%楽しんでみる2 台湾のカミサマをとりまく生活環境2.1 台湾のカミサマ住宅事情2.2 設置ポジションで分かる、カミサマ・カースト3 まとめ:同居は大丈夫だけど、上下関係は ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-おすすめ, 旅のテクニック

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.