「IT 余談」 一覧

IT 余談

技術飽和時代を生きるエンジニアが,「技術貧乏」ループへ陥らないために心掛けておきたい,3つの習慣

2021/09/12  

技術飽和時代の生き方 こんにちは。 次から次へと,新しいライブラリやフレームワーク,ひいては,開発言語までが誕生するという,技術飽和時代にある IT 業界。 最先端の技術を使いこなせることは,一つの強みになりますが,流行にキャッチアップする ...

IT 余談

「勉強がうまい」ITエンジニアになりたいなら、学生時代にやっておきたい3つのこと

2021/09/11  

こんにちは。 ITエンジニアとして成功するために、有名大学の学歴は必須要件ではありませんし、高卒でもバリバリ優秀なITエンジニアは多数いらっしゃいます。 それでも、「勉強がうまい」ことのメリットはあっても、デメリットはありません。 TOEI ...

IT 余談

社内SEである私が、社会で十年以上働いて痛感したこと。もし学生時代に戻れるなら、これに力を入れてガッツリ勉強したいコンテンツ3選

2021/09/11  

こんにちは。 学生時代に、あまり勉強熱心ではなかった筆者。 いちおう大学院まで出ましたが、学業成績はドン底、修士論文のクオリティもショボくて、担当教官から追い出されるようにして卒業した経緯があります。 本記事では、そんな筆者がもし学生時代に ...

IT 余談

Vueフレームワークの創始者、Evan You(エヴァン・ヨー)。アジア出身の天才肌ITエンジニアについて、生い立ちや経歴をまとめてみた

2021/09/11  

はじめに:「使いやすい!」と感動したフレームワーク。作者をググったら、アジア出身のITエンジニアだと判明 こんにちは。 最近、フロントエンドの開発業務が増えて、Vueフレームワークを使う機会が出てきました。 Angularフレームワークでお ...

IT 余談

会社で受ける自己研修には、社外講習会や出張よりも、Udemyがオススメの理由

2021/09/11  

はじめに:自己研修のプログラム探し こんにちは。 エンジニアをしていると、自己研修として、会社負担で社外講習会を受講させてもらえることがあると思います。 会社の用意したプログラムや、先輩が受講しているコンテンツを参考にすると思いますが、最近 ...

IT 余談

大手企業の社内SE就職を「人生すごろく」の「ゴール」というノリの、高学歴新卒とどう向き合うか?

2021/09/11  

はじめに:オーバースペック気味な新卒配属が珍しくない時代 こんにちは。 情報システム部(社内SE職)といえど、ここ数年立て続けに、筆者の職場へ、誰もが知っている国立大学(旧帝大を含む)の修士卒が配属されてきます。 大学院進学率が高くなってい ...

IT 余談 ちょいグローバル話

【気になるプログラマの将来性】プログラマの仕事が、これから先、どんどん賃金の安い新興国に奪われてしまう説は本当なのか?

2021/09/11  

こんにちは。 平均年齢が若く、労働人口豊富な新興国の存在感は、確実に大きくなり、もはや無視できないものとなっています。 よく囁かれるのが、「プログラマの仕事は、近い将来、新興国に奪われれしまう」説。 ITエンジニア(日常業務の半分ほどはコー ...

IT 余談

社内SEとして十年目の筆者が、将来的にフリーランスのITエンジニアとしての選択肢も手にするため、最近始めた勉強

2021/09/11  

こんにちは。 雇われITエンジニア(会社員)として過ごしていると、「いつかは」と夢見るフリーランスの道。 先行きの不透明な時代だからこそ、不運に会社員としての職を失っても、一人で食べていけるだけの準備は欠かせずに取り組みたいものです。 本記 ...

IT 余談

「下流工程は付加価値が低いから、外注すればいい」という危険な発想は、情報システム部門の組織を滅ぼす

2021/09/11  

こんにちは。 ITエンジニアの現場(特に社内の情報システム部門)でよく言われるのが、「下流工程は付加価値が低い」ということ。 ここで下流工程とは、製造工程(プログラミング、単体テスト)を指します。 本当に、そうなのでしょうか? たしかに、シ ...

IT 余談

ITエンジニアの勉強モチベーションって、ぶっちゃけ、継続につながるなら、なんでもいい。もっと言えば、モチベーションだけで、なんでも片付く訳でもないという話

2021/09/11  

こんにちは。 ITエンジニアって、やることがめちゃくちゃ多いですよね? かくいう筆者も、年齢を重ねるにつれ「手を動かしていればいい」という逃げ方ができなくなるのを感じています。 新人の教育であったり、推進中プロジェクトの進捗・コスト管理であ ...

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.