台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

シンガポール 旅のテクニック

空港レストランで和朝食が無料という、シンガポールの「二重にウマい」話

投稿日:2018年2月12日 更新日:

本当に無料!? 空港レストランでの「日本風な朝食」

思わず、エッと聞き返す噂を耳にした。

シンガポールのチャンギ空港内のレストランが、無料で「日本風な朝食」を提供してくれる

情報提供主は、バンコクの安宿で知り合った日本人。彼の話によると、「楽天プレミアムカード」保有者であれば、空港ラウンジでもない、普通のレストランで、朝食が無料になるというのである。

楽天プレミアムカード

「噂」の真偽を、いつか自分で確認したいと思っていたところ、今回、たまたまシンガポールへ飛ぶ機会を得たアジ吉。

「オイシイ話」が本当に美味しいのか、確認しにシンガポールへ

あまりにも話がウマすぎるので「釣り」かと思いつつ、どうしても気になって、そのレストランへノコノコやってきたアジ吉。

店名を見ると "TGM" とあるが、ラウンジではなく、普通のレストラン

アジ吉
ち…朝食、いっちょうプリーズ。。。

Ok, sir. Breakfast for one, right?(朝食いちにんまえっすね)
店員

楽天プレミアムカード入会時に無料で発行してもらったPriority Passを、恐る恐る見せると、本当に無料だった

「ヤな顔をされやしないかな?」と思っていたが、杞憂に終わり、現金で支払ったときと、まったく同じ接客を受けることができた。

オーダーを済ませて、レストランの中へ

オーダーを済ませて、レストランの中へ

日本人的な発想をして、へんに気づかったりする必要なんて、まったくなかったのだ。

オーダーを終え、急に気が大きくなったアジ吉

無料朝食との「ご対面」

えらく調理時間がかかった(二十分くらい)。

待ってる間、持ち前の妄想力がたくましく働いて、妄想が膨らむ膨らむ 笑笑

無料の「日本風な朝食」がテーブルへ、ドドーン!!

無料の「日本風な朝食」がテーブルへ、ドドーン!!

やってきたのは、シンプルな和風

シンプルではあるが、十分な食べ応えがあることを、一口目を食べるまえに、ビジュアルから判断できるボリューム。

肉厚が「爆ボリューム」のサーモン

肉厚が「爆ボリューム」のサーモン

日本でみたことがないほど、肉付きの良いサーモン。

肉厚がすごいだけではなく、弾力のある肉で、大変美味。

口に運んで「わさび」の味がひろがり、日本への「望郷の念」が強まる

口に運んで「わさび」の味がひろがり、日本への「望郷の念」が強まる

日本人には嬉しい、ワサビ風味のふりかけが添えられた、アツアツ白米。

常夏シンガポールの空港だというのに、ワサビの味とともに、日本への「望郷の念」が一気にグワっと体中に広まる大変うれしいサプライズ

「わさび」ふりかけをいただき、のこりのご飯で「卵かけ」に

「わさび」ふりかけをいただき、のこりのご飯で「卵かけ」に

他には、味噌汁や、卵、シューマイ、デザートまで。空港でこれくらいの朝食セットをオーダーしたら、千五百円はすると思う。とくに、ここは、物価の高いシンガポールである。千五百円で済まないかもしれない。

ほぼ温泉卵くらいの仕上げにゆでられていた卵は、「わさび」ふりかけを満喫した残りのご飯で、「卵かけ」にして美味しくいただいた。

観光大国プライド

今回、楽天プレミアムカードの特権が、あまりにも気前良すぎて驚いたというのも事実だが、それよりもむしろ、観光大国としての、シンガポールの実力、気前の良さを見せつけられた気もした(関空は、情けなくなるほど、サービスがしょぼい)。

楽天プレミアムカード

日本も、本気で観光大国を目指すつもりであれば、シンガポールを手本として、もっと「国の玄関」空港のサービスを充実していくべきであろう。

(終わり)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-シンガポール, 旅のテクニック
-

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.