台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

廟の中で、めくるめく美食。台湾小吃からビール、スイーツまで全部そろう、食の「極楽浄土」

投稿日:2018年6月6日 更新日:

台湾B級グルメのテーマパークと言ってもよい「慈聖宮」。境内に、めくるめくる飲食店

朝イチバンに「阿角紅燒肉」での「第一あさごはん」を済ませたアジ吉。

そちらでの食レポートは、別記事として作成したので、是非チェックいただきたい。

よく出汁を吸う麺
台北トップレベルの紅燒肉専門店は、ツンデレ接客スタイル? 麺料理が最高の味だった話

目次1 市場の商店に埋もれるように、ひっそりと店を構える人気店2 放置プレイかと思ったら、バッチリ覚えてくれている「ツンデレ」接客スタイル3 平たくて表面積の大きい麺にしみ込む、最高のあっさりスープ 市場の商店に埋もれるように、ひっそりと店 ...

続きを見る

第二、第三の「あさごはん」ハシゴ先をもとめ、「阿角紅燒肉」から数分と歩かない距離にある「慈聖宮」へやって来た。

台湾B級グルメのテーマパークと言ってもさしつかえないほど、敷地内に飲食店がゴロゴロ開店営業する廟があるというのだ。

「慈聖宮」の門

「慈聖宮」の門

こちらが「慈聖宮」

左右両脇に、飲食店が営業しており、台湾グルメ愛好家としては、到着早々、気分がアガる

写真中央が「慈聖宮」

写真中央が「慈聖宮」

なお、廟内の飲食店は、控えめにカウントしても、七〜八店は下らない

店ごとの料理ジャンルも、ほどよく分散されており、まさに「小吃フードコート」さながらの雰囲気

「慈聖宮」フードコート 1

「慈聖宮」フードコート 1

「慈聖宮」フードコート 2

「慈聖宮」フードコート 2

お気に入りの「一軒」で料理オーダーしたら、廟内のテーブルへ。

店ごとにテーブルの「所有権」が決まっており、テーブルの上には、店名が明記されている。

店名の書かれたテーブルを選ぼう

店名の書かれたテーブルを選ぼう

基本、料理をオーダーした店のテーブルに座ることになる。

混雑しているときは、発想の順序を逆にしてテーブルを確保してから、その店の料理を注文した方がスムーズにいくと思う。

テーブルは、すぐ満席になってしまう

テーブルは、すぐ満席になってしまう

日本だと、お寺や神社の真ん前で、テーブルを広げて、ガッツリ食事をするなんて、あまり聞いたことがない

その異文化体験も含めて、ここでの食事は特別な思い出になるだろう。

廟の前で、神様に見守られながら「お食事」タイム

廟の前で、神様に見守られながら「お食事」タイム

今日はここで、胃スペースの許すかぎりにおいて、ここでB級グルメをハシゴしまくろうと思う。

「肉粥」|まちがって口にした唐辛子も、あっという間に「消火活動」。優しい味のお粥

朝は優しい味からスタートさせたい

そう考えてやってきたお店は、その名もズバリ「肉粥」

店名は、ズバリ「肉粥」

店名は、ズバリ「肉粥」

店頭には、女将の似顔絵が彫刻された看板がつり下げられている。

女将の似顔絵つきの看板

女将の似顔絵つきの看板

店先では、彫刻の似顔絵そっくりな女将が、商売に精を出している。

似顔絵そっくりの女将が……

似顔絵そっくりの女将が……

まずは、「紅焼肉」

「紅焼肉」

「紅焼肉」

豚バラ肉を、ほどよい厚みので覆ったもの。これを、甘辛いソースにつけていただく。「紅焼肉」は、広く愛される台湾の大衆料理だが、食材として用いられる肉の「キャラ」は、店によって様々であるため、「紅焼肉」の味も多種多様である。ここのは、脂身が多すぎることなく、かつ、引きしまりすぎていることもなく、絶妙なプルプル感が残されている。我がストライクゾーンに命中である。

お次は、「鯛魚炸」

「鯛魚炸」

「鯛魚炸」

まるで、某ファーストフード店の「フィレオフィッシュバーガー」のフライ白身魚みたいな食感だが、ここのは、さらに衣をしっかりつけて「唐揚げ感」を高めたような料理だ。白身魚の味薄さにアクセントを添えるために、唐辛子片が混入しているので、避けるよう注意していたが、誤って一つ食べてしまった

口の中が大火事になるという惨事に見舞われたとき、救世主のように現れた「一品」こそ、ここの看板メニューでもある「肉粥」

「肉粥」

「肉粥」

これぞ台湾の朝ごはんという、素朴で優しい味わい

唐辛子で炎上していた口の中の「消火活動」をするばかりか、食欲を増進してくれる味だった。

唐辛子で炎上した口の中を癒してくれる

唐辛子で炎上した口の中を癒してくれる

「許仔猪脚麺線」|あまりにも濃密な食体験のため、別記事が立った「一軒」

次には、ビジュアル的に引きつけられるように、「許仔猪脚麺線」へやって来た。

ビジュアルとは、その店前の人だかりの多さであった。

明らかに、人だかりの数が最多だった

明らかに、人だかりの数が最多だった

ここでの食体験は、本記事に書き切られないほど濃厚なものであった。

アジ吉が、何十回という台湾旅行の中で出会ってきた料理の中でも、「料理キャラ」の濃さは歴代トップクラス

予定字数が大幅にオーバーしてしまっため、別記事として作成した。

誕生日祝いや、刑務所の出所後に食されることもある、台湾の縁起モノB級グルメとは?

目次1 「許仔猪脚麺線」|マイ鍋持参の常連さんもやって来る、地元密着な「一軒」2 「一番最悪」だけど「縁起がいい」という料理。いったい何物なのか3 「格闘技」に近い食後感。超ディープな台湾B級グルメを完食して 「許仔猪脚麺線」|マイ鍋持参の ...

続きを見る

是非、こちらもチェックいただけると、大変嬉しい

「阿萬毛蟹」|ビールだけ注文して、おばさんが少し不機嫌になった話

この時点で、アジ吉の胃スペースは、既に限界に達していた。

アジ吉
それでも、ビールとデザートは別腹

わけのわからぬ「理論」を持ち出して、「阿萬毛蟹」をハシゴ。酒のつまみが大充実した、今後重宝しそうな予感もする「一軒」だが、あいにく、これ以上は胃袋が受け付けなかったので、ビールだけ注文することに。

アジ吉
ビール一杯、くださいな
ビールだけかい? 食べ物の注文はなし???
店員

店のおばさんが、あからさまに不満そうな表情。注文を拒否られることも覚悟。

そのとき、腕や首に入ったイレズミがどうも雰囲気とマッチしない、童顔のおにいさんが、おばさんを上手くなだめるようにして、ビール瓶を渡してくれた

ハシゴ「終点」では……

ハシゴ「終点」では……

おにいさん、グッドジョブだ。

次回の食べ歩きでは、この店を一番目に持って来て、いろんな料理にトライしようと思う。

「屋台アイスクリーム」|昔なつかしい味のアイスクリームでシメる

ほどよくホロ良い気分になったところで、「阿萬毛蟹」を後にする。

まるでタイミングを見計らっていたかのように、アイスクリーム屋さんのおじさんが声をかけてくる。

ひとつ、どうだい
店員

目の前に、アイスクリーム屋さんは自転車を停車。アイスクリーム作る気、マンマン

ビールの後に、アイスクリーム?という気もしたが、声をかけられてみると、たしかに、食べたい気分だ

アイスクリーム屋さん

アイスクリーム屋さん

ひとつ二十元だというので、オーダーしてみた。

大きな鍋から、すくい取るようにしてアイスクリームを盛るおじさん。

ひとつオーダー

ひとつオーダー

なんだか、昔なつかしい味

濃厚なクリームというよりかは、あっさり風味のシャーベットに近い

なつかしい味

なつかしい味

これが、台湾の暑い気候とよくマッチしている。

みずみずしさもあるアイスクリームなので、ちょっと涼をとったり、喉をうるおすのに、ちょうど手頃な一品なのだろう。

散歩途中のおばあさんも買い求める

散歩途中のおばあさんも買い求める

アジ吉
廟の中にある、フードコートだって?

「慈聖宮」のことをネット情報で知ったときは、グルメのレベルに大して期待せず「行ってみようか。たとえ期待がハズれても、お土産話にはなるだろう」という、野次馬根性的な感覚であった。

それが、いざ訪れてみると、美味しい台湾小吃にビール、そして食後のスイーツまで全部そろってしまう魅惑のグルメスポットであった。

近いうちにきっと再訪することになるだろう予感を胸に、「慈聖宮」を後にするアジ吉であった。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.