ちょいグローバル話

通訳を十年経験した現役エンジニアの感じる「通訳の使い方が分かっているクライアント」の共通点

投稿日:

こんにちは。

バイリンガルエンジニアとなることを目指して、日々、英語を学ばれている方や、実際に最前線で活躍されている方は大勢いらっしゃると思います。

案外知られていないのは、世の中、通訳の使い方が、ものすごく上手な方と、その逆がいるということです。

本記事では、現役エンジニアとして働きながら、社内での通訳業務を十年以上経験してきた筆者の視点で、「通訳の使い方が分かっている人が備えている共通点」について語ったものです。

これからバイリンガルエンジニアを目指す上での参考にしていただいたり、あるあるネタとして共感していただけたりしたら幸いです。

筆者と英語の関わり

本職は社内SEですが、新興国にある海外子会社を活用してシステム協業開発を推進したり、全世界の拠点とテレビ会議をしたりする関係上、国内勤務でありながら一日の半分ほどは、英語で業務を推進しています。

そんな筆者は、外大で英語の専門教育を受けたわけでもなく(理系出身です)、ハタチを過ぎるまで海外へ行ったこともないため、「純ジャパ」英語ユーザです。

英語学習は社会人になってからスタートし、自力でTOEIC 900点突破した後、英語公用語圏へ海外駐在を経験しています。

通訳業務としては、メーカー業務全般(特に、経理・営業・物流・生産管理・製造)、ソフトウエア開発業務(要件定義、設計、プログラミング、テスト、リリース、運用サポート)の分野で十年ほどの実務経験を重ねてきました。

「通訳の使い方が分かっている人」の共通点

結論をひとことで言うと、気遣いのできる方というのが、通訳をしていて「この人は通訳しやすい」と感じる人たちです。

具体例としては、以下のようなポイントです。

いいタイミングで区切ってくれる

リアルタイムで話されるトピックを訳すだけでは、通訳としての仕事アウトプットとして、70点くらいだと思います。

残りの30点(もっと大きいかも……)は、話がどのような方向に向かっているのか、先を読みながら、適切な表現を選ぶことです。

通訳者にとって、話の先を読みやすいように論理構成を組み立て、適切なタイミングで区切ってくれる人には、気遣いを感じますし、通訳者としていい仕事ができたと満足感を味わえることも多いです。

日本独自のガラパゴス表現を意図的に避けてくれる

通訳者としての腕の見せ所でもあるのですが、日本語から英語への通訳で一番困るのは、日本独自のガラパゴス表現を使うクライアントです。

最たる例が「また検討しておきます」です。

多くの場合、日本では、遠回しにNOを意味する言い回ししですが、中には、けっこう前向きに発される場合もあり、「本気度」まで、通訳者が読み取ることはできません

こういった日本独自のガラパゴス表現を避けてくれるだけでも、通訳者としては気遣いを感じるポイントです。

同じ言葉を使い続けてくれる

通訳者として負担になるのは、自分が専門ではない分野の話になるとき、次から次へと違う単語を使われることです。

誤訳にならないよう、逐次クライアントへ確認することになりますが、同じことを意味するのなら、会議が終わるまで同じ単語を使ってくれた方がいいに決まっています。

あまりにも馴染みのない話題であれば、会議前に打ち合わせの場を持ち、よく使う表現を通訳者がリストアップするための大切なインプット情報となります。

結局は、通訳って、あまり特殊な業務ではない

英語を勉強するまでは、通訳者のことを特別な存在だと思っていました

どんな話題が振られても、サラリと短くまとめて伝え、会話の流れを乱すことのないプロフェッショナルぶりは、見ていて清々しいものもあります。

実際、通訳を本業とされる方には、卓越したレベルに到達しており、カリスマ的な能力を持った先輩方も大勢いらっしゃいます。

筆者のように、理系出身で、副業的に通訳をしている人間にとっては尚更なのですが、表面上は淡々とこなしているようでも、本記事では取り上げたような気遣いをしてもらえる場合と、そうでない場合では、通訳者にかかってくる負荷には雲泥の差があります

気遣いほぼゼロのクライアントに出会うことも少なくありませんが、そういった場合、難解な日本語から標準の日本語へ、標準の日本語から英語へと、瞬時的に多段階通訳を強いられることになります。

逆説的にいうと、こういったクライアントの仕事を終えた後には、通訳者として得られる経験値はグーンと高まるため、スキル育成的には「気遣いほぼゼロ」のクライアントに出会えることは、実は、ありがたいチャンスでもあります。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ちょいグローバル話

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.