IT 余談

「下流工程は付加価値が低いから、外注すればいい」という危険な発想は、情報システム部門の組織を滅ぼす

投稿日:

こんにちは。

ITエンジニアの現場(特に社内の情報システム部門)でよく言われるのが、「下流工程は付加価値が低い」ということ。

ここで下流工程とは、製造工程(プログラミング、単体テスト)を指します。

本当に、そうなのでしょうか?

たしかに、システムの方向性を決定するのは上流工程(要件定義、基本設計、詳細設計)ですが、(実際に手を動かしてシステムを作り上げる)下流工程は、システムの「使い勝手」の良しあしを決める上で、決して無視できない影響力を持つ業務です。

下流工程を知らないITエンジニアには、上流工程を担当できるはずがない

どれだけ、ユーザからの要望をまとめるスキルに長けていても、下流工程の経験を持たないITエンジニアは、上流工程をやるべきではないと思います。

例えば、コーディング経験がなければ、以下のような業務を遂行することは、難しくなるでしょう。

  • プログラマがスムーズに理解できる設計書を作成すること
  • システム開発工数の見積りを高精度で実施すること
  • ユーザ要求に、技術的な無理難題が含まれているのに気づくこと

理論的にはパーフェクトだと思える要件定義・設計であっても、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークの制約をろくに考慮しないままだと「机上の空論」に陥りかねません。

下流工程のスキルは、上流工程担当者にとっても必須であるといえ、決して「付加価値が低い」と言えるものではありません。

下流工程の外注によって、l開発ノウハウが自社組織から喪失される問題

下流工程(プログラミング、単体テスト)で、外注を活用するという動きは、一般的にみられるものですし、外注活用そのものには「善」も「悪」もありません。

ただし、下流工程の外部依存が長期化すれば、その影響は重く受け止めるべきです。

技術的なスキル・ノウハウが自社から失われていき、以下のような課題が新たに浮上するでしょう。

  • 納品されたプログラムソースを読むことができず、十分な精度で検品できない
  • 開発経験が失われるため、外注から提出される見積り工数が適切かどうか判断できない
  • 世間のIT技術トレンドから、取り残されていくことになりやすい

外注先の企業に、高い技術力と、徹底したコスト感覚が備わっていればよいのですが、どちらかが欠けてしまうと、QCDが大きく損なわれるリスクは目に見えています。

最悪の場合として、外注先の企業が倒産するようなことがあれば、目も当てられないような大混乱が引きおこることは必至。

情報システム部門として、過度の外注依存は、自組織の首を絞めることにもなりかねません。

下流工程を社外移管することによる、自社ITエンジニアの士気低下

ITエンジニアの中には、「技術者」としてのプライドが高く、技術を極めていくことに仕事人生の「やりがい」を感じている人材も少なくありません(かくいう筆者もそうです)。

下流工程を社外移管してしまうと、ITエンジニアとして、技術を磨くチャンスが損なわれ、自社で働くITエンジニアの士気を低下させることにもつながります。

優秀な人材を失うことは、企業にとっても、大きな損害です。

たとえ下流工程で社外リソースを活用することがあっても、コアとなる技術は社内で保有することを重視すべきですし、そうすることによって、社内で働くITエンジニアのモチベーション維持にもなります

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-IT 余談

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.