台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

【台湾の隠れ名物・甘マヨネーズ入り】早朝の台北で格安絶品のパン系朝食が楽しめる一軒

投稿日:

はじめに:飛ぶように売れて行くパン系朝食専門店

友人(台湾人)と遊ぶことになって、西門付近で落ち合った。

朝食いくぞ
友人
アジ吉
もう食べたよ

すでに朝食を済ませていたアジ吉。若干、おなかが一杯な気もしたが、友人はこれからだというので、付き合うことにした。おごってくれるらしいし、台北の朝食店を新規開拓できるなんて、一石二鳥である。

バイクでやってきた友人。

「空車」スペースは作るもの

「空車」スペースは作るもの

そこらへんに停めるスペースは残されていないので、どこに停めるかと観察していたら、すでに停まっているバイクを移動させ、器用に「空車」スペースをつくり出してしまった

大きなバイクも、慣れた手つきで、あっという間に動かせるところをみると、日常的にやっているのだろう。台湾生活では、日本で使わないようなスキルも必要になるんだと思う。

徳芳早餐店(徳芳漢堡店)

徳芳早餐店(徳芳漢堡店)

やって来たのは、こちら。「漢堡店」とあり、ハンバーガー専門店のようである。

後に分かったが、「ハンバーガー専門店」と名乗りつつ、店頭でよく売れているのは、食パンに具材を挟んでコンガリ焼いたサンドイッチ系の食べ物であった。

「徳芳早餐店(徳芳漢堡店)」訪問レポート

台湾における多くの朝食専門店がそうであるように、ここも店頭にキッチンが設置されており、何人ものオバサンたちが手際良く調理している。

できた瞬間に売れて行く、スピード感あふれる店頭キッチン

狭い調理スペースを、よくぞ、これだけの人数で動き回ってぶつからないものだと感心するほど、絶妙な連携プレーが成立している。

次から次へと客がやってきて、出来立てホヤホヤの状態で持ち帰っていくので、常時在庫ゼロの状態が続いている。ものすごい繁盛っぷり。

大賑わいの店頭

大賑わいの店頭

友人(台湾人)におまかせオーダーした結果

持ち帰りの列は混雑する一方、店内で食べる客は数少なく、テーブルも空いていた

月曜日だったこともあり、学校や職場へ持っていき、そこで食べる人が多いのだろう。持ち帰りの列をかきわけるようにして、そそくさ入店。

何食べたい?
友人
アジ吉
良きにはからって
……(つくづく他力本願なヤツめ)
友人

ほんのり甘辛い醤油タレをつけていただく、「大根餅」

お好み焼き(日本)、チヂミ(韓国)の、台湾バージョンに相当するポジションの料理である。上にかぶせられた卵を、お箸で小さく切って、モチモチした食感の大根餅と一緒に口へ運ぶと、これが最高。

大根餅

大根餅

こちらは、「蛋餅」

友人によると、中に入れる具材はカスタマイズ可能らしいが、そこまで自由自在に中国語が使いこなせるわけではないアジ吉には、まだまだハードルが高い。

蛋餅

蛋餅

「ハムエッグトースト」は、パンの香ばしさがたまらない。

こんがりトーストのハンバーガー

こんがりトーストのハンバーガー

中には、マヨネーズで味付けされた具材が、たっぷり鎮座。

具沢山

具沢山

台湾のマヨネーズは甘いので、慣れるまでは【不思議な味わい】と感じる人がいるかも知れないが、とっても美味しい。日本人にも、すんなり受け入れられる味付けだと思う。

まとめ:食後感、アクセス情報

二人でガッツリ食べて、十分な幸福感も得られる味クオリティ。

そして、お会計はたった百元ほど。美味しくて、お腹いっぱい、かつ、会計がこれだけリーズナブルということで、食後の【多幸感】がハンパなかった

台北早朝の街歩きでは、是非ともトライして欲しい「一軒」のひとつだ。

店名 徳芳早餐店(徳芳漢堡店)
住所 台北市中正區延平南路220号
営業時間 05:30〜11:30

なお、ここからすぐには「台北植物園」があるので、朝食前の運動がてら訪問してみるのも一案だろう。

蓮の花を撮ってみた 1
酷暑シーズンの台北を、ヒンヤリ快適に観光。地元民とっておき「オアシス」は、西門から徒歩十五分の穴場スポット

目次1 泣く子も黙る「夏の台湾」がやって来る2 台北植物園2.1 園内図と注意事項2.2 一部エリアには「開放時間」の設定も2.3 「最高クオリティ」の木陰、ここにあり2.4 「健康増進中なう」の地元っ子たち2.5 珍植物たちを愛でる2.6 ...

続きを見る

木陰がたくさんあり、絶好の涼みスポットとして地元民に愛されている。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.