台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

「張媽媽香腸&肉串」|基隆深夜限定のおすすめグルメ。三十年以上、昭和価格に据え置きで商売する、伝説の人気屋台

投稿日:

はじめに:12時間の船旅で、深夜の基隆へ到着

「台湾最後の秘境」馬祖列島めぐりの旅を終え、12時間フェリーに揺られてたどり着いたのは、「台湾のロンドン」ジーロン(jī lóng)の街。

いつ来ても、雨に見舞われなかった試しはなく、たとえ雨が降っていないときでも、どこかドンヨリとした雰囲気は、ロンドンを彷彿とさせる、そんな街である。

馬祖列島からフェリーで基隆へ

馬祖列島からフェリーで基隆へ

長時間の船旅による疲れと、基隆特有のうっそうとした雰囲気が重なり合って、何もする気が起こらなかった。

iPhoneの時計を見れば、23:30と表示されている。

何もする気が起きない以前に、(そもそも)これから何かをしようとする時刻でもなかったのだった ------ もしここが基隆でなければ。

「張媽媽香腸&肉串」訪問レポート

基隆は、夜が元気な街である。

ロンドンのように、薄暗い空気が街全体を覆っているのは昼間のみで、いったん日が沈めば、そういったネガティブな雰囲気も、暗闇によって「カモフラージュ」され、さして気にならなくなってしまう。

有名な「KEELUNG」のイルミネーション

有名な「KEELUNG」のイルミネーション

いわば【昼だけロンドンっぽくなる】環境のためか、基隆では、夜から張り切る店も多く、夜10時を過ぎても街全体が明々としている。

夜7時を過ぎた途端、次から次へと店を閉めてしまう台北には、基隆のガンバリ具合を少しは見習ってほしいと切に願う。

屋台の立地

基隆駅から徒歩二分ほどにある「一等地」の街角で、夜10時に開店する屋台がある。

屋台が出没する街角の「住所」

屋台が出没する街角の「住所」

その街角に取り付けられてあった住所プレート。

「行列」を形成すると交差点からはみ出してしまうからだろうか、屋台を360度取り囲むように【円陣状で】人だかりができている。

人だかりのできる屋台

人だかりのできる屋台

人だかりを目印にすると、屋台はすぐに見つかるだろう。

屋台を切り盛りする名コンビのお二人

屋台を切り盛りするのは、母親と息子くらいの年齢におもえる、オバさん、お兄さん。

オバさんは、目に見えないほどの超高速スピードで、お箸を使って肉をひっくりかえし、火力がまんべんなく伝わるようにしている。

猛スピードの「調理ショー」

猛スピードの「調理ショー」

焼き上がったソーセージは、ハサミでパチンパチンと切り込んでいくのだが、オバさんの作業があまりにも素早すぎるので、最前列で待っていた客の手や腕に、ソーセージから熱い肉汁が飛び散り、「アッ!」という悲鳴が聞こえてくる。

そんな様子を気にも留めず、ハサミの音は、パチンパチンと無情に鳴り続けるのであった。

オバさんとコンビで働くのが、注文取りと料金回収を担当するお兄さん。

注文取りと料金回収を担当する、お兄さん

注文取りと料金回収を担当する、お兄さん

ガツガツとした働きっぷりのオバさんとは対照的に、寡黙な雰囲気であり、注文をしても、はたして伝わったのかどうか不安になるほど反応が薄い。

いったいどうやって客と注文内容をマッチングさせているのか不思議になるが、A5判のメモ用紙に、読めないくらい小さな字で何かを書き記してある。

そのメモによって、たしかに、客とオーダーが間違いなくマッチングされているから、すごいと思う。なにせ、客は列をなすわけではなく、屋台を囲んで【円陣上に】に散らばっているのだから……

メニューは二種類、昭和時代からお値段据え置き

メニューはシャンチャン(xiāng cháng)とロウチュアン(ròu chuàn)の二種類しかなく、両方をオーダー。

「香腸」は30年以上、お値段すえおき

「香腸」は30年以上、お値段すえおき

「香腸」の価格は30年以上、据え置きだというが、昭和時代の料金設定が今でも続いているって、何気にスゴいことだと思う。

注文を伝えてから待つこと三十分弱、ようやくオーダーの品が手元にやって来た。

念願の「マイ肉」ゲット!

念願の「マイ肉」ゲット!

お味は、アツアツでジューシーなお肉が最高。

大きなニンニク片も入っており、これ以上のものを、酒のツマミに求めることができようか?という感じ。

「香腸」

「香腸」

「肉串」

「肉串」

たった55元(約200円)という驚異的コスパで、このクオリティをいつでも楽しめる地元民は、ズルい

コンビニで台湾ビールを買い足し、美味しく頂いた。

店名 張媽媽香腸&肉串
住所 基隆市基隆市仁愛區孝三路62号
営業時間 22:00-25:00(日曜定休、完売次第終了)
電話 0912-512-992

まとめ:鴨肉麺線と鴨肉飯でシメて、心も胃袋も満たされる

すっかり日付が変わろうとしていたが、この時間帯になっても、まだ明々と営業している店舗がある。

夜市でもないのに、普通の飲食店が、かなり夜遅くまで開いている基隆、本当に素晴らしい。

鴨肉専門店があったので、そこで「鴨肉麺線」「鴨肉飯」を注文。

「鴨肉麺線」

「鴨肉麺線」

「鴨肉飯」

「鴨肉飯」

深夜到着のため「今日はチェックインと寝るだけかな……」と思っていた基隆。

思いのほか、イケてる夜食スポットと巡り会うこともでき、心も胃袋も一杯に満たされ、【ダイエットは明日から……】と誓い、眠りについたのであった。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

てへぺろ? 1

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

2

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 3

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 4

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

5

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 6

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 7

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

8

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.