台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

【台湾版アンパンマンの店】で「一番美味しいやつ」と頼んだら、鉄板ニーさんが極上「ベーコン◎◎」を作ってくれた

投稿日:2018年7月7日 更新日:

はじめに:「朝の早い国」台湾なので早起きしたが、それでも満席だった一軒

南国・台湾の朝は早い。

日が昇ると外を歩けないくらい暑くなるので、ちょっとした距離でもスクーターで移動する台湾人が多い

「30秒以上歩くなら、車に乗る」とも揶揄される沖縄県民の文化と、どこか似ている。地理的に近ければ、お互い外国であるといえど、似通ってしまうのかも知れない。

早朝の西門

早朝の西門

観光客といえど【郷に入れば豪に従い】、朝は早い方がよいに決まっている。

ホテル早朝チェックアウトで街歩きスタート。「いちばん乗り」と思ったが……

西門のホテルをチェックアウトし、朝食を探し求めて歩き始めたのは、午前六時。

空は晴れ渡っているが、まだ気温は高くなく、アスファルトもひんやりとした状態である。

広がる青空

広がる青空

どこの朝食店へ行ってもガラガラだろうと思っていたが、さすが「朝の早い国」だけある。

地元のパン系フードのチェーン店「呷尚宝JSP(呷尚寶JSP)」へ行くと、大勢の若者が食事を楽しんでいるところであった。「いちばん乗り」どころか、店内には、もう空きテーブルが見つからない

すでに大勢の客でにぎわう店内

すでに大勢の客でにぎわう店内

実は、この店について記事が書いてある日本人のブログは、かなり数多い

ごはんそのものが美味しいからこそ取り上げられるのだろうが、それ以前に、まずマスコットが強烈なのだ。

「台湾版アンパンマン」のマスコット、J宝(J寶)がいるお店

日本人なら誰でも知っている、国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」の主人公にそっくりな「J宝(J寶)」こそ、ここのマスコットである。

日本人あろうもの、これを目にして、イジらないでいられようか

台湾版アンパンマンは、戦闘スペック高そう

台湾版アンパンマンは、戦闘スペック高そう

なお、着ぐるみを来た「三次元」バージョンの画像が公式Facebookに掲載されている。

イラスト(二次元)で見るよりも肉付きがよく、戦闘能力も高そうであるが、店名のJSPは、「Just for you」と「Sunshine」と「Powerful」の頭文字を取ったものだそうな。

平和系のキャラという場面設定においても、アンパンマンと共通仕様である。

三次元版の「J宝」

三次元版の「J宝」

「呷尚宝JSP(呷尚寶JSP)」訪問レポート

敵をどんどんミサイルで撃ち落とす「シューティングゲーム」のようである。

スタッフ五名が、客から寄せられるオーダーを、次から次へと「撃ち落とす」ように、せまいキッチンの中、めまぐるしく動き回っている。

スタッフ五名、一糸乱れぬ連携動作プレイでフル稼働

スタッフ五名、一糸乱れぬ連携動作プレイでフル稼働

你想要什么? (何にしますか?)
店員
アジ吉
要最好的菜! (一番おいしいやつ、くれ!)
「がってん承知の助」って表情のニーさん

「がってん承知の助」って表情のニーさん

「一番美味しいのを」と指定したアジ吉に、店員さん一同、にんまり

ひょうきんそうな表情をしたニーさんが、中国語で何か言ったけれど、それが「がってん承知の助」という内容であろうことは、一瞬で理解できた

店スタッフさんに「良きにはからって」もらった

メニュー決定の「主導権」を握ったのは鉄板を担当するニーさんらしく、なにやら、テコをカチャカチャいわせ始めた。

どうやら、店頭に並んでいる、できあいのサンドイッチを売るつもりはないらしいことだけは分かったが、何ができるかはお楽しみ

「良きにはからって」もらった品を受けとる

「良きにはからって」もらった品を受けとる

できあがった「ブツ」を手にもらい、辛苦了(おつかれさま!)と言い、店を後にした。

単に「謝謝」で終わるのと、「謝謝,辛苦了」って付け加えるのとでは、気持ちの伝わりかたが全然ちがう

また、台湾人の、ちょっと不意をつかれたように【ハッとする反応】がかわいらしい

「開封の儀」、そして味わい

すぐ近所にあったセブンイレブンのイートインは、空調が効いていて快適。お茶のペットボトルを買ったのを「大義名分」にして、イートインに座って「開封の儀」

フタを開けると「蛋餅」だった。

中の具材を自由にオーダーできる品だが、さっきのニーさんは「ベーコン入り蛋餅」が好物だったらしい。

「台湾版お好み焼き」とも言えるフード

「台湾版お好み焼き」とも言えるフード

一口運ぶと、「台湾版お好み焼き」という言葉がパッと脳裏に浮かんだ。

そうとしか言いようがないほど、日本のお好み焼きと、味が似ている。

ベーコンが「豚肉」っぽいし、しゃきしゃきしたモヤシは「キャベツ」っぽい。醤油や、マスタードで味付けされており、生地のモチモチ感といい、本当にこれはもう「台湾版お好み焼き」だといったん思い始めると、それ以外の表現が思い浮かばなくなってしまった

まとめ:食後感、アクセス情報

アジ吉個人のチョイスとしては、日本のお好み焼きより、こっちのほうが好きだ。

何と言っても、台湾の隠れ名物、「甘マヨネーズ」が美味しいし、ベーコンのプリプリ感も大満喫させてもらいながら、最後の一口まで飽きのこない味わいだった。

店名 呷尚宝JSP(呷尚寶JSP)漢中店
住所 台北市万華区西門町漢中街150号
営業時間 06:00〜13:00

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ 1

目次1 はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事情2 まるで「紅白玉入れ」の様相。台湾の無慈悲なゴミ回収システム3 まとめ:もはや【迷宮入り】と思われる難案件3.1 追記(2018年7月16日) はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事 ...

武器を持つカミサマ 2

目次1 はじめに:台湾旅行必須のアクティビティ、「廟めぐり」を120%楽しんでみる2 台湾のカミサマをとりまく生活環境2.1 台湾のカミサマ住宅事情2.2 設置ポジションで分かる、カミサマ・カースト3 まとめ:同居は大丈夫だけど、上下関係は ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.