台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

万華(艋舺、台北)の観光|台北旅行「最終日(半日)」を過ごすモデルコース例

投稿日:2018年5月14日 更新日:

はじめに

以下のような方へは、参考になるかも知れない。

  • 朝起きてから、午前十一時くらいまでなら、街歩きができそうな「スキマ時間」がある
  • 台湾旅行の最終日。午後いちばんのフライトがあるので、台北駅からあまり離れることはできないが、街歩きを楽しみたい
  • 西門や万華(艋舺)の魅力をコンパクトに楽しむ散歩ルートを組みたい

西門、万華(艋舺)エリアの魅力ある風景も、多数写真に収めているので、是非ともチェックいただければ嬉しい。

標點符號創意早午餐|台湾人に人気の朝食スポットで、台湾料理じゃない朝ごはん

台湾旅行最終日の朝。

早起きをして、朝ごはんを食べよう。

小鳥も「朝ごはん」を食べているところだった

小鳥も「朝ごはん」を食べているところだった

西門駅から淡水河に向かって徒歩十分、「標點符號創意早午餐」という朝食屋(パン系)へ。

いま、台湾の若者に人気の朝食スポットらしい。

ミルクティー(大)

ミルクティー(大)

ミルクティーは、ちょっと苦みを帯びているところがいい。

ホットケーキのシロップの甘さとバランスが取れており、ずいぶんボリュームがあるのに、食後感スッキリだ。

「音符コンボセット」

「音符コンボセット」

目玉焼きは、かなりの半熟だが、簡単に黄味が破れることのない、絶妙な焼き具合。

黄味を一滴もこぼさず、口の中に運べる安心の一枚、アジ吉のストライクゾーンにド命中。

目玉焼きは二つ乗っている

目玉焼きは二つ乗っている

「標點符號創意早午餐」については、別途、特集記事を書いた。

もし興味をもたれたら、チェックいただけると幸いである。

目玉焼きが二つ乗っており、ボリューム満点
標點符號創意早午餐(台北・西門)|地元の若者に人気の朝食スポット

いま台湾人に話題の人気朝食スポット 「標點符號創意早午餐」。 難しい漢字が入り乱れていて、なんて読んでいいのか分からない店名だ。 店頭メニューの値段を見ると、セットが百五十元くらい。ちょっと強気の価格設定という気もするが、そんなに高くない。 ...

続きを見る

直興市場|早起きの台湾人が集まる「朝の社交場」。地元のディープな空気に触れる

時計は、午前七時半を指している。

まだ交通量が多くなく、日差しもきつくないので、街歩きを開始するには、本当に気持ちのいい時間帯だ。

まだ交通量も少ない

まだ交通量も少ない

ヒンヤリとした金属が気持ちよいのだろうか。

野良にゃんこが、ほっぺたをなすりつけて、ウットリした表情をしている。

気持ち良さそうな表情。にゃんこ発見

気持ち良さそうな表情。にゃんこ発見

台湾での「朝の街歩き」といえば、市場だろう。

朝の台湾は、市場に行かなければ、なにも始まらない

台湾の人々は早起き。買い物や、食事をしに集まってくる市場こそ、「朝の社交場」となっている。

「直興市場」へ

「直興市場」へ

やって来たのは、「直興市場」

アーケードは、せまい路地にひっそりとたたずんでおり、注意しないと、素通りしてしまいそうな地味さである。

早朝から買い物に出かけている人々も多い

早朝から買い物に出かけている人々も多い

美味しそうなトマト

美味しそうなトマト

商品棚にならぶパイナップル

商品棚にならぶパイナップル

新鮮そうな食材がたくさん並び、太陽の光を受け、鮮やかな色を放っている。

パイナップルが陳列されているのを見て、ここが常夏の国であるという実感を新たにする。

見たことのない「茄子」のようなもの

見たことのない「茄子」のようなもの

中には、日本では見たこともないような食材もある。

ゴボウのように細長いカタチをしているが、色は紫、これは「茄子」の親戚だろうか。

「直興市場」内へ

「直興市場」内へ

二人がすれ違うのがやっとという幅狭のアーケードには、野菜、肉、海鮮、スパイスなどのにおいが充満し、「香りの百貨店」状態

朝一番、店の前に水を流して清掃する店も多く、市場内の空気は、すこし湿りっ気があり、ヒンヤリしている。

店の前に水を流して、清掃する店も多い

店の前に水を流して、清掃する店も多い

しばしば、自転車のベル音や、バイクのエンジン音が鳴り響く。

日本の商店街アーケードでは、自転車やバイクの通行は(建前上は)禁じられているが、ここ台湾では「市民権」を得ている。

自転車やバイクも通過

自転車やバイクも通過

通行人も、乗り物も、お互いにゆっくり移動すれば大丈夫だ、というおおらかな考えが台湾人にはある。

ベル音やエンジン音が聞こえると、買い物中のお客も、自然に道を作って、乗り物が通れるだけの幅があっという間にでき、通過後は、何もなかったかのように、すぐ元どおりに塞がってしまう。

台湾版「モーゼの十戒」を目撃した気分も味わえる。

実際、台湾の市場で、乱暴な運転をする自転車やバイクに出会ったことはないが、人々の間で、自然に「譲り合い」の精神が働いているのではないか。

清水巖祖師廟|ビルの谷間にひっそり建つ、台湾人も知らない名刹

直興市場を出てすぐにある古風な廟が、「清水巖祖師廟」だ。

台湾人の友達でも、この廟を知らない人の方が多いので、本当に「台湾人も知らない台湾」という名刹だ。

近所の人たちが日頃から掃除を徹底しているのか、いつ来ても、古風ながら清潔に保たれている

「清水巖祖師廟」

「清水巖祖師廟」

掃除が行き届いている

掃除が行き届いている

あなた日本人? 一人で歩いてきて、えらいわね。この近くに龍山寺があるわよ。記念堂も。行ってみて。わたしの日本語? だめよ、もう、としよりだから。気をつけてね
通りすがりの人

境内で掃除をしていた淑女に声をかけてもらった。

初老というにはまだ若くて、日本語で教育を受けた世代ではないだろうに、日本語が流暢で、驚いてしまった。

大量の爆竹かす

大量の爆竹かす

大量の爆竹かすが、ホウキで掃かれているところだった。

ちょうど前日に、台湾で航海・漁業の守護神として信仰されている「媽祖」のお祭りがあり、さぞや賑やかだったろうことは、爆竹かすの量から想像がつく

剥皮寮歴史街区|昔ながらの街並が保存された一帯

龍山寺へ参拝に向かうまえに、「剥皮寮歴史街区」へ寄り道。

昔ながらの街並が、そのまま保存された一帯で、台北でもひときわ「レトロ感」を味わえるエリアだ。

剥皮寮歴史街区(1)

剥皮寮歴史街区(1)

剥皮寮歴史街区(2)

剥皮寮歴史街区(2)

人通りが少ない早朝であれば、レトロな雰囲気の街並みを、ゆったり楽しむことができる。

清掃は行き届いており、台湾の人々が、古き良き文化を大切にしていることも垣間見れる。

レンガをアーチ状に組み合わせてできた廊下

レンガをアーチ状に組み合わせてできた廊下

早朝時間をねらえば、見学者も少なく、落ち着いて観てまわれる

早朝時間をねらえば、見学者も少なく、落ち着いて観てまわれる

いわゆる「インスタ映え」スポットとして、知名度が高まっているようだ。

カメラっ子の姿もちらほら

「インスタ映え」を求めるカメラっ子も……

「インスタ映え」を求めるカメラっ子も……

「結婚写真」を撮影するカップルも、たまに見かける。

余談になるが、ここ一帯は、実力派B級グルメの飲食店が多数あることも特記に値する。

おいしい飲食店が多い

おいしい飲食店が多い

美味しくて、かつ、経済的なメニューがそろった庶民派レストランの数々を楽しめる。

別の記事で、いつか、ゆっくり紙面を割いて紹介してみたいと思う。

万華の軒下歩道「騎楼」めぐり|台湾ならではの「屋根付き歩道」を愛でる街歩き

台湾の街々では、まるで、民家の一階部分が連なりあうようにしてできた、「軒下歩道」が形成されている。

「騎楼」と呼ばれるこの建築スタイルは、日本統治時代に設置が義務づけられたことから、急速に普及したという。

昔ながらの街並と相まって、ここ万華(艋舺)では、雰囲気ある「騎楼」が多数集まっており、それを観てまわるのが楽しい。

万華における軒下歩道「騎楼」の例(1)

万華における軒下歩道「騎楼」の例(1)

万華における軒下歩道「騎楼」の例(2)

万華における軒下歩道「騎楼」の例(2)

万華における軒下歩道「騎楼」の例(3)

万華における軒下歩道「騎楼」の例(3)

お気に入りの「騎楼」コレクション集を作るのも、楽しいと思う。

過去に多数撮影した、味ある「騎楼」たちについて、いつか、別記事で紹介したいと思う。

龍山寺|音楽のような読経。外国人観光客も両手を広げて受け入れる懐の深い寺

言わずもがなの有名観光スポット、「龍山寺」へ。

「ヨソもの」の外国人観光客でも、地元の参拝客と同じように、両手を広げて受け入れてくれる懐の深さを感じる寺だ。

「龍山寺」

「龍山寺」

線香の点火所

線香の点火所

日曜の早朝でも、参拝客が次から次へとやって来る

日曜の早朝でも、参拝客が次から次へとやって来る

台湾の人々は信仰心が厚い

台湾の人々は信仰心が厚い

この日の参拝客は、高齢女性が中心。

ちょっとかわった「お経」で、まるで音楽のように、楽譜にできそうな「メロディ」になっており、人々は、歌うように唱えている

ただ、人々の本をのぞいてみても「楽譜」にはなっておらず、漢字の羅列のみ。きっと、このメロディは、耳コピで覚えているのだろう。

お経が書かれた本を、一人ひとり、手にしている

お経が書かれた本を、一人ひとり、手にしている

こちらの中年男性は、通勤途中なのだろうか。

お経の書かれた紙を、おもむろに手帳から取り出し、龍山寺の中まで入る様子はないが、門の近くで、読経している。

小さく折り畳んだ紙を取り出す男性

小さく折り畳んだ紙を取り出す男性

台湾の人々は、自分が無理しないで済む「スタイル」と「頻度」を考えて、参拝しているのかも知れない。

一日五回の礼拝が義務づけられたイスラム教と比べると、台湾の仏教は、かなりフレキシブルだ。

天天利|西門にある定番のランチ店。台湾人と外国人観光客で賑わう店内

時計をみれば午前十一時過ぎと、少し早い気もしたが、昼食を食べることとする。

やって来たのは「天天利」

「天天利」

「天天利」

観光客のみならず、地元っ子にも人気なので、あっという間に席が埋まってしまう

食べ終わった客が店を出ても、その空席を埋めるように、店員さんは、店内の客に座席を詰めるよう、おねがいして回っている。

大繁盛の店内

大繁盛の店内

外で買っておいたビールを持ち込む

外で買っておいたビールを持ち込む

オーダーが届くまで、あらかじめファミリーマートで調達しておいた缶ビールを開けて、一杯おっぱじめる

魯肉飯に目玉焼きを乗っけてもらったものを注文。

目玉焼きを乗っけた「魯肉飯」

目玉焼きを乗っけた「魯肉飯」

ダシが白米に染み込んでいる加減が絶妙。ボトボトっとならず、白米の歯切れ良いモチモチ感を残したまま、しっとりと味が染み込んである。

ホテルのバイキング形式だと、台湾はどこのホテルでもルーロンファンが置いてあるが、ここまでうまくはできない。

おわりに

軽い散歩をはさみ、朝食・昼食で、そろそろ桃園空港へ向けて出発する時間になってしまった。

午後一のフライトで台北を出発する場合には、こんな過ごし方もできるというモデルコースの紹介。少しでも参考になれば、幸いである。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾
-, , ,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.