台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

【ハノイ旧市街地の観光モデル】ハノイ「名もなき」すっぴん風景をめぐる街歩き《三部作》 第3話:夕方〜夜のハノイ

投稿日:2018年12月1日 更新日:

あらすじ:本記事について

本記事は、《三部作》として制作したハノイ街歩き紀行文のうち、最終の第3話にあたる。

第1話、第2話がまだの方は、以下リンクからどうぞ!

早起きの観光客が活動し始める
【ハノイ旧市街地の観光モデル】ハノイ「名もなき」すっぴん風景をめぐる街歩き《三部作》 第1話:朝のハノイ

目次1 はじめに:とびっきり近く、安くなったハノイ2 朝のハノイ2.1 《午前7時》朝から「競い合う」ような働きっぷりの、ハノイっ子2.2 《午前8時》本場で食べる「本物」のフォー2.3 《午前9時》ことごとくジャンル細分化の進んだハノイの ...

続きを見る

眠そうなワンコ
【ハノイ旧市街地の観光モデル】ハノイ「名もなき」すっぴん風景をめぐる街歩き《三部作》 第2話:昼のハノイ

目次1 あらすじ:本記事について2 昼のハノイ2.1 《午後1時》ハノイっ子が昼寝をガマンしてでも食べたい一品2.2 《午後2時》地元ハノイっ子のボランティガイドに案内してもらう展示会2.3 《午後3時》ベトナム男子の特権? 「お茶タイム」 ...

続きを見る

夕方〜夜のハノイ

月火水木金土日、毎日が「花金」感たっぷりのハノイ。

明確な「開店時間」があるわけでもないが、日が沈むころには、路上へ小さな椅子やテーブルが設置され、仕事を終えたハノイっ子が飲み語らう「路上酒場」として大賑わい

街も、人も、一日で最も開放感たっぷりのひとときだ。

《午後7時》大繁盛! 恐怖の「どす黒」即席ラーメン

ハノイの歩道って、かなり【引っ張りだこ】。

昼間は、(通行人のことなどおかまいなしに)バイクが堂々と停められる「駐輪場」がわり

半ば「駐輪場」と化した歩道

半ば「駐輪場」と化した歩道

日が沈んで、バイクが次々、オーナーに引き取られて行ったかと思うと、今度は、空いたスペースに露店(屋台)が押し寄せ、「屋外フードコート」の様相

「屋外フードコート」さながらの雰囲気

「屋外フードコート」さながらの雰囲気

この風景、日本でも昭和初期には「日常シーン」だったのかも知れないが、往時を知る人々の数は、確実に減少している。

そんな「屋外フードコート」の中でも、とりわけ大繁盛する一軒があった。

昔からやっている老舗かどうかは分からないが、交差点の四角を陣取って、道路ごしに4つもの「支店」を形成するあたり、ただ者ではなさそう

そこで提供される料理が、これまた強烈なインパクトで、ドス黒いスープがなみなみと注がれている。

なみなみと注がれるドス黒いスープ

なみなみと注がれるドス黒いスープ

スープが注がれた器には、どこかで見覚えのある麺と、ゆで卵がドカンと盛りつけられている。

「この麺」とハノイの路上で出会うなんて予想外すぎて、しばらくピンとくるまでに時間を要したが、即席ラーメンの袋に入っている、【四角く固められたアレ】だ。

「見た目」よりも「美味しさ」を重視

「見た目」よりも「美味しさ」を重視

とてもじゃないけれど、ベトナム雑貨が体現するような、細部にまで「見た目」にこだわるベトナム人が調理したものとは思えない。

ベトナム料理って聞くと、どうしても↓↓↓のように、「オシャンティ」なビジュアルを想像するもの。

「見た目」にこだわるベトナム料理(「かくあるべし」的イメージ)

「見た目」にこだわるベトナム料理(「かくあるべし」的イメージ)

それでもなお、客足が途絶えることはなく、ひっきりなしに客が回転している様子を見ると、繁盛する「理由」が気になって仕方なかった。

このグルメを食べないことは、ハノイ旅行の「損失」になる気がした。

腹をくくって「一人前」の注文をして案内されたのは、(日本だったら)粗大ごみ置き場でも見かけないレベルにまで汚れた「椅子テーブル」

汚れた「椅子テーブル」

汚れた「椅子テーブル」

小綺麗な「椅子テーブル」

小綺麗な「椅子テーブル」

この上で食事させられることになるのか、と暗雲たる気分になりつつ、カメラで撮影していたら、店のネーサンが駆けつけて、すぐさま、小綺麗な「椅子テーブル」へと差し替えてくれた。

即席麺にスープをぶっかけるだけの料理にしては、やけに調理時間が長かったのは、単純に、客数が多いせいだろう。

届けられた料理

届けられた料理

注文したのは、もつ、ゆで卵、レバーを全部のっける「全部のせ」

お箸でほぐしてみるまで分からなかったが、「即席麺を2玉くらい投入しているでは?」と思うほどの、麺ボリューム。

ボリュームたっぷりの麺

ボリュームたっぷりの麺

驚きなのは、たかが即席ラーメンに、70,000ドン(約340円)もすること。

ベトナムの物価水準に照らし合わせると、あり得ないほど高い(日本で、即席ラーメンに1,500円出すくらいの感覚)。

アジ吉
ひょっとして、ボッタくられた?

一口目を味わうまでは半信半疑だったが、食べてみて「開眼」

レバーは苦手だが、ニゴニゴ感がせず、臭みもなく、プリプリしてて、普通の肉みたいで、美味しくいただいた。

出汁は、見た目のドス黒さとは裏腹に、きわめてアッサリ風味で、体に優しい味わい

グルメにうるさいハノイっ子が、行列をなしてまで欲する「たかが即席ラーメン」の隠れた魅力が、痛いほどナットクできた。

朝晩は冷え込む(とは言っても、日本の晩秋くらいで、過ごしやすいのだが)季節、この優しく温かい味わいは、ハノイっ子を魅了してやまないだろう。

《午後8時》「ココナッツ麺」の振りかけられた極上アイスクリーム

時間はまだ夜の九時、ハノイの街は、どんどん盛り上がり続けており、ここで早々ホテルへ戻れるわけがない

「夜食」がわりにいただくデザートは、ココナツをくり抜いたアイスクリーム。

「ココナッツアイスクリーム」

「ココナッツアイスクリーム」

【千切り状】に細かく刻まれたココナツの実を、クリームの上にパラパラ振りかけるという発想が、もう最高(考えた人、天才!?)。

まるで「麺」をすするみたいな食感なのたけど、あくまでも、味はココナツ。

クリームの滑らかな舌触りに、「ココナツ麺」のシャキシャキ&プルプル感が添えられた、ナットクの一品。

アイスクリームの「器」がわりになってるココナツの内側にも、まだ果肉が残っているため、アイスを愛でつつ、スプーンでくり抜いて食すのも良い。

《午後9時》夜のハノイ駅で「旅情」を味わってみる

本当に、これが一国の「首都」にある鉄道駅舎なのだろうか。

日本でいう「東京駅」にあたる存在だと考えると、あまりにもこじんまりとして、質素なつくりの駅舎。

ハノイ駅

ハノイ駅

夜のハノイ駅は、「旅情」をたっぷり感じられる雰囲気があり、切符を持っていなくても、プラットフォームを歩き、そのムードを楽しむことができる

電車に乗る予定がなくても、ふらっと立ち寄って、冷やかしてはいかがだろう。

夜のハノイ駅構内

夜のハノイ駅構内

アジ吉も、(記憶が確かなら……)サパへ向かうため、十五年ほど前にハノイ駅から電車に乗ったことがあるけれど、なんと、そのときに「オンボロ」だと感じた車両が、いまなお「現役」で使われているのを見て、驚きを通り越して、感動すら覚えた。

地球の裏側にある田舎町で、高校時代の同級生と再会したみたいなテンションに。

昔のまま、ずっと変わらない車両

昔のまま、ずっと変わらない車両

人間で言うと、100歳を超えたお年寄りが、まだ現役でバリバリ働いて、ガツガツ税金を納めている ------ この車両が元気に運行しているのは、それくらい強烈なインパクトがある。

ゴォォォォオオオオ〜と、地響きのような、ものすごい音がするので振り向いたら、プラットフォームの坂道を、かるく百キロはありそうな商品満載カートを押しながら、駆け下りる車内販売員の女性。

「命がけ」の品運び

「命がけ」の品運び

ひとつ間違えたら「命がけ」の業務であるが、きゃしゃな体系からは想像もつかないほど、豪快で、驚くような行動に出ることがあるのも、ベトナム女性のパワフルさ。

以前、バスの中で、おばあちゃんと、ヤンキー兄さんが口論をはじめた光景を目にしたが、ヤンキー兄さんが怒り狂ったおばあさんに、ハンドバックでボコボコに殴られて、逃げ出すかのようにバスから飛び降りて行ったシーンは、一生忘れられない。

これと似た風景を、ベトナム各地で複数回、目撃するうちに、【ベトナム女性を怒らせたら本当に恐ろしい】と思うようになってしまった。

《午後10時》群衆にまみれて、ビアホイで飲む

ベトナムが社会主義国であることを忘れそうになるのが、夜のハノイである。

大音量アンプで、街中にこだますロックシンガーの歌声。

マイク一本で、大衆を魅了するシンガー

マイク一本で、大衆を魅了するシンガー

ときおり「公安」の車もパトロールへやって来るが、【容認】の姿勢を取っており、基本的に、盛り上がる群衆の邪魔をしないスタンスらしい。

日本語には「花金」という表現があるけれど、ここハノイでは、月火水木金土日、いつでも地面のアスファルトを覆い隠してしまうほど、大勢の群衆が群がって、路上でビールを飲み交わしている

夜からが本番

夜からが本番

とびっきり低い椅子に腰掛けて、ここは、一日の旅の成功を祝して、グイッと飲んでしまおう。

ハノイの夜には、ビールが似合う

まとめ:街歩き愛好家にとって、ハノイは「メッカ」

たらふく呑んで食って、お腹が爆発しそうになりながら、バイクタクシーを拾って、ホテルへ帰る。

何度も道へ迷いあける危なっかしい運転手たったが、運賃は25,000ドン(約百円)と破格なので、申し訳なくて、文句を言う気にもなれなかった。

一日を通じ、これと言って有名な観光スポットを巡ったわけでもないが、まるで、「テーマパーク」で一日遊んだ後のような、謎の充実感

世界中を旅してきたが、ハノイほど、街歩きが楽しい場所を知らない

果たして、【ハノイの魅力】を十分にお伝えできたかは分からないが、本記事が、一人でもハノイファン誕生のキッカケとなれば、本当に嬉しい。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.