台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

ホーチミンの穴場観光スポット|「ビンクォイ・ツーリスト・ビレッジ」を訪問したら、無料、美景、かつ、貸切同然の、隠れ家的な公園だった

投稿日:2018年1月3日 更新日:

ホーチミンの現地っ子も知らなかった、無名公園、ビンクォイ・ツーリスト・ビレッジ(Bình Quới Tourist Village)

ベトナム人の友人と SMS

ベトナム人の友人と SMS

アジ吉
明日、ビンクォイ・ツーリスト・ビレッジ(Bình Quới Tourist Village)って公園に行くんやけど、知ってる?

知らねぇズラ
友人

アジ吉
とりあえずいっしょに来て

じゃあ、ファングーラオで会うズラ
友人

今回、訪問ターゲットとしたのは、ベトナム人の友人(ホーチミン在住)ですら知らなかった、ホーチミン市内の無名公園。

アジ吉が、そういった無名スポットばかりを目指すようになった最大の理由は、観光ガイドブックのコンテンツはシラミ潰しに踏破したせいで、普通の方法では、旅が楽しめなくなったことである。

おもしろいかどうかも分からない「観光地」のために、一日を費やす

フツーの旅人なら「もったいない」と感じるような時間の使い方。

もしも期待ハズれなスポットだったら、多少はガッカリするが、ミステリーツアーのように、出発前に味わえる「わくわく感」は、やっぱり、他のなにものにも変えがたい

フォーをすすっていると、友人がバイクで登場

路上レストランで、ブランチに「フォー」

路上レストランで、ブランチに「フォー」

友人との待ち合わせ時間は、昼の一時。

正午ぎりぎりまで布団の中でゴロゴロすごした後、ホステルの近くにある路上レストランで、朝食と昼食をかねた「フォー」をすする。

ちょうど食べ終えたころ、バイクに乗って友人がやってきた。

迎えにきたズラ
友人

アジ吉
おはよう。今日はバスで行くから、バイク止めてきてよ

遠いからバイクで行ったほうがいいズラ
友人

バスだと、渋滞に巻き込まれて、めちゃくちゃ時間かかるズラ
友人

きっと車内も大混雑していて、乗り心地よくないズラ
友人

アジ吉
(ま、バイクのほうがラクかも知れんな…)

ホンネを言うと、ゆっくり旅情を味わえるので、ベンタイン市場から出ている四十四番バスで行きたかった。

それに、この友人、ちょっとドンくさいところがあって、バイクの運転がヘタっぴ。

ただ、ガンコなほど世話好きな性格をした友人が好意で言ってくれているのだし、友人の言うことにも一理あるように思えたので、アドバイスを聞き入れることに。

バイクにまたがって、いざ出発。地元のホーチミンっ子でも知らなかった、「超隠れ家」公園の雰囲気とは?

「リゾート感」ムンムンの公園を通り過ぎる

ファングーラオから三十分ほど、友人のスリリングな運転に冷や汗をかくと、公園が。

ここが Bình Quới Tourist Village かと思いきや、すぐ近所にある、別の公園みたいだ。

何やら門のようなものが…

何やら門のようなものが…

常夏ホーチミンで「雪」を演出する、綿

常夏ホーチミンで「雪」を演出する、綿

雪だるまも…

雪だるまも…

常夏ホーチミンなりに、リゾート感を演出するためか、「雪」を模した綿が門に飾られている。

まるでカドマツのように雪だるま(発泡スチロール製)も設置されているあたり、どうやらここは「雪国感」を前面に出そうとしているのだと感じる。

ベトナムでは雪が降ることはない。

そして、ベトナム国民の経済力を考えると、雪が見れるような外国へ出かけることは容易ではなく、本物の雪を見ないまま一生が終わる人が、大半であろう。

リアルの世界で見れないものだからこそ、こうして(偽物だと分かっていても)飾っておくだけでも、非日常感を演出でき、ベトナムのひとびとを盛り上げるのだろう。

「本命」ではない、ただの通りすがった公園でも、「常夏の雪国仕様」ということで、ずいぶんなインパクトがあった。果たして、「本命」はそれを上回るエクスペリエンスとなるのだろうか?

いよいよ本日の目的地、Bình Quới Tourist Village へ到着

ベトナム人の友人ですら知らなかった無名公園へ到着。

すっかりさびれて放置され、雑草ボーボーの公園をイメージしていたのだが、その逆で、公園敷地内は完璧なほどに、きっちりとメンテナンスされている。

清掃も行き届いており、ゴミひとつ落ちていない

Bình Quới Tourist Village 公園、アオザイ姿のネーサンも

Bình Quới Tourist Village 公園、アオザイ姿のネーサンも

Bình Quới Tourist Village 公園、大きな池を橋で渡れる

Bình Quới Tourist Village 公園、大きな池を橋で渡れる

Bình Quới Tourist Village 公園、巨大な水車

Bình Quới Tourist Village 公園、巨大な水車

Bình Quới Tourist Village 公園、モアイ像っぽい巨顔オブジェ

Bình Quới Tourist Village 公園、モアイ像っぽい巨顔オブジェ

Bình Quới Tourist Village 公園、ゴルフ場のように広々

Bình Quới Tourist Village 公園、ゴルフ場のように広々

不思議だったのは、これだけ素晴らしい公園であるにも関わらず、外国人はもちろんのこと、ベトナム人でも、ほとんど訪問客がいないこと。

まるでゴーストタウンのように無人の園内。

入場料も無料なのに、これは勿体な過ぎる。子連れの家族ならば、一日楽しめるような広々とした敷地。ソロ旅行者でも、文庫本を持参して、日陰のベンチでリラックスしながら読書して過ごすのにも良い環境だと感じた。

Bình Quới Tourist Village 公園、アオザイ姿のネーサンがチャリで走っていく

Bình Quới Tourist Village 公園、アオザイ姿のネーサンがチャリで走っていく

Bình Quới Tourist Village 公園、園芸の展示も手入れがゆきとどいている

Bình Quới Tourist Village 公園、園芸の展示も手入れがゆきとどいている

ただし、普通の観光客には、自信を持っておすすめするほどのインパクトはなかった

あくまでもベトナム上級者向けってことで 笑笑

念願のバス乗車も……

アジ吉
やっぱ、帰りはバスにトライしたいから、さきにバイクでファングーラオに戻っててくれない? 現地で集合、晩メシ食おう

バスなんて、やめといたほうがいいズラよ
友人

きっと、乗らなきゃ良かったと後悔するズラよ
友人

アジ吉
乗ってみるったら、乗ってみるの!

なかば友人を押し切るようにして、帰りは、「念願の」四十四番バスに乗って、ベンタイン市場まで戻ることに。

公園ちかくにはバス停がなく、どこから乗れば良いか、分からない。

ここにバス停はないよ。手をあげたら止まってくれるから、テキトーなところで待ってなさい
通りすがりの人

通りがかりの人に教えてもらい、タイミングよくやってきたバスを「タクシー」のようにキャッチ。

車内はガラ空き、余裕で座席ゲット、快適そのもの。

ただ、乗車時間が長くなるにつれて、このバスが非常に蒸し暑いことに気づいた。

古いタイプの車体。エアコンが壊れているらしく、灼熱状態の車内

さらには、学校の下校時刻と重なったようで、大量の学生が乗車し、車内温度は上昇、もはや身動きをとることすら難しい状況に。

ホーチミンでは、新型のバスが順次導入される一方、老朽化のすすむバスが、いつまでたっても運行しているので、もはや、どんな車体が当たるかは、「宝くじ」の様相を呈している。

新型のバスに当たれば、また違ったストーリーになっていただろうが、四十四番という路線は非常にマイナーな感じ。新型バスをあてがうとしても、交通当局の優先順位では、下から数えたほうが早い路線だろう。

一時間すこしかけて、なかば脱水症状になりかけながら、ベンタイン市場のバス停へ到着。

「ほらね」という顔をして、友人が待っていたのだった。

アジ吉
バス、チョー楽しかったし。乗って正解だったし。また乗るし

…(このひと、「疲れた」って、顔に書いてるズラ)
友人

そのあと、コーヒーショップでキンキンに冷えたベトナムコーヒーを飲んで、美味しかったこと!!!

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ 1

目次1 はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事情2 まるで「紅白玉入れ」の様相。台湾の無慈悲なゴミ回収システム3 まとめ:もはや【迷宮入り】と思われる難案件3.1 追記(2018年7月16日) はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事 ...

武器を持つカミサマ 2

目次1 はじめに:台湾旅行必須のアクティビティ、「廟めぐり」を120%楽しんでみる2 台湾のカミサマをとりまく生活環境2.1 台湾のカミサマ住宅事情2.2 設置ポジションで分かる、カミサマ・カースト3 まとめ:同居は大丈夫だけど、上下関係は ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.