台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

ホーチミンの街角風景ウォッチングを通じて見えてくるベトナムの「素顔」

投稿日:

ホーチミン市街地|風景ウォッチングを通じ、ベトナム人の日常生活に思いを馳せる

平日でも遊びたい放題といえば暴言になるが、それくらい、ベトナムの男性どもは遊び人。

白昼堂々、仕事をするはずの時間帯に、道ばたで碁盤ゲームに興じるベトナム男性たちの姿は、あちこちで見られるだろう。

平日の白昼から、路上でボードゲームに興じる

平日の白昼から、路上でボードゲームに興じる

街を歩くと、無人で停車されるシクロが、ぽつねん。

オーナーがどこで何をしているか知る由もないが、さっきの碁盤ゲームに興じる男どもを思い出したら、つい、「どこかで油を売っているのでは?」と勘ぐってしまう

シクロ

シクロ

「食用犬」が、いまだ市場で売買される国、それがベトナム。

誘拐されないように飼わないと、食用犬として盗まれることもあるよ
友人

以前、友人(ベトナム人)が、冗談か本気か分からないことをけっこうな真顔で言ってたのを思い出す。

「幸運」なワンちゃん

「幸運」なワンちゃん

さいわい、このワンちゃんは、飼い主が大切そうに抱えていたので、心配いらないだろう。

ホーチミン市立博物館|戦争の遺物を「集客看板」にする、世界一したたかな国民性

「ホーチミン市立博物館」へ。

バックパッカーの安宿街として有名なファングーラオや、観光客に人気のベンタイン市場から、徒歩でアクセス可能な距離にある。

ホーチミン市立博物館

ホーチミン市立博物館

洋風デザインの、重厚な造りの建物。

庭にヘリコプターや戦闘機が展示されているので、堀の外からでも、ここが博物館だとすぐに分かる。

UH-1型ヘリコプター(左)、F5戦闘機(右)

UH-1型ヘリコプター(左)、F5戦闘機(右)

M41軽戦車

M41

A37戦闘機

A37戦闘機

悲惨な戦争で使われた兵器も、今ではこうして、観光スポットの「集客看板」として大活用するベトナム。

このしたたかな国民性がなければ、アメリカにギブアップさせることはできなかったろう

メイソウ vs. MUMUSO|仁義なき「パクり」の戦い。パクる会社も、明日は我が身

アジア各国に、次々と店舗を展開している雑貨店「メイソウ」

カタカナ表記だが、実は、日本のブランドではなく、中国の「名創優品」という会社である。

次々と店舗をアジア各国に展開する「メイソウ」

次々と店舗をアジア各国に展開する「メイソウ」

ユニクロのようなロゴマーク、無印良品のような商品群が特徴で、「ハイブリッド型」の日本パクリとも言える。

ベトナム国内にも、次から次へと新店舗が開店している。

だが、今回のホーチミン滞在中、「メイソウ」のパクリが登場しているのを発見。

ずばり、パクリのパクリである

なんと、「メイソウ」のパクリが新たに登場。その名も「MUMUSO」

なんと、「メイソウ」のパクリが新たに登場。その名も「MUMUSO」

その名も「MUMUSO」で、韓国ブランドのふりをした、これまた中国の会社。

一般論として、ベトナム人の国民感情は、アンチ中国ということもあり、ベトナムでは、中国製品は見下される傾向にある

そこで中国企業が取った戦略は、日本ブランドや韓国ブランドを装うというもの。地元でそれなりに人気を集め、商売も成功しているのだ。

店内の雰囲気は、無印良品そっくり……

店内の雰囲気は、無印良品そっくり……

中国の、なりふり構わぬ商売展開っぷりは、もはや、驚きのレベルである。

そして、ベトナムの人々は、悲しいかな、先進国へのあこがれが強く、偽ブランドであっても、飛びついて購入してしまう

中国の特性、ベトナムの特性が不幸にもマッチしてしまい、今後も、ベトナムでの偽ブランド市場は拡大傾向が続くであろう。

ホーチミンのバス事情|刷新されたベンタインのバス停。昔ながらのバススタッフ

00年代のホーチミンと言えば、それはもう、廃車寸前のオンボロバスばかりであった。

ところが、2010年代から、少しずつ新型車両が導入されバスも快適になりつつある。

新車のバスも運行している

新車のバスも運行している

最近では、ベンタイン市場前のバスロータリーの移設が完了

ややベンタイン市場から遠ざかってしまったものの、バス停が、新しく清潔に生まれ変わったこと自体は喜ばしい。

ベンタインのバスロータリーが新しくなった

ベンタインのバスロータリーが新しくなった

設備がガラリ変われど、人間は、急には変われない

そのことを実感させるハプニングが、ベンタイン市場前から空港へ向かうバスで起きた。

ペラッペラの切符は昔のまま

ペラッペラの切符は昔のまま

乗っていたバスが、停留所でもない場所で、完全停止

一般論として、ベトナムのバスは、停留所に到着しも、完全には停止しない(ゆっくりだが、バスは動いている)。

ベトナムのバスが「完全停車」するなどあり得ないと思っていたら、納得。

コーヒーを買うため、十分弱、停車

コーヒーを買うため、十分弱、停車

車掌が、コーヒーを買うため、バスを停めてしまったのだ。

十分弱。しかも、空港行きのバスを、である。

お金を投資することで設備は刷新できても、人間までは、急には変えられないということを実感。ベトナム人の意識が変わるまで、あと最低五十年は必要だろう。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.