台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

【猫テロ注意】リアル「ねこあつめ」の世界観を持つ村を、台湾公認インスタグラマーが訪問。猫フォト7選つき

投稿日:

はじめに:リアル「ねこあつめ」的な世界観の村が、台湾にあると聞きつけて……

スマホで遊べる「ねこあつめ」というゲームがあることをご存知の方も多いと思う。

七秒で分かる「ねこあつめ」アプリ

起動したらこんな画面が表示され、ゲームが進行しても、画面が変わることはほとんどないという珍しいゲームである。

アプリゲーム「ねこあつめ」 (公式サイトより)

アプリゲーム「ねこあつめ」 (公式サイトより)

遊び道具・エサなどを、「ゲームステージ」にあたるへ設置しておくと、次から次へと猫が集まってきて、エサが空っぽになると、一匹残らず去っていくという、ホッコリ系アプリ

2015年頃に人気絶頂を誇ったアプリなので、「一時ハマっていた」という過去形な方が多いかも知れないが、今なお愛好家の多い現役アプリである。

(参考)「ねこあつめ」公式サイト

リアル「ねこあつめ」の世界観を持つ台湾の村「猴硐猫村」へ

そんな「ねこあつめ」の世界観を持つ村が、ここ台湾に実在するという。ここは、「台湾公認インスタグラマー」としては、訪問しないわけにはいかない

(参考)アジ吉のInstagramアカウントは こちら

台北駅から台鉄に揺られること、小一時間。電車は山間地帯を走り、「猴硐」駅へ到着する。

下車する乗客は、まばら

下車する乗客は、まばら

ぱらぱらと下車する乗客に混じって、プラットフォームへ降り立つと、そこはもう「猫村」。

駅構内 1

駅構内 1

「ローカル駅」イメージそのもの、ドンピシャな駅舎。

駅構内 2

駅構内 2

駅舎を正面から眺める。

宜蘭線「猴硐」駅

宜蘭線「猴硐」駅

これ以上ないというほどの晴天

天気がよすぎて、猫がどこかに隠れてしまっていないか心配ではある。

「猴硐猫村」を散策

改札口をくぐると、「猴硐」駅は巨大な歩道橋と接続されていることに気づく。

世界で唯一の「人猫共用橋」を抜けると、そこは自然豊かな村だった

内側から見ると、ずいぶんデコボコした壁だという印象を受けるが、それもそのはず。外側から見ると「猫」のデザインになっているという、ユニークな歩道橋なのだ。

駅と接続する歩道橋

駅と接続する歩道橋

ちなみに、Wikipediaの説明によると、この歩道橋は「世界でたった一つの人猫共用橋」という珍しいもの。猫が遊んだり休憩するスペースも随所にあり、人と猫が仲良く「シェア」して使っている歩道橋なのだ。

歩道橋を抜けると、まるで「林間学校」へやって来たかのような気持ちになる風景。

空気も新鮮でおいしく、思わず深呼吸。

のどかな雰囲気

のどかな雰囲気

道ばたには、猫のエサ皿が置かれており、猫を可愛がる地元の方の姿が、ありありと見えた気がした

道ばたには、猫のエサ皿

道ばたには、猫のエサ皿

そして、村を歩くうちに、意外と暑くないことに気づく

村の様子 1

村の様子 1

それもそのはず、日陰が豊富にあるのだ。

村の様子 2

村の様子 2

これは、たくさんのニャンコと出会うチャンスがありそう。

そうこうするうちに、二十メートルごとに一匹の間隔でニャンコが出現

猫フォト・コレクション「にゃんコレ」

警戒心ゼロで、爆睡するニャンコ。

警戒心ゼロ

警戒心ゼロ

涼しい場所を探す能力は、もはやプロ級?

「特等席」 1

「特等席」 1

隅っこが涼しいことを、どのニャンコもよく心得ている様子。

「特等席」 2

「特等席」 2

そういえば、こんな出来事も……

写真撮影をするアジ吉を見た地元のおじさん。

この子、ちょっと「姿勢」が良くないなぁ……
通りすがりの人
アジ吉
???

なんと、おじさん、写真の構図がよくなるようにと、寝ている猫を、慣れた手つきでススススーーーと動かしてくれた。

猫も、「いつものおじさんネ……」という感じで、まぶたを上げる様子すらなかった。この信頼感、この安定感、もう腹筋崩壊寸前www

いい「姿勢」で寝ているが……

いい「姿勢」で寝ているが……

良いショットが沢山撮れたのは、地元の方に手伝ってもらえたおかげでもある。

それにしても、2009年ごろに「猫村」として、猫の多さで観光地アピールし始めてから、まだ十年と経たないのに、ニャンコの「写真慣れ」がスゴい

「写真慣れ」 1

「写真慣れ」 1

カメラを向けると、シャッター音がちゃんと鳴り終わるのを待っているかのように、ジッと静止してくれる

「写真慣れ」 2

「写真慣れ」 2

もちろん、人見知りする猫も沢山いると思うが、アジ吉がシャッターを向けても、逃げてしまったニャンコは一匹もいなかった

「写真慣れ」 3

「写真慣れ」 3

まとめ:結論としては、「猫写真好きの聖地」に認定

さほど期待せずに、フラッと立ち寄った「猴硐」だったが、サービス精神旺盛なにゃんこたちとの出会いに恵まれ、思い出に残る日帰り旅行となった。

猫写真好きにとっては、タマラナイ「聖地」であることは間違いないので、我こそはとおもう方は、訪問してみて欲しい。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.