IT 余談

技術飽和時代を生きるエンジニアが,「技術貧乏」ループへ陥らないために心掛けておきたい,3つの習慣

投稿日:

技術飽和時代の生き方

こんにちは。

次から次へと,新しいライブラリやフレームワーク,ひいては,開発言語までが誕生するという,技術飽和時代にある IT 業界。

最先端の技術を使いこなせることは,一つの強みになりますが,流行にキャッチアップすることをストイックに続けていくアプローチだと,(学習コストに対する)費用対効果の面では,あまり望ましいと言えない状況になります。

特に,フレームワークが洗練されてきた今日では,開発ハードルは年々下降傾向にあり,新人であっても(特に専門知識があってそうしたわけでもないのに)セキュアな構造のプロダクトが生み出せるようになっています。

習得した技術の「量」よりも,「質」が問われるトレンドがますます強くなっていくのではないか?

本記事は,エンジニアの好奇心や向学心としての,新規技術を学ぶ姿勢を否定するものではありませんが,あえて刺激的なタイトルを使って,現実的な議論をしたいと思います。

習慣① 積極的にバグを出す(できれば全種類制覇!?)

未経験分野のチュートリアル教材をこなすと,最初は,誰だってバグから学んでいくものです。

必要最低限の CRUD アプリが作れる段階まで上達すると,「ベタープラクティス」が蓄積され,バグを避ける知恵が身につき,安全性の高いロジックを追求しがちです。

ある時点を境に,バグから学ぶことを,無意識のうちに,やめてしまっていませんか?

あえて,多種類のバグ(例:全種類のエラーコード)を意図的に再現させてみる訓練は,その開発言語や,フレームワークの思想を,いっそう深いレベルで理解するために,格好のトレーニング材料となります。

バグを出したことがないエンジニア(そんな人いないと思いますが……)より,全種類のバグの出し方を知っているエンジニアの方が,問題の切り分けスピードも確実に高速化するのではないかと思います。

習慣② チュートリアルでは「消す」

チュートリアルの良くある構成は,基礎から応用へと,レベル順にストーリが進むというもの。

前章で仕上げた画面(例:一覧画面)に,機能追加(例:ページネーション)を追加する,みたいな。

教育的配慮では,優れていると言えますが,技術の本質は,機能追加するよりも,機能削除することで見える場合が多いと思います。

チュートリアルで学ぶ際は,与えられた作業手順通りに組んでみるのも一案ですが,あえて,チュートリアルでは説明されていないようなパターン(一部のコードやオプションを,わざと消して,変化を観察する)をいろいろ試すことで,本質への理解が,一気に加速します。

ステップアップする方向でカリキュラムが組まれているチュートリアル教材で,あえて逆方向という発想を持つことは,意外とできている人は少ないので,それだけでも差をつけられます。

習慣③ 炎上案件でリファクタリングしてみる

めでたくチュートリアルを卒業後,スクラッチでプロダクト開発するような実務体験ができれば,理想的ではあります。

それでも,本当の「ベタープラクティス」や「ベストプラクティス」って,山のようにアンチパターンのコードと遭遇して,(できれば)それをリファクタリングしてみることで,ようやくストンと腑に落ちる,という側面もあります。

人間,大変な目にあったり,苦労をすれば,それは一生忘れない経験になりますし,「こんなトラブル,二度と遭遇したくない」と感じれば,必死に知恵をしぼるようになるものです。

あまり負荷を高めると,メンタル的に病んでしまいますが,炎上案件を志願し,アンチパターンを反面教師として知見を深めることも,一つの成長加速オプション。

自分の失敗から学べることは限られているので,他人の失敗から学ぶということは,本当に効果的です。

同じ学習時間なら,技術習得は,同族よりもジャンル越えを

本記事で紹介したようなアプローチで,「せまく・深く」技術を追求した後は,同じ思想(例:MVC ストラクチャ)に基づく技術は,驚くほどスイスイ理解できるようになっていることに気づくでしょう。

そして,同ジャンルの技術(例:バックエンドのフレームワーク複数種類)ばかりを勉強するよりは,あえて,異ジャンルの技術(例:バックエンドのフレームワーク,フロントエンドのフレームワーク)の習得を目指すほうが,同じ学習時間でも,エンジニアとしての伸びしろが大きく残っており,コスパの良い投資と言えます。

技術バリバリなわけでもない,しがない社内 SE のおじさんですが,技術飽和時代を生きるエンジニアとして日々感じているアイデアを,赤裸々と語らせていただいました。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-IT 余談

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.