台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾 旅のテクニック

ツキイチ訪台の筆者が「台湾代」を捻出するために実践する、我慢ゼロのシンプル倹約習慣

投稿日:2018年6月5日 更新日:

弱小ブログオーナーの、ささやかなる喜び

こんにちは、アジ吉です。

「おはよう」な方も、「こんばんは」な方も、訪問ありがとうございます。

ネット空間を、藻屑(もくず)のようにクルクル漂う弱小ブログですが、先日書いた以下記事は、多くの方に注目いただけたようで、大感謝・大感激です。

よく出汁を吸う麺
台北トップレベルの紅燒肉専門店は、ツンデレ接客スタイル? 麺料理が最高の味だった話

目次1 市場の商店に埋もれるように、ひっそりと店を構える人気店2 放置プレイかと思ったら、バッチリ覚えてくれている「ツンデレ」接客スタイル3 平たくて表面積の大きい麺にしみ込む、最高のあっさりスープ 市場の商店に埋もれるように、ひっそりと店 ...

続きを見る

最大瞬間風速的ではありますが「ブログ村」注目記事ランキングで【二位】をいただくという「新記録」樹立、貧弱ブログながら、頑張って行こうと、気持ちを新たにできました。

最初で最後かも知れない「二位」の記念スクリーンショット

最初で最後かも知れない「二位」の記念スクリーンショット

文章を書くのが苦手なアジ吉にとっては、どう見てもビギナーズラックっぽいんですけど、これを起爆剤に邁進していきたいですね。

「台湾代」ゲットのための倹約テクは、大きく分けて二カテゴリで考える

今回お届けするのは、【ツキイチ訪台の筆者が「台湾代」を稼ぎ出す3つの習慣】の巻。

海外旅行としては、最安予算で行けてしまう部類に属する台湾といえど、それでもけっこうな金食い虫ですよね、台湾旅行ってヤツは

台湾旅行は「安いけど高い」

台湾旅行は「安いけど高い」

「台湾代」の足しにするため、アジ吉が実践している倹約テクをご紹介します。

ざっくり分けると2カテゴリあります。

  • 旅がはじまる前の倹約テク(予算を確保する)
  • 旅がはじまってからの倹約テク(現地で、カシコく出費する)

それぞれのカテゴリ、順番にご説明しますね。

旅がはじまる前の倹約テク(予算を確保する)

まずは、無理して我慢をせず、手軽にできることから実践します。

日々の「習慣」として定着化、長続きできないと、意味がないですからね。

以下のような工夫で、年間15万円をこえる「財源」をゲットしています。

さほど我慢しなくとも、年に何度か台湾旅行できるくらいの節約って、意外とできちゃうもんなんです。

年間36,000円をカットする「ランチ」節約ワザ

夕方になると、スーパーの惣菜って、ぐーんと値下がりしますよね。

半額アイテムは、強い見方

半額アイテムは、強い見方

店舗数や割引率は、けっこう地域差もあるみたいですが、アジ吉のご近所さんに、かなり神コスパなスーパーがあるんです。しかも、複数店舗。

六時半ごろ半額になる店、八時過ぎまで待たないといけない店と、わりかし「規則性」がハッキリしているので、これを見抜くのが大切。アジ吉は、職場を出る時刻に合わせて店舗を使い分け半額惣菜をトコトン活用します。

冷蔵庫保管し、翌日、レンジで温めていただくことで、ランチは【一日250円】を上限額に設定。

コンビニ弁当が400円くらいなので、一日あたり150円(3,000円/月)の節約効果です。

年額にすると、三万円以上にもなるので、ほんと、チリツモ的な世界ですよ。

年間84,000円をカットする「飲み会」節約ワザ

飲み会は、3,500円/回くらいと「単価」が高いので、節約効果が出やすいんです。

以前は、一ヶ月に三回ほど飲み会に出ましたが、それを「厳選」し、ツキイチにスリム化。歓送迎会は、主賓にとって一度しかないイベントのため、かならず顔を出すようにしていますが、それでも二次会前には「お先に……」と帰らせてもらいます

これだけで、一ヶ月に7,000円程度の節約効果です。

年間48,000円をカットする「スマホ」節約ワザ

格安スマホへ切り替えます。

某社の、月額1,500円のデータ通信SIMプランを契約しています。音声通話はありませんが、LINEやFacebookの通話機能で代用できており、私生活にまったく支障は出ていません

Softbank時代からすると、一ヶ月あたり4,000円ほどの節約効果が得られています。

年額にすると五万円近くの節約効果。すごく身近な節約ワザから、台湾へ行けそうな気がしてきませんか (^_^)

年間数万円をカットする「ふるさと納税」

無視できないのが、「ふるさと納税」制度の活用

寄付金額が、翌年の所得税・住民税から控除される制度です。

しかも、寄付先の地方自治体から、「お返し」まで貰えるという、いいことづくしの制度。「お返し」は、ビールやお米など、各自のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

大雑把に、年収百万円あたり、一万円ほどの「ふるさと納税」が可能です。

かしこく納税したい

かしこく納税したい

ミソは、「ふるさと納税」を、楽天クレジットカードで支払うこと

なぜならば、年四回(3月、6月、9月、12月)ある「楽天スーパーセール」の時期を狙うと、10%前後くらいのポイントがもらえちゃうのです。

例えば、三万円を「ふるさと納税」したら、三千円相当の楽天ポイントがもらえるカンジです。

カシコク節約しましょう

カシコク節約しましょう

ちなみに、楽天クレジットカードには、以下の二種類があります。

  • 楽天カード(年会費:無料)
  • 楽天プレミアムカード(年会費:10,000円)

一見、年会費無料の「楽天カード」が良さそうに見えますが、頻繁に海外旅行をするなら、「楽天プレミアムカード」がゼッタイにお得です。耳寄りの「理由」は、この記事の続きで、追って、ご説明します。

↓↓↓↓↓ 以下リンクから、「楽天プレミアムカード」入会のページへジャンプできます

楽天プレミアムカード

旅がはじまってからの倹約テク(現地で、カシコく出費する)

現地に着いてからも、贅沢するとこは贅沢、節約するとこは節約

ケチりすぎると旅がつまらなくなるので、適度な「メリハリ」を保ちます

最初と最後の食事はラウンジ利用で、三千円以上をカット

空港内での飲食って、けっこう強欲(笑)のプライス設定になっていて、バカにならない出費ですよね。

先述した「楽天プレミアムカード」に入ると、なんと、空港ラウンジが無料で使えるんです。そこで振る舞われる飲み物、食べ物はすべて無料。信じられないくらい、オトクな話ですよね。

日本側の空港、台湾側の空港で、「ラウンジ食」の恩恵をフルに受けることによって、軽〜く三千円以上の節約になります。

こちらは、日本側の空港(関西国際空港)で、無料飲食できるラウンジの記事です。なにが、どれだけ無料になるのか、とくとご覧になってください。

関空内にある大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)の場所、食べ物、飲み物、設備などを詳細レポート

目次1 大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)への行き方2 大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)への入場手続き3 大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)の座席について4 大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)の食べ物について5 大韓航空ラウンジ(KALラ ...

続きを見る

続いて、こちら。台湾側の空港(桃園国際空港)で、無料飲食できるラウンジの記事を書きました。

無料の飲み物、食べ物が、多数の写真付きで紹介されていますので、是非ともチェックいただければと思います。

牛肉麺。崩壊寸前にまで煮込まれた牛肉塊が最高に美味
桃園空港(台北)にあるプラザ・プレミアム・ラウンジ、ターミナル1(Plaza Premium Lounge T1)で、【朝食メニュー】四種類を全部ためしてみた

目次1 はじめに:プラザ・プレミアム・ラウンジ、ターミナル1(Plaza Premium Lounge T1)で提供される「朝食メニュー」が知りたい方に、読んで欲しい1.1 本記事の想定する読者層1.2 食事の前にシャワーを浴びたい方はこち ...

続きを見る

なお、うまい話はここで終わりません

なんと、「楽天プレミアムカード」に入会したら、桃園国際空港で、豪華アメニティつきのシャワーが無料で使える特権もついてくるんですよ。

台湾ツウの方であれば、桃園国際空港には、一般客が無料で使えるシャワーもあることをご存知だと思いますが、それとは比較対象にならないほど豪華グレードのシャワー設備です。

別途、記事を書いていますので、是非そのシャワー施設をご覧になってください

貸与されるアメニティのセット一式
アメニティ付き贅沢シャワー|桃園空港にあるプライオリティパスで入場可能なプラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge T1)で、シャワーを浴びてみた

目次1 プラザ・プレミアム・ラウンジ、ターミナル1(Plaza Premium Lounge Terminal 1)でアメニティ付きシャワーを利用してみたい方すべてに、読んで欲しい2 プラザ・プレミアム・ラウンジ、ターミナル1(Plaza ...

続きを見る

最終日の桃園国際空港では、熱いシャワーを浴びた後に、そのままラウンジで無料ビールをいただくのが、アジ吉の習慣になっています。

熱いシャワー、冷たいビールが両方無料だなんて、もう極楽浄土ですよね。

台湾旅行の最後には、ラウンジの無料ビールで乾杯しよう

台湾旅行の最後には、ラウンジの無料ビールで乾杯しよう

「楽天プレミアムカード」の年会費10,000円を払ったところで、海外旅行保険も、無料(年間旅行回数の制限なし)でついてくるので、ホント、あっという間に元がとれちゃうんですよ。

何を隠そう、アジ吉も、「楽天プレミアムカード」へ入会したのは、ここ一年以内のことです。

ずいぶんベテランユーザっぽく語っていますが、まだまだ活用しきれていない部分もある、初心者マークつきのビギナーです(笑)。言い換えると、ビギナーでも恩恵を受けまくれちゃうのが「楽天プレミアムカード」なのです。

さらなる活用方法を探求し、楽天活用テクニックを勉強の日々は続く……

さらなる活用方法を探求し、楽天活用テクニックを勉強の日々は続く……

バンコクのゲストハウスで知り合った日本人バックパッカーに教えてもらい、「楽天プレミアムカード」のことを初めて知りました。

それまでは、ぜんぜんマイルの貯まらない某J●Lカードを使っていたのですが、日本へ帰国後、即座にJ●Lカードを脱会し、半信半疑で「楽天プレミアムカード」に入会しましたが、結果的には、大正解でした。

むしろ、もっと、早く入会しておくべきだったと、後悔すらしています。

↓↓↓↓↓ 以下リンクから、「楽天プレミアムカード」入会のページへジャンプできます

楽天プレミアムカード

ついつい、熱く語ってしまいました、スミマセンでした。

台湾リピーターなら、「楽天プレミアムカード」是非とも出会うべきだが、まだ出会えていない人も多いはずと思います。

この記事がきっかけとなり、一人でも多くの方が「楽天プレミアムカード」で、快適な台湾旅行が楽しめることを祈っています。

その他の現地での節約ワザ

その他の節約ワザとしては、以下のことを習慣化しています。

  • 友人宅、あるいは、ゲストハウスに泊まったりして、宿泊費をカット
  • Wi-Fiは無料で利用できる「Taipei Free(台北フリー)」活用でカット
  • 「悠遊カード(EASYCARD)」活用で交通費を二割カット

詳細については、後日、ちょっとずつ追記していきますね。書ききれませんでしたが、上記以外にも、色々なテクニックがあります。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾, 旅のテクニック
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.