台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

フォーだけじゃないベトナムの麺料理|カンボジアにルーツを持つ、南部名物のパサパサ麺料理「フーティウ」に舌鼓

投稿日:

トレイ上のイケてる麺料理「イケ麺」に一目惚れ。出前の兄さんを追尾して、店を特定

ホーチミンの街歩きで腹をすかせていたころ、目の前を、出前の兄さんが通り過ぎていった。

トレイの上に乗せられた麺料理の、旨そうなこと、旨そうなこと。見てしまったからには、一口でも味わないと、もはや拷問というレベル。

アジ吉
今日の昼食は、これしかない!

時間を見れば、ランチの時間

料理を届け終わった兄さんをストーカーのように追跡し、お店を無事特定

店名はズバリ「フーティウ・ナンバン」

店名はズバリ「フーティウ・ナンバン」

ここの看板メニューである「フーティウ・ナンバン」という料理名が、そのまま店名になっている。

フーティウは、パサパサした食感が特徴の麺。ナンバン(南旺)は、ベトナム語で「プノンペン」の意味。つまり、「プノンペン麺」といったところだろうか。

いくら作っても、飛ぶように売れて行く

いくら作っても、飛ぶように売れて行く

カンボジアにルーツを持つこの麺料理を、ベトナムの人たちは、いわば輸入したわけだ。

店先で作るフーティウ・ナンバンは、飛ぶように売れて行く

店内にあった「結婚記念」のデコレーション

店内にあった「結婚記念」のデコレーション

店内の壁には、新郎・新婦の名前が派手にデコられている。

2018年に式を挙げたばかりの新婚カップルだが、旦那さんは、おそらく、店先で働いている兄さんだろう。この日、奥さんらしき人物は見当たらなかった。

念願の「フーティウ・ナンバン」とご対面。食べ方を間違えそうになって叱られた

キョロキョロ店内を見渡していると、オーダーした料理が届いた。

目の前に器がコトンと置かれた途端、食欲が刺激されてしまい、お腹がグゥゥゥゥウウと音を立てた。

ここの「店名」にもなった料理、Hu Tieu Nam Vang(フーティウ・ナンバン)

ここの「店名」にもなった料理、Hu Tieu Nam Vang(フーティウ・ナンバン)

ベトナムで最も有名な麺料理「フォー」は、平たくてツルツルした麺だが、こちら「フーティウ」は、その真逆。細くてパサパサした麺。

うずら卵、エビ、豚のモツが、わりかし豪快に盛りつけられている。後日、インターネットで調べたところ、それぞれ空・海・陸を象徴するというが、何ともスケールの大きな料理である。

ネギと、小さな「おかき」のような粒が入ったスープ

ネギと、小さな「おかき」のような粒が入ったスープ

一緒に、こちらのスープを注文した。

パサパサの「フーティウ・ナンバン」の上に、このスープをかけて食べるのかな、と思い、それを実行に移そうとした。

ダメよ。ダメダメダメダメ。スープなんてかけたら、台無しよ。フーティウの、正しい食べ方を教えてあげるわ!
店員

居ても立っても居られなくなった店員のおばさんが、ちょっと怒ったような表情で、大慌てでアジ吉を静止

飛んでやって来て、食べ方をレクチャーしてくれた。

ニンニク、チリソースによって味を「カスタマイズ」した後、よくかき混ぜ食べる

食べ方は、好みに応じて、ニンニク、チリソースを加え、よくかき混ぜるというもの。

もちろん「何も加えない」という選択肢もOKなわけで、要は、個人のチョイスだ。

味にアクセントを付けたい場合は、チリソースを振りかける

味にアクセントを付けたい場合は、チリソースを振りかける

テーブルに届けられたばかりの「デフォルト」状態でも、そこそこピリッとした辛さがある。

卓上のチリソースは、それでも足りない人用だ。

好みで、ニンニクを投入できる

好みで、ニンニクを投入できる

ニンニクに目がないアジ吉は、どっさり投入

ニンニクに目がないアジ吉は、どっさり投入

チリソースは使わなかったが、ニンニクは、たっぷり盛った。

甘辛いタレを絡めつつ、パサパサ麺をかき混ぜ、そこへニンニクの、ほんのり甘さを帯びたマイルドな味わいが加わる。美味しくて、あっという間に器は空っぽに。

最初は、知識不足からスープをぶっかけそうになったアジ吉だが、フーティウは「出汁なし」バージョンこそ良いと思う。パサパサしたフーティウ麺の食感を、たっぷり楽しめるから。

店名 Hu Tieu Nam Vang, Tau Hu Da & Bo Bia(フーティウ・ナンバン)
住所 254 Le Thanh Ton, District1, HCMC
営業時間 06:00 - 11:00 | 18:00 - 22:00

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.