情報処理技術者試験

情報処理技術者試験って、キャリア開拓ツールというより、自己肯定感を高めるためのツールだと思う。取り組んでみて、損することは一つもない

投稿日:

こんにちは。

情報処理技術者試験は、IT系資格としては、規模・知名度ともに、国内トップクラスであることは間違いないでしょう。

企業によっては、報奨金や手当が支給されるケースもあるため、金銭目的にこの資格を狙う方が多いのも事実ですし、それはそれで、いたって健全なモチベーションだと思います。

実際、筆者もITストラテジストやシステム監査技術者の資格に合格し、それで得られた報奨金によって、海外旅行を楽しむことができました。

それでも筆者としては、この資格の真価は、自己肯定感を最大限に高め、日常業務に取り組む意欲を掻き立ててくれるところにあると思います。

本記事では、情報処理技術者試験の真価についてもう少し深掘りし、これから受験しようか迷っている方の背中を押すことができればと思います。

忘れないでおきたい「自分のためにやっている」という視点

情報処理技術者試験に限ったことではなく、自己啓蒙系のトピック全般について言えることですが、資格取得は、他人のためではなく、自分自身のためです。

「ITエンジニアは、資格がなくても仕事はできる。資格を取得しても意味がない」

「あいつは、金目当てに資格取得しようとしている」

「資格取得に回す時間があれば働いたらいいのに」

世の中、いろんな考えを持つ人がいるので、インターネット検索をしたり、周囲の声に耳を傾けると、(多くの場合、あきれるほどネガティブな)いろんなノイズが混入してきます。

そういった声に耳を傾けるのは、自己成長に使うための時間が減ってしまい、勿体無いだけです。

誰か何と言おうと、自分は、自己成長のためにやっている

そんな不動心を持つことが大切かと思います。

周囲に流されず勉強に打ち込むことによって、新たな視座が得られ、日常業務へも、一層高い視点から取り組めるようになるでしょう。

マンネリ化している日常業務を見つめ直す絶好のチャンス

資格勉強は自分のためにやるものだと書きましたが、そうは言っても、自分にとってどう役に立つか、頭の中でクリアに描けないと、モチベーションを保つことが困難になります。

情報処理技術者試験の有効活用法は様々ですが、実務に直結したものとなれば、社会人になってからOJT形式でかき集めてきた知識を、体系的な知識として、整理整頓できるところではないでしょうか。

特に、ベテランと呼ばれるほどの実務経験を積むと、今やっている(or 知っている)以外の方法で、何かをやってみるということが難しくなります。

新しいスキルや知識は、社外講習会に参加することでも獲得できますが、情報処理技術者試験であれば、合格・不合格が関わってくるため、必然的に脳を総動員させて取り組むことになります。

また、世の中に多数あるIT資格の中でも、情報処理技術者試験(高度区分)は朝から晩まで一日がかり、選択式から筆記式までの試験問題が含まれる、アウトプット学習としては、これ以上のものを望まない形態だと思います。

それでいて、受験料が六千円を切るという、破格コスパなのは、国家試験のメリットであるとも言えます。

会社を辞めてからも、個人としての自分を証言してくれる助っ人になる

最後に、情報処理技術者試験の価値として特記しておくべきなのは、他のIT資格と違って、有効期限や更新費用が発生しないということ。

いちど取得すれば生涯有効であるため、たとえば会社を辞めて独立しても、一生自分の「味方」として、保有能力を客観的に証明する手助けをしてくれます。

裏を返せば、無事取得しても、自分の知識を常にアップデートする努力を継続しなければ、せっかくの国家資格が台無しになってしまいます。

それに、IT業界では国家資格の有無だけで仕事が決まるものでもありませんが、少なくとも言えるのは、保有していない場合と比べると圧倒的に有利だということです。

ITエンジニアとしての業務能力を直接証明することは難しくとも、国家資格を保有していることにより、自己啓発意欲があることを客観的に証明することは十分に可能だからです。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-情報処理技術者試験

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.