社内 SE 的な話

【過少評価されやすい?】情シス部門が、社内カーストの最下位になってしまうという構造

投稿日:

こんにちは。

こんなものあるかどうか分かりませんが、筆者の勤務先では、部署ごとの力学関係が露骨にあり、社内カーストなるものを定義できるのではないかと思います。

あまり具体的には書けませんが(笑)、会社に利益をもたらす部署ほど発言権が大きくなるという、当たり前の構造です。

こんな感じです。

■社内カースト 

  1. 利益率が大きく、売上の大きなビジネスを扱う部署
  2. 利益率は小さいが、売上の大きなビジネスを扱う部署
  3. いわゆるスタッフ部署

情シス部門は、会社に直接利益を生み出すことはない「スタッフ部署」の位置付けであり、その中でも、一番最下位とされるようなポジション。

本記事では、この問題について向き合い、少し深掘りしてみます。

なぜ情シス部門は過少評価され、社内カースト最下位になるのか?

皮肉にも、情シス部門の役割上、避けられないことだと思います。

情報システムは、トラブルなく動作して当たり前 ── いわば水道や電気のような存在であり、ストップしたら怒号を浴びせられるようなシロモノです。

いくら便利なシステムを提供しても、一週間もすれば感謝されなくなり、そのうち、機能改善が寄せられるようになり、老朽化を迎えると、「画面がダサい」とディスられることは日常茶飯事です。

いいことをしても評価されにくいが、たま〜にトラブルを起こしてしまうと、その印象はしばらくユーザの記憶から消えてくれません

ものすごく損なポジションにいると言えます。

情シス部門の社内カースト、どうやったら高めることができるのか?

社内における信頼を築くのは、ウン年、十何年という時間を要する、気が遠くなる道のりです。

情シス部門の社内カーストを上げる道は一つしかなく、システム利用部門の期待をはるかに上回るサービスを継続的かつ安定的に提供し続けることです。

そのための切り札として、一番分かりやすいのは、フロントエンド(システム画面など、ユーザが直に触れる部分)で、いわゆる、ユーザエクスペリエンスを追求するという路線。

Amazonやfacebookなどの、至れり尽くせりのウェブサイトに慣れてしまったユーザを満足させるのは容易なことではありませんが、見やすい画面デザイン、使いやすいデータ入出力機能を備え持ったシステムを提供できれば、システム利用部門も、情シス部目のことを見直すキッカケになるでしょう。

そういう意味で、デザイナー的な観点でシステム作りのできる人材こそ、これからの時代、情シス部門を社内カースト問題から救い出す先駆者になると思います。

大学も、コンピュータ専門教育に熱心なのは構いませんが、もう少し、優れたデザイン感覚を養うようなカリキュラムを設計してほしいと思います。

デザインの重要性に気づいたアメリカでは、多くの大学が教育に力を入れています。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-社内 SE 的な話

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.