台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

基隆でグルメと街歩きを楽しむ半日|「基隆 孝三 大腸圈」と「阿忠麺店」【前編】

投稿日:

はじめに:すっかり足が遠のいていた「雨の街」基隆を再訪……

大正時代、一年で300日も雨が降ったという言い伝えが残る「雨の街」、基隆へ。

アジ吉も、過去数回訪問したけど、基隆はいつも雨天だった。

いつの間にか、基隆には「うっそうとした街」という固定イメージができてしまい、自然と足が遠のいていた。

そんな中、久々(五年ぶり?)となる基隆訪問のキッカケを作ってくれたのは、いわゆる「鬼月」という呼び名を持つ、中華阪の「お盆」。

「鬼月」のイベント、灯籠流し

「鬼月」のイベント、灯籠流し

日本の「お盆」と同じように、【あの世から先祖が戻ってくる】と信じられている月間で、いろいろなイベントが目白押し。

台湾全土でイベントが催されるのだが、その中でも「基隆中元祭」は、最大級の規模を誇るもので、台湾ファンとしても、いつか訪問したいと考えていた。

念願がかなって、基隆中元祭と、(それにあわせてセットで催される)灯籠流しのイベントに参加したレポートは以下2点を書いたが、熱心な読者の中には、既にチェックくださった方もいるかと思う。

灯台、大砲
普通の観光だけで終わらせない基隆(台湾)、おすすめの祭りイベント「基隆中元祭」

目次1 はじめに:「基隆中元祭」をもっと日本人に広めたい2 「基隆中元祭」ざっくり雰囲気2.1 ゆる〜く開始する台湾イベント2.2 どこで見学するか?2.3 台湾のお祭り、原点は「ほどこし」3 「基隆中元祭」本パレード3.1 気分は「フルコ ...

続きを見る

流れ行く灯籠を見守る見学者たち
台湾の「お盆」に行われる灯籠流しイベント。基隆中元祭「放水燈」の雰囲気、行き方楽しみ方

目次1 はじめに:「放水燈」の前提知識。関連記事をご紹介1.1 「オバケ月間」について1.2 「基隆中元祭」について1.3 「放水燈」について2 「放水燈」参加レポート2.1 行き方2.2 灯籠流しの光景2.3 帰りの交通機関3 まとめ:行 ...

続きを見る

どちらのイベントも、大変見応えのあるものだったが、なにより、ほとんど雨に降られなかったことは、本当に幸運だった。

本記事では、イベントを巡るついでに、およそ半日という持ち時間を使い、基隆グルメを満喫したレポートをご紹介する。

雨の街、看板の街。基隆という不思議タウンで味わうご当地グルメ

基隆駅から、長い歩道橋を渡る。

長い歩道橋

長い歩道橋

じっと見つめていると、側壁に施された網目模様で、目がグルグルしそうな歩道橋であるが、これを通り抜けると、下町が広まる一帯だ。

「雨の街」は、「看板の街」でもある ------ まるで「香港」のように看板が多い、基隆。

風景を埋め尽くす看板たち

風景を埋め尽くす看板たち

香港の看板って、視界を埋め尽くすかのように並べられているようて、よくよく観察すると、お互いに重なり合わないよう、注意深くレイアウトされているのだが、ここ基隆では、そういう「気配り」は見られず、ダダかぶりしているものも。

(基隆の)街並みや、住民の人柄も、香港のようにツンと気取ったカンジはない。

【細かいことは気にしないキャラクター】なので、肩ひじ張らずに街を歩ける。

こちらは、ミンチェン(míng qián)と呼ばれる紙製のお金を、まるで折り紙のようにして、作られた船。

「金紙」でできた船

「金紙」でできた船

ちょうど基隆を訪れたのが「鬼月」 ------ 日本で言うところの「お盆」に相当するシーズン ------ だったので、この時期の風物詩なのだろう。

「この世」へ戻ってきた先祖を迎えるために供えられ、シーズンが終われば、燃やされるのだろうか?

「基隆 孝三 大腸圈」|地元で大人気の、もっちり米ソーセージ

基隆では、知らない人がいないほどの有名店だという一軒、シァオサンダーチャンチュアン(xiàosān dàcháng quān)へ。

アジ吉
ここで食べずして、基隆を語れない

今回を逃すと、基隆を再訪するのが何年後になるか分からなかったこともあり、立ち寄った。

「基隆 孝三 大腸圈」店頭

「基隆 孝三 大腸圈」店頭

この店の、看板メニューは、豚の腸にもち米を詰めた、ヌォミーチャン(nuòmǐ cháng)。

いわば、【もち米ソーセージ】であり、日本で暮らす限り、およそ生涯出会うことのない食感である。

ソーセージ(皮)に米をつめた「糯米腸」

ソーセージ(皮)に米をつめた「糯米腸」

ソーセージの中身が(肉ではなく)お米であるのは、三口、四口と食べ続けても「違和感」が薄まることのない、不思議な食体験

しかも、かなりモッチリしたお米なので、小さくとも、腹にズドーンとたまりそうな重量系テイスト

メニュー

メニュー

ドリンクはセルフサービス

ドリンクはセルフサービス

ドリンクは「紅茶」と「檸檬水」の二種類が用意されており、セルフサービス。

いずれも、飲み放題である。

「阿忠麺店」|人情あふれる路地裏食堂で味わう、ちぢれ麺

別に、台湾の旨い店すべてが「薄汚れた路地裏にある」という法則が成り立つわけではない。

それでも、台湾って、目立たない路地裏に、地元民のみぞ知る「名店」が、元気良く営業していることは珍しくない。

「阿忠麺店」

「阿忠麺店」

ここアージョンミィエンディエン(ā zhōng miàn diàn)も、その類いの店で、観光客が決して入ろうと思いつかないような狭い路地にて営業している。

「美味しいよ。食べていきな」

どうしようか迷っているアジ吉の背中を押したのは、店子をするおばさんのひと言だった。

アジ吉
この声量なら、きっとウマいに違いない!

ハリがあり、快活な口調で呼びかけられて、そう確信。

ちぢれ麺が美味しい「乾麺」

ちぢれ麺が美味しい「乾麺」

かくして入店後に注文したのは、看板メニューでもあるガンミィエン(gān miàn)。

器の底には、ほどよく塩っぱいスープが少量注がれており、スープと麺をからめていただくと、全身が多幸感に包まれる。

そして、セットで注文したユーワンタン(yú wán tāng)が、これまたいい。

魚肉ボール入りスープ「魚丸湯」

魚肉ボール入りスープ「魚丸湯」

団子の中には、魚の肉が詰められており、団子の皮を破ると、魚のダシがにじみ出すという演出。

美味しさに感動していたら、店のお兄さんが「ワンタン」をおまけでサービスしてくれた。

サービスしてもらった「ワンタン」

サービスしてもらった「ワンタン」

台湾人の優しさに触れることができて、涙が出そうになるほど良い味だった。

お店の皆さんにお礼を述べ、心もお腹も温かくなって、店を出た。

まだまだ、食べ歩きは続く。

ひらひらした麺
基隆でグルメと街歩きを楽しむ半日|「郭家巷頭粿仔湯」と「銘記豆花」【後編】

目次1 あらすじ:「着飾らない」基隆グルメを、とことん楽しむ2 空腹は最高の「調味料」。まずは街歩きからの、食べ歩き2.1 「郭家巷頭粿仔湯」|60年の伝統店で味わう、ひらひら麺2.2 「銘記豆花」|若い感性で創作する豆花3 まとめ:グルメ ...

続きを見る

(後編へ続く)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.