台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

基隆でグルメと街歩きを楽しむ半日|「郭家巷頭粿仔湯」と「銘記豆花」【後編】

投稿日:

あらすじ:「着飾らない」基隆グルメを、とことん楽しむ

お洒落なカフェや、高層ビルが立ち並ぶ台北とは対照的に、地味〜な雰囲気の下町、基隆。

そんな基隆で提供されるグルメは、「着飾らない」庶民的料理が中心であり、【前編】では、もち米ソーセージや、ちぢれ乾麺に舌鼓を打った。

魚肉ボール入りスープ「魚丸湯」
基隆でグルメと街歩きを楽しむ半日|「基隆 孝三 大腸圈」と「阿忠麺店」【前編】

目次1 はじめに:すっかり足が遠のいていた「雨の街」基隆を再訪……2 雨の街、看板の街。基隆という不思議タウンで味わうご当地グルメ2.1 「基隆 孝三 大腸圈」|地元で大人気の、もっちり米ソーセージ2.2 「阿忠麺店」|人情あふれる路地裏食 ...

続きを見る

アジ吉
まだ【前編】をチェックしていない方は、是非読んでね〜

本記事【後編】では、引続き、素晴らしき基隆B級グルメの世界を堪能したいと思う。

空腹は最高の「調味料」。まずは街歩きからの、食べ歩き

まるで、時計の針が、昭和時代にストップしたかのような風景。

懐かしい風景が広まる基隆の街歩きは、路地に入り込んで、わざと迷子になりたくなるような楽しさがある。

基隆の街並み

基隆の街並み

高架道路下を流れる、ドブ川。

高架道路下には、ドブ川

高架道路下には、ドブ川

悪臭こそ漂っていないが、東南アジアのスラム街を彷彿とさせる、「下町」の風景

百歩譲っても「キレイ」とは言いがたい水質に思えたが、よく見ると、大量の魚がバシャついている(ある程度、汚れた水の方が、魚も住みやすいのか?)。

大量の魚が……

大量の魚が……

魚の上に魚が重なるように群れており、それはそれは、ビジュアル的に、一度見たらなかなか忘れられない光景。。。

川のすぐ近くには、名前は分からない(カンバンが掲げられていなかった)けど、地元民でごった返す、小さな市場。

その名がアンルゥーシーチャン(ānlè shìchǎng)であることを知ったのは、日本帰国後、Google検索に教えてもらったからであった。

「安楽市場」

「安楽市場」

小雨がポツポツと降り出すと、市場は「傘のお花畑」。

買い物客の雨傘、露天商のパラソル傘が、色とりどりに咲き乱れる。

食材専門店を中心に、衣服、玩具などを並べる商店が、道路の両脇に広まり、小規模ではあるものの、大変活気付いた雰囲気が印象的。

市場内の鮮魚店

市場内の鮮魚店

鮮魚店の前を通りかかると、どうしても、さきほどドブ川で見た魚の記憶がリンクされるのは、アジ吉だけだろうか。

「まさか、あそこで捕れた魚じゃあるまい……」と思ってしまうのである。

「郭家巷頭粿仔湯」|60年の伝統店で味わう、ひらひら麺

下町風景を突き進めば、基隆で60年の歴史を誇るという、老舗の麺専門店「郭家巷頭粿仔湯」が営業している。

米からできた麺を使い、鮮度を重要視する店側の意向から【テイクアウト禁止】という、こだわりようだ。

「郭家巷頭粿仔湯」店頭

「郭家巷頭粿仔湯」店頭

それでは店内で、新鮮な「できたて」の味を楽しむとしよう。

まるで「きしめん」か、それ以上に横幅のある平たい麺。

ひらひらした麺

ひらひらした麺

ビジュアルで圧倒されそうになるが、味も、インパクト十分

麺の面積が広いためか、あっさり風味のスープがよく染み込んでおり、お箸でつまみあげたとき、思いのほかズッシリとしたのは、スープの含有量が多いからであった。

店内で売られていたモツ系のつまみ類も試したかったが、この店のメニューは、一品一品、しっかり味わいたかった。

一気に味わうのが勿体無いような気もして、次回の楽しみとして、キープすることとした。

「銘記豆花」|若い感性で創作する豆花

歴史を感じさせる基隆の街にも、新しい店がポツポツと開店している。

ここの豆花屋、ミンジードウファ(míngjì dòuhuā)もそうで、店内には、軽快な音楽のBGMが流れる「今風」な感性の一軒。

まだ新しい店舗

まだ新しい店舗

店内の様子

店内の様子

まだ開店したばかりで、知人から贈られたと思われる花束類が、こんもりと飾られてある。

様々なトッピングが提供されており、自分の好みに応じて、味をカスタマイズ可能。

豊富なトッピング

豊富なトッピング

店を切り盛りするのは、こちらのおにーさん。

さわやかスマイルの店主

さわやかスマイルの店主

味の方は、まだ、創意工夫中、どこか「自分探し」をしているといったカンジ。

「できたてホヤホヤ」の店舗同様、豆花の味も、どこか落ち着ききっていない感じがした。

老舗が持つような「年季の入った味」へは一歩及ばないが、こういった店が、数十年後は「老舗」としてブイブイいわせるのかも知れない。

「豆花」

「豆花」

きわめてシンプルなようで、作り方によっては、味が千差万別になってしまう豆花。

そんな豆花という「難題ジャンル」に生涯をかける人生を選んだ、店主のニーサンへ敬意を払わねばなるまい。

まとめ:グルメスポットとしてのポテンシャルの高さを感じた半日

半日ほど歩いただけでも、基隆のグルメ水準の高さを、十分に感じることができた。

「雨の街」として、なかなか立ち寄る気持ちが起こらなかったが、今後、もっと開拓しがいのあるグルメスポットという認識を持てたことこそ、今回最大の収穫かも知れない。

もう一度言おう。

基隆は、かぎりなく、美食のポテンシャルが高いスポットである。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.