台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾 旅のテクニック

【早めにポチって】年末年始の大阪・台北の航空券を、往復コミコミで25,000円にて調達【カシコク節約】

投稿日:

はじめに:航空券購入の基本は、早めに購入

年末年始の大阪・台北の往復フライトを予約したら、往復コミコミ25,000円という破格で入手できた。

世間カレンダー的には、おそらく、2018年12月29日(土)〜2019年01月03日(木)という航空券の買い方をする方が一番多いのだと思うが、そんな「ハイシーズン」の料金でさえ、さきほど確認してみたら、まだ往復コミコミ30,000+α円(タイガーエア台湾)で入手できる模様。

アジ吉
まだ、お盆休みですらやって来ていないのに、もう、年末年始の航空券って。いくらなんでも、気が早いんじゃねぇ?

数年前まで、アジ吉自身、そういう考えの持ち主であったが、最近では早め早めの購入を心がけている。購入タイミングが遅れるほど価格は高騰し、十二月に入ってから購入するとなれば、往復60,000円コースというのが例年の「相場」である。

ちょうどいいキッカケなので、大阪・台北のLCC事情について整理して、情報発信しようと思いついた。

意外と歴史の浅い【大阪⇔台北】のLCC便

LCCについては関空(関西空港、大阪)の取組みが早く、LCCフライトの充実度合いは【西高東低】。

関空から台北へは、四社のLCC便が運行しており、全国トップの本数(2018年07月時点)を誇る状況が続いている。

便数が充実してきたLCC

便数が充実してきたLCC

各社の【大阪⇔台北】便の運行開始日(Wikipedia情報)に注目してみると、意外にも、これだけLCCが「アタリマエ」になったのは、つい最近のことだと分かる。

■各社の【大阪⇔台北】便の運行開始日

  1. 2012年10月16日就航 …… Peach Aviation
  2. 2015年07月03日就航 …… タイガーエア台湾
  3. 2015年12月11日就航 …… ジェットスター・アジア航空
  4. 2016年04月27日就航 …… バニラ・エア

数年前は、各社こぞって値下げ合戦を繰り広げることもあったが、近年では、台湾ブームの到来によってLCC航空券の値段は下がりづらい状況が続いている。

とは言え、2012年に最初のLCCが運行開始するまでは、日本/台湾のフラッグ・キャリア(どれだけ安くても往復40,000円くらいする航空券)を買い求める選択肢しかなかったことを考えると、台湾旅行のしやすさは、LCC誕生によって格段に向上したというのが事実である。

LCC四社のうち、どこが一番安いのか

大阪⇔台北ルートは、片道三時間を切る【短距離フライト】

■【大阪⇔台北】便を運行するLCC各社

  1. Peach Aviation
  2. タイガーエア台湾
  3. ジェットスター・アジア航空
  4. バニラ・エア

LCC四社、座席シートの仕様に若干の違いはあるが、ぶっちゃけ、「座り心地の良さ」の恩恵が大きく実感できるようになるのは、片道5時間以上の【中距離フライト】からだろう。

台北のような短距離フライトでは、座席シートの仕様よりも、価格設定が低く抑えられた便を選び、浮いたお金は、現地滞在中の旅クオリティを向上させることに使う方が賢者の選択であると言える。

「どこが一番安い」のか、2018年07月執筆時点で、四社の「コスパ実情」を調査してみた。

土日+祝日「2泊3日」フライト

土日+祝日(体育の日、2018年10月08日、月曜日)で二泊三日にするというシチュエーション。

お勤め人は、このシチュエーションで旅するケースが一番多いのではないだろうか。

■比較条件

  1. 出発日 …… 2018年10月06日(土)
  2. 帰国日 …… 2018年10月08日(月)
  3. その他 …… 同日中に複数の便がある場合は、現地滞在時間を最大にできる便を選択

結果は、以下の通り。

■各社プライス(オプション指定なし)

  1. 37,430円 …… バニラ・エア(安いが、ダイヤわるし)
  2. 48,860円 …… ジェットスター・アジア航空
  3. 52,290円 …… Peach Aviation
  4. 60,873円 …… タイガーエア台湾

バニラ・エアだけ安いのは、【大阪22:25発、台北05:00発】というダイヤの悪さである。

平日期間「2泊3日」フライト

火曜日に大阪を出発、木曜日に台北から帰ってくるというシチュエーション。

なお、航空券の価格は、長期連休明けが一番落ち着くので【お盆休み明けの日付】を採用した。

■比較条件

  1. 出発日 …… 2018年08月21日(火)
  2. 帰国日 …… 2018年08月23日(木)
  3. その他 …… 同日中に複数の便がある場合は、現地滞在時間を最大にできる便を選択

結果は、以下の通り。

■各社プライス(オプション指定なし)

  1. 26,973円 …… タイガーエア台湾
  2. 27,390円 …… Peach Aviation
  3. 28,030円 …… バニラ・エア
  4. 28,860円 …… ジェットスター・アジア航空

ほとんど大きな差は見られない。

長期連休「5泊6日」フライト

年末年始にちょっと長めの休みをつくるというシチュエーション。

■比較条件

  1. 出発日 …… 2018年12月29日(土)
  2. 帰国日 …… 2019年01月03日(木)
  3. その他 …… 同日中に複数の便がある場合は、現地滞在時間を最大にできる便を選択

結果は、以下の通り。

■各社プライス(オプション指定なし)

  1. 33,373円 …… タイガーエア台湾
  2. 38,390円 …… Peach Aviation
  3. 48,860円 …… ジェットスター・アジア航空
  4. --,---円 …… バニラ・エア(安いが、ダイヤわるし)

バニラエアは90日前からしか予約できないシステム仕様であるため、価格設定なし。

まとめ:コスパでは、タイガーエア台湾が健闘。本当に一番安い購入方法は、往路バラバラ購入

一概には言えないが、コスパでは【タイガーエア台湾】の健闘ぶりが目立った

各社、けっこう大きな価格差が生じたが、一番カシコイ買い方は、往路と復路を【片道ずつ】別々に買い求めて、一番安い組合せ(例:行きはタイガー、帰りはピーチなど)を自分で探すことだと思う。

行きでピーチを買ったから、帰りもピーチを買わないといけないルールはどこにもないし、往復で買ったから割引が適用されるという優遇制度もないので、あくまでも自由に発想しよう

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台湾, 旅のテクニック

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.