ちょいグローバル話

オフショア開発でも大活躍「バイリンガルSE」というポジションの実態。バイリンガルSE「あるある」業務ネタ

投稿日:

はじめに:華やかなイメージとは裏腹に、苦悩まみれの「バイリンガルSE」という仕事

こんにちは。

海外ソフトウェア会社のエンジニア部隊との協業開発では、プロジェクトの成否を左右する存在と言っても過言ではない、「バイリンガルSE」。

筆者自身、日英のバイリンガルSEとして、十年以上のキャリアを積み重ねてきました。

これまでに歩んできた道を振り返ると、あまり華やかなシーンは数少なく、むしろ、ソフトウェア開発現場の泥臭いトラブルや人間関係で「もみくちゃ」にされながら、しどろもどろ、必死のパッチ(大阪弁です)でやってきたという感しかありません。

本記事では、自らの経験を、あまり自虐的になり過ぎない程度に振り返りバイリンガルSE「あるある」の話題を提供したいと思います。

バイリンガルSE「あるある」業務ネタ

インターネット上に、バイリンガルSEの「あるある」業務ネタって、あまり晒されていないんです。

「それなら自分が……」と勇んで書き出してみると、半分以上が愚痴話っぽいネタに 笑笑

まず「日本語がわからない自分」に気づく

幹部社員を始めとする年配者の作成する資料は、難解な表現が盛り込まれていることが多く、日本語から英語へ翻訳する以前に、まずは、「日本語として」資料を理解することから始めなければならないケースが少なくありません。

「日本人なのに、日本語のことがあまりよく分かっていなかった……」

不思議な無能感を味わうことになります。

難解な日本語の翻訳は、まずはじめに、【日本語から日本語へ】の翻訳作業が待ち受けているという事実にぶち当たるでしょう。

そのまま通訳すると「とばっちり」を受け、なぜか自分まで怒られる

通訳は、本当に難しい仕事だと思います。

あいだに入る自分の「訳し方」ひとつで、両サイドの人間関係がどのように形成されていくか、少なからず影響を与えるからです。

直接的に、ズバズバものを言う人の言葉は、そのまま訳すと、人間関係が悪化してしまうため、婉曲表現を盛り込んでボカすなどの「配慮」も必要。

「脚色」し過ぎてはいけませんが、ダイレクトに伝えすぎると、なぜか、通訳者の自分までもが「とばっちり」を受け、怒られてしまうという理不尽な現象も起きます。

相手国の「ブリッジSE」が、せっかく育ったタイミングで辞めて行く

日本人の人件費は高いため、本来、通訳や翻訳のような「付加価値」をあまり生み出さない定型業務は、相手国(外国のソフトウェア開発会社)側が主体的に担うことが、(コストの面から考えても……)理にかなっています。

日本語学習者人口が多く、「漢字」という共通の文字システムを持つ中国であれば、実務レベルの日本語を解すブリッジSEを確保することは、さほど難しいことではありません。

一方、インドネシアやタイなどでは、片言の日本語を話せるブリッジSEはいても、実務レベルの日本語となると、本当に人材確保が難しくなります。

数々のプロジェクトを通じ、ようやく実務レベルで日本語を使えるブリッジSEが育成できたと思ったら、ある日突然、より待遇の良い求人情報を見つけて「辞表」を出してくることも……

いつ辞めるか分からない、相手国のブリッジSEを頼りにしすぎることはリスクでもあり、いつまでたっても、日本側でバイリンガルSEをしている筆者の業務負荷が軽減されることはありません。

一番キツいなのは、外国語ではなく、異文化や業務知識への精通

意外に思われるかもしれませんが、バイリンガルSEが一番苦労するのは、外国語ではなく、その「周辺のこと」だと思います。

まず文化の違い。

相手国へ日本の文化を押し付けると、必ず摩擦が生じ、逆も一緒。

また、通訳や翻訳を手がける上では、ITエンジニアとしての業務知識はもちろん、システム利用者部門(いわゆるユーザ部門)の業務知識も十分に理解をしておく必要があります。

ITエンジニアの現場で使われる表現は限られてくるので、三年間も通訳・翻訳を続ければ、外国語で苦労することは、ほとんどなくなるでしょう。

むしろ、上述したような異文化や業務知識には、体系だった「教科書」が存在せず、現場で体当たり的に習得する必要があることから、こちらの方が、はるかに大変です。

まとめ:苦労も、やり甲斐も、たっぷりの業務ポジション

「伝書鳩」になるだけではダメ、かと言って、(当事者以上に)首を突っ込みすぎるのもダメ。

また、バイリンガルSEだからと言って、モノリンガルSE(いわば日本語だけで仕事をするSE)と、まったく同じか、それ以上の技術者としてのスキルがなければ、プロジェクトをうまく回すことができません。

SEとしての業務に加えて、現地人が分かるよう、技術トピックをシンプルに噛み砕いて解説する能力も求められる大変なポジション。

立場も利害関係も異なる参加者の集う会議で、通訳をすると言うプレッシャー

大きな見返りがあるわけでもなく、長年続けていると「できて当然」としか評価されなくなる辛さもありますが、それでも「言語好き」には、コンピュータの話題にどっぷり浸かりつつ、外国語スキルも活用できる、やり甲斐たっぷりの仕事であることに変わりません。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ちょいグローバル話

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.