台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

【ダイエットは明日から】危機的カロリーの「夜おやつ」ハシゴ歩き。ベトナム避暑地・ダラットの夕べ

投稿日:2018年7月28日 更新日:

はじめに:きっかけは、ベトナム人大学生グループとの出会い

ゲストハウスで仲良くなったベトナム大学生グループに誘われ、「夜おやつ」を楽しむ食べ歩きに参加。

一回りほど年下の若者グループに混じることは、一種の気恥ずかしさを伴うものであったが、現地事情を熟知したベトナム人と出歩くからこそ得られた、ダラット夕べの「食べ歩き」体験

日没後の「スアンフーン湖」

日没後の「スアンフーン湖」

ガイドブックにはない、素晴らしきベトナム食体験について情報発信したい。

避暑地の夕べで楽しむ「夜おやつ」体験レポート

涼しさの風にも、「クオリティ」があると思う。

フィリピンやタイなど、東南アジアのショッピングモールでは、暴力的風速でガンガン冷房がかかっている。現地民にとっては「おもてなし」だという涼しさも、長時間あびつづけると体調不良にもつながる、「安っぽい」涼しさの典型例である。

ここダラットは、最上級クオリティの涼しさ

寒さに敏感なベトナム人は「上着」着用

寒さに敏感なベトナム人は「上着」着用

日中に降り注いだ太陽の地熱がホンノリ残る中、高原独特のそよ風が、肌をなでてくれる。

絶妙バランスで保たれる、暑さ、涼しさの「配合」こそ、ダラットの魅力だと思う。

アジ吉
日没後は、街が真っ暗になる「片田舎」なのかも……

「ベトナム随一の避暑地」ダラットへやってくる前は、そんなイメージを持っていた。

ナイトライフも充実

ナイトライフも充実

いざやって来てみて分かったのは、すっかり観光地化(欧米化?)され、日没後も街が眠ることのない【元気な都市】だった。

ちょっと中心地を離れると「片田舎」というイメージは正しい。

路地に入ると、素朴なベトナムの街並に

路地に入ると、素朴なベトナムの街並に

これはダラットに限ったことではなく、ホーチミンやハノイなどの大都市についても言えることである。

ピザ専門店「Vuong Pizza」|ピザ屋が乱立気味のダラットでも人気の「一軒」

まずやって来たのは、「Vuong Pizza」というピザ専門店。ダラットはピザ専門店が乱立気味なのだが、そんな中でもダントツの人気を誇る「一軒」だというから、期待が高まる。

「おじさん」としては、ビールでスタートしたいところだったが、まだ社会に出る前の若者たちは皆、ジュースばかり注文している。大慌てで周囲のチョイスに合わせ、「皮むきレモンのジュース」を注文。

レモンジュース

レモンジュース

(避暑地といえど)南国の街を歩いて、へとへとに疲れた体に、柑橘系のシャープな甘さが染み渡るビールにしなくて正解だったと思う美味しさ。

ハタチ前後の学生たちが選んだたけあり、肉肉したトッピングのピザたち

ピザ その1

ピザ その1

ピザの表面が覆い尽くされそうになるほど、肉という肉が、ちりばめられている。

ピザ その2

ピザ その2

すすめられるままにパクパク食べ、お腹が一杯になったアジ吉だが、まさかこの後、「ハシゴ先」があるとは夢にも思っていなかった。

ベトナム人はやせた人が多いので、そんなに食べられないだろうと高をくくっていたのだが、とんだ誤算だったのだ。

路上のパン屋へ|ベトナムの深遠なるパン文化。あったか豆乳に浸すパンが絶妙

フランス植民地時代の影響で、パン文化が根付いたベトナム

ピザ屋を出てから向かった「ハシゴ先」は、徒歩五分ほどにある、路上のパン屋

「ミニチュア」と皮肉りたくなるほど小さな椅子に腰掛けるやつだ。

夜遅くでも、にぎわっている

夜遅くでも、にぎわっている

小柄なベトナム人ならよいのだが、外国人観光客だと、「ヤンキー座り」の格好になってしまうが、突っ立っているわけにもいかないので着席。たちまち「和式トイレ」のポーズ

次から次へと客が押し掛けにぎわっているが、店はおばさん一人で切り盛りしている。

「店主」のおばさん

「店主」のおばさん

おばさん一人でも店が回っているのは、食べ物を受け取るのも、食べ終わった食器を返却するのも、客がセルフサービスで行っているからだった。

トウモロコシで甘みを出した豆乳に、パンをちぎって、浸して食べるのが【現地流】の楽しみ方。

パン、トウモロコシ豆乳

パン、トウモロコシ豆乳

ダラットの夜は、「寒い」と「涼しい」の真ん中。温かいものを流し込むとホッとする気温だ。

ちなみに、食べ切れなかった(手付けずの)パンが3つあった。

なんと、ここでは「返品」がきくらしく、屋台のおばさんへ返しに行ってた。ひょっとすると、自分たちが食べたパンも、誰かが「返品」したアイテムという可能性があるのかも知れない。

日没後のダラット散歩

日はすっかり沈み、夕暮れのダラットは、夜の雰囲気に。

あかあかとした街灯

あかあかとした街灯

ベトナムの祝日シーズンということもあり、どこの店も大勢の客で賑わいをみせている。

ベトナムにおけるビール文化の浸透度は、アジアトップクラス。あちこちから乾杯をあげる楽しげな声が響いている。

ビールと鍋を楽しむ人々

ビールと鍋を楽しむ人々

ストリートの両脇にならぶ個人商店。

風景の「カラフル感」は、ベトナム街歩きの醍醐味でもあると思う。

ベトナムの「カラフル感」

ベトナムの「カラフル感」

ときたま見かける、個性的な置物を観察するのも楽しい。

ガッツポーズの仏像

ガッツポーズの仏像

たっぷり食べ歩きを楽しんだ後、一時間ほどゆっくり散歩。

ホーチミンだと、汗だくになるところだったが、涼しい気候のダラットでは、(坂道をふくむ)わりとガッツリめの散歩でも、一滴も汗が出なかった

宿に戻っても夜食タイム

ゲストハウスに戻ると、驚いたことに、大学生連中はいつの間にか「夜食」を買って帰っていたことを知った。あれだけたらふく食べておきながら、みんな、談話スペースに腰掛けて、弁当を開け始めるではないか。

アジ吉
さすがは大学生……無限の食欲。。。

感心していると、なんと、アジ吉の分までちゃんと買ってくれているという。ベトナム人の親切さにほろっと来てしまった

夜食セット

夜食セット

もち米を肉や野菜といただく弁当、チーズ風味のヨーグルト、豆乳をセット。

弁当は、少々パサパサ気味のもち米に、ジューシーな肉、ほんのり塩味のきいた汁のかかった野菜を「重ね食い」すると、大変な幸福感の得られる味わいだった。

「間食」というレベルを超えたガッツリ感

「間食」というレベルを超えたガッツリ感

残念ながら、この弁当をどこで買い求めたのか、なんというメニュー名称なのか知らないため、もう二度と出会えない「一期一会」の味ではあるが、本当に美味しかった。

最初は「みんなよく食べるわ」と感心していたのに、いつの間にか、自分もあっさり完食してしまっていたアジ吉。

まとめ:結局、ぜんぶ大学生グループにオゴってもらった

物価の安いベトナムにおいても、地方都市ダラットは、特に物価が安い

物価の安さに、ホーチミンからやってきた彼ら・彼女らの「サイフのヒモ」も緩んだのか、出費をいっさい惜しむようすもなく、しかも、アジ吉の分まで全部おごってくれた。

ベトナム人の親切さに振れ、ベトナムのことがますます好きになる体験だった。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ 1

目次1 はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事情2 まるで「紅白玉入れ」の様相。台湾の無慈悲なゴミ回収システム3 まとめ:もはや【迷宮入り】と思われる難案件3.1 追記(2018年7月16日) はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事 ...

武器を持つカミサマ 2

目次1 はじめに:台湾旅行必須のアクティビティ、「廟めぐり」を120%楽しんでみる2 台湾のカミサマをとりまく生活環境2.1 台湾のカミサマ住宅事情2.2 設置ポジションで分かる、カミサマ・カースト3 まとめ:同居は大丈夫だけど、上下関係は ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.