ちょいグローバル話

海外オフショア開発。なかなか人材育成が進まない海外子会社と、いつまでたっても仕様説明が下手くそな本社。寄り添う道はあるのか?

投稿日:

こんにちは。

日々、オフショア開発と向き合う筆者です。

具体的には、海外子会社の情シス部門を活用しながら、グローバルに展開されるシステム開発を推進するという業務を十年以上、担当しています。

一時期は、数年間現地に駐在し、帰国後の現在では、電話と遠隔ホワイトボードを使いながら、現地との連携を重ねています。

日々、ありえない事件の連続で、オフショア開発ネタだけでも文庫本数冊くらいの小説を書けるかと思うほど、笑いあり、涙ありの日々を送っています。

本記事では、オフショア開発としてありがちな、日本側と海外側、それぞれに潜む弱点の典型例と言えるケースをご紹介しながら、日本人として、この状況を改善するために必要な心構えを綴っています。

悪いのは海外子会社だけではない。本社は「お前がいうな!」と思われていないか?

お金を払って仕事を発注する立場にある日本側(本社)からすると、考え方も、スピードも違っている海外を相手にするのは、なにかと不満が膨れやすいのは事実。

お金を払ったら、それに見合う対価を受け取れるというのは、資本社会では当たり前のはずですが、オフショア開発という異次元世界では、その常識も通用しません。

具体的には、納品された設計書やソースファイルを開けてみれば、日本人のきめ細やかな視点でみれば、「穴だらけ」ということも少なくありません。

ここで怒ってはいけないのですが、海外子会社にも、彼ら彼女らの言い分があるのです。

■よくある海外子会社の「言い分」 

  • 本社の仕様説明が曖昧だったので、どうとでも解釈できた
  • 本社から指示がなかったので、自分たちが一番いいと思う方法で取り組んでみた

いずれも事実であり、本社の情報発信スキルが不足しているゆえに起きた問題です。

とは言え、一から十まで説明するような時間があれば、業務発注しなくとも、自分たちの手で、その仕事を終えてしまうことができます。

仕方なしに、現実的アプローチとして、事細かくレビューを実施し、途中で軌道修正を何度もかけ直すという業務フローを策定している次第です。

レビューを通じて成長しなければならないのは、本社と海外子会社の両者であり、本社は説明スキル、海外子会社は(本社のニーズの背景について)感知するスキルを高めるよう、日々トレーニングです。

石ころを積み重ねて作った山を、また壊されるという気持ち

こうしてコツコツ、本社と海外子会社が両輪となり、地道に推進した取り組みも、ある日、突然、ゼロからやり直す羽目になることがあります。

それは、海外子会社における離職問題です。

せっかく手塩にかけて育てたスタッフが離職すると、それまでに費やした時間やノウハウが、大きく損なわれてしまいます ── 離職したのが、エース級のスタッフなら、なおさらです。

若い頃は、離職者が出るたびに、日本人である自分のモチベーションは大きく下がっていましたが、現在では心の切り替えも早くなり、いつ誰に離職されてもダメージを最小限にとどめられる業務フローの開発に注力するようになりました。

少しずつではありますが、オフショア開発のプロセスもレベルアップし、人材育成スピードも上がっていることから、手応えは感じています。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ちょいグローバル話

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.