台湾 旅のテクニック

桃園空港(台北)にあるプラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)で、【朝食メニュー】四種類を全部ためしてみた

投稿日:2018年3月26日 更新日:

プラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)で提供される「朝食メニュー」が知りたい方に、読んで欲しい

台湾旅行がやってくる

台湾旅行がやってくる

本記事は、桃園空港(台北)にある、プラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)で提供される朝食メニューについて、現地調査を行ったものである。

以下のような方へ参考になる記事内容である。

  • 「桃園空港を朝に出発するフライトに搭乗する予定。プライオリティ・パスで入場可能なラウンジで、どんな朝食が提供されているかを知りたい!」
  • 朝食の味がどんなクオリティなのか、他者のレビューを参考にしてから、空港でメニューを選びたい」

なお、ラウンジへの行き方、営業時間といった解説コンテンツについては、本記事のスコープには含めない。

「プラザプレミアムラウンジ 桃園」でググって、他サイトを参考にして欲しい

大混雑の桃園空港、ラウンジ入室は搭乗時間三十分前。食べるための「タイムリミット」は二十分間

ラウンジ入室は、搭乗時間の三十分前! ちょっとギリギリ

ラウンジ入室は、搭乗時間の三十分前! ちょっとギリギリ

チェックインカウンターが大混雑していたせいで、ラウンジ入室できたのは、搭乗時間の三十分前

搭乗口へ移動する時間を考えると、実質、ラウンジ利用可能時間、つまり「タイムリミット」は二十分程度ということだ。

持ち時間は少ないが、どこまで朝食メニューを堪能できるか、チャレンジしてみたい。

ビュッフェ方式による提供メニュー(五種類)

幸いにも、ラウンジ内はガラガラ。

すかさず、料理コーナーに目をやる

単品料理5種類は、ビュッフェ方式で提供されている

単品料理5種類は、ビュッフェ方式で提供されている

ビュッフェ方式の料理としては、以下のようなラインナップ。

  • 茶葉蛋
  • 韓国風のキムチと餅
  • 野菜の炒めもの
  • 豚肉団子
  • ポテトの炒め物

調理後もヒーターで加熱されており、アツアツではなくても、ヌクヌク程度の温度はある模様。

全品ためしたいところだが、時間がないので、ビュッフェ方式の料理にかんしては、豚肉団子だけ試食しておしまい

豚肉団子のクオリティは、台北市街地に出店しているような専門店とは張り合えないが、機内食よりはだんぜん美味しいといったクオリティ。

カウンターでのオーダー方式による提供メニュー(四種類)

「本命」はこちら。キッチンスタッフが、その場で注文を受けて調理してくれる料理四品

「本命」はこちら。キッチンスタッフが、その場で注文を受けて調理してくれる料理四品

さて、本日の「本命」でもある、カウンターでのオーダー方式による朝食メニュー

ビュッフェ方式は、いつでも取れるという便利さはあるが、どうしても、「出来立てホカホカ」感が不足。せっかくラウンジへやって来たからには、カウンターでのオーダー方式による提供料理を試したいところ。

カウンターで提供されている直食メニューは、四種類

どれを注文しようが、何杯おかわりしようが、完全に無料というのが素晴らしい。

ラウンジ「タイムリミット」が二十分という制約もあり、とりあえず二品オーダーし、時間に余裕があれば、残りの二品もオーダーするという戦法に出た。

  • 台式牛肉麺
  • 台式肉燥飯
  • 薬燉素麺
  • 地瓜稀飯
  1. 【第1弾】として、「台式牛肉麺」と「地瓜稀飯」を最初にトライする。
  2. 時間がゆるせば、【第2弾】として「台式肉燥飯」と「薬燉素麺」を追加でトライする

という作戦だ。

結論を先に書くと、この作戦は大成功で、二十分という限られた制約のなかで、四種類のメニューを制覇することができた

ちなみに、調理時間はだいたい三分間くらい

さすが空港ラウンジという特性もあり、スピード調理できるような業務マニュアルが揃っているのだろう

料理ができあがったら、この「ポケベル」チックな端末が光と音で知らせてくれる

料理ができあがったら、この「ポケベル」チックな端末が光と音で知らせてくれる

オーダーとひきかえに、ポケベルのように音と光で通知してくれる端末を手渡される

けっこう爆音で鳴るから、最初は驚いてしまった。

ダントツ王者は「台式牛肉麺」

結論から書くと、一番おいしかったのは、最初にオーダーした「台式牛肉麺」。

牛肉麺。崩壊寸前にまで煮込まれた牛肉塊が最高に美味

牛肉麺。崩壊寸前にまで煮込まれた牛肉塊が最高に美味

無料と言われても、もはや信用不可能な上質クオリティの牛肉が、素晴らしかった。

崩壊寸前の柔らかさだが、適度に歯ごたえの残った牛肉塊が、もう、最高。太く、コシのしっかりした麺をからめていただくと、台湾に来て本当に良かったと喜びを感じた。

記事執筆から一ヶ月後、ラウンジを再訪して「台式牛肉麺」をオーダーしてみたら、肉のサイズが小さくなっていた。また、肉そのものの味も落ちたと感じた。無料だから仕方ないのかも知れないが、もう少し、クオリティを安定させて欲しい……と文句は書いてみたが、やはり無料でこれだけのものが提供できるって、素晴らしいことだと思う

この牛肉麺は、ぜひ一人でも多くの人に味わってほしいと思った

この牛肉麺は、ぜひ一人でも多くの人に味わってほしいと思った

その他の料理

「地瓜稀飯」

「地瓜稀飯」

「地瓜稀飯」は、スイートポテト入りの粥。

個人的には、「水臭さ」さえ感じてしまいそうなくらい、あっさりしすぎているという感想を持った。

ひょっとしたら、醤油とかをかけて味わう料理なのかも知れないが、調味料を使って「水臭さ」が解消されたとしても、ゆがき加減、具材の増量など、美味しいと言えるまでには、他にもいろいろ改善の余地がありそう

無料で食べさせてもらっておいて文句は書けないけれど、ちょっと不発

「薬燉素麺」

「薬燉素麺」

「薬燉素麺」は、牛肉麺へ、牛肉のかわりに野菜を入れた麺料理

実際、一品目に注文した牛肉麺と比べ、具以外(麺、スープ……)は、まったく同じだと思った。

写真中央の「肉片」に見える物体は、口にして見ると、大きな椎茸であることが判明。

牛肉よりは野菜が良いという方は、こちらをオーダーすれば良いかとおもう。

しめくくりに「台式肉燥飯」

「台式肉燥飯」

「台式肉燥飯」

これが、ナンバー2ともいえるアタリメニューだった。

名前は違うが、魯肉飯(ルーロンファン)とほぼ一緒の料理

よく煮込まれた豚肉ミンチが、あつあつ白米の上に、そぼろ状となって、ふりかけられている。

ほどよく脂肪のついた豚肉が、口の中へシアワセを配達してくれる。

台湾旅行「最後の一品」として、見事トリを飾ってくれた。

四品ぜんぶたいらげて、iPhoneの時計を見れば、「タイムリミット」の二十分を使い切って、搭乗時間まで、残り十分

もういっぱいだけ「台式牛肉麺」をおかわりしていきたいところだったが、搭乗に遅れると帰国できないリスクも生じるので、なくなく断念。

結論:桃園空港のプラザ・プレミアム・ラウンジでの朝食の楽しみ方「王道」とは?

ゆっくり味を楽しむことなく、ガツガツ食べてしまったのは、少々もったいない気もするが、オススメは、「台式牛肉麺」をまっさきにオーダーしよう

それから、残り時間、胃袋のスペースに相談しつつ、二品目としては「台式肉燥飯」をオーダーするのが良い。

もちろん、食欲がある場合は、「台式牛肉麺」と「台式肉燥飯」を同時オーダーするのもアリだ。

搭乗時刻ぎりぎりまで食べすぎて、フライトに乗り遅れないよう、注意しよう

それでは、美味しい旅を!

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、この弱小ブログをより多くの方へ知っていただけるキッカケとなり、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

京劇メイク 1

目次1 プロローグ1.1 友人から「招待状」。平日のすごい時間帯に開催される台湾のお祭り1.2 台湾人でも勘違いした「僅差」ちがいの廟。ハプニングから一日開始2 ぶっとんだ神様たち2.1 やんちゃな神様「哪吒三太子」。特技はテクノ音楽ダンス ...

蓮の花を撮ってみた 1 2

目次1 泣く子も黙る「夏の台湾」がやって来る2 台北植物園2.1 園内図と注意事項2.2 一部エリアには「開放時間」の設定も2.3 「最高クオリティ」の木陰、ここにあり2.4 「健康増進中なう」の地元っ子たち2.5 珍植物たちを愛でる2.6 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

ここは本当に、大都会バンコク? 6

目次1 「未開の地」バンナー上陸2 バンナーへ来るきっかけとなった、カオサンでの会話3 旅人、ときどき、ツアー開発企画担当4 本邦初公開!? バンクラチャオへの詳細アクセス情報!!5 バンナーから、ボート経由で、チャオプラヤ川の対岸「バンク ...

夕食でもブンチャーを注文 7

目次1 レストランは、石橋のように叩いて渡れ!?2 絶大な信頼感を持てるハノイのレストラン3 空腹は最高の「調味料」、ハノイまち歩き(前半)4 空腹は最高の「調味料」、ハノイまち歩き(後半)5 「最高の調味料」を得て、「最高のレストラン」へ ...

-台湾, 旅のテクニック
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.