ハノイ

ハノイのオススメおやつ。地元で人気の揚げ物専門店「Quan Goc Da」でビールに最高のおつまみを満喫

投稿日:

南国ベトナムでも、朝夕は冷んやりする都市、ハノイ。

だからこそ、ハノイでは鍋料理の文化は大変盛り上がっているのだろうし、暖かいものを口にしたい人々の願いは切実だ。

そんなハノイで、セント・ジョセフ教会から徒歩三十秒という至近距離に、アツアツの揚げ物スナックを扱うお店がある。

「セント・ジョセフ教会」

「セント・ジョセフ教会」

教会前の銅像

教会前の銅像

大きな教会の「お膝元」という立地条件も手伝ってか、いつ来ても、地元っ子でにぎわいを見せる。

こじんまりとした店舗のため、店頭(店先)で調理している。

息が白くなるほど冷んやりとした屋外で、アツアツの揚げ物を調理する ── これほど効果的な宣伝はないと思う。

店頭で調理している

店頭で調理している

実際、最初は「買い食い」予定がなかった通行人も、ハートを鷲掴みにされ、次々お買い上げする光景が繰り広げられるのであった。

こんな「トラップ」が帰宅途中にあるのは、ハノイの人々も大変だなぁと同情

店頭キッチン「トラップ」にひっかかる人々

店頭キッチン「トラップ」にひっかかる人々

最初は同情していた筆者も、まんまと、トラップに引っかかる ── ミイラ取りがなんちゃらというやつである。

タイミングよく店内が空いているのを目ざとく発見し、そのまま吸い込まれるように入店。

店内の様子

店内の様子

店内メニュー

店内メニュー

外国人客も多く訪問するのか、店内メニューには、英語が併記されており、分かりやすい。

店内といえど、窓もドアも全開状態なので、実質、屋外で食べているようなものである。

ハノイの朝は、ひんやり

ハノイの朝は、ひんやり

調理場では、次から次へと揚げたての品物がトレイに並べられていくのだが、できあがる以上のスピードで売れていくから、増えるどころか減っていく様子を見るのは愉快だった。

ハサミでカットしてくれる

ハサミでカットしてくれる

どうせならアツアツのものが食べたいと思い、揚げたてのものを指差したら、テーブルまで持ってきて、その場でハサミを入れてくれる。

たっぷりハーブ

たっぷりハーブ

ベトナム名物、まるで観葉植物のような、もっさりハーブも健在。

これにビールを合わせて、白昼からできあがれるという背徳感・幸福感がたまらない。

Banh goi

Banh goi

一品目は「Banh goi」

英語ではPillow Cake(枕型ケーキ)というが、その名の通り、枕のような形状をしている。

Banh goiの断面

Banh goiの断面

春雨を短く切ったものと、細かな肉片が、カリカリの殻に包まれた一品だが、なによりもイイのは、食べやすいよう、一口サイズに切ってくれている点 ── ビールも、揚げ物も、進んで進んで困ってしまう。

そのまま突入した二品目は「Banh tom」という、エビ天のようなシロモノで、カリカリのエビが最高。

Banh tom

Banh tom

唯一残念なのは、大間晦日の今日、日本からどん兵衛のそばを買ってこなかった点である ── 上に乗せて食べたら、まちがいなく、絶対に美味しい

三品目は「Banh ran ngot」という、ゴマのまぶされた団子。

Banh ran ngot

Banh ran ngot

中身は、甘いポテトのようなコーンのような味のする、とろとろコロッケみたいな味わいで、もう昇天。

美食レストランが鈴なりになって営業しているハノイでは、いくら胃袋があっても足りない。

そのような中、このお店のように「ひとくちでサクッと」気軽に楽しめるグルメは、貴重な存在といえよう。

ハノイ訪問の際は、食べ歩きルートで、ぜひ立ち寄ってみてはいかがだろう。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ハノイ

Copyright© アジアの何か。 , 2019 All Rights Reserved.