台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

Slow & Chill Coffee|チョコレート好きにはたまらない、ホーチミンのスイーツ系ドリンク専門店

投稿日:

はじめに:「スイーツ」事情の寂しいベトナムでも、探せば見つかる!?

嫉妬心が募りそうなほど、街中、旨いモンであふれかえっているベトナムだが、意外なことに、「スイーツ」事情は寂しい

地元民で人気の大衆レストランへ行っても、「スイーツ」メニューは【申し訳程度】に、チェーが提供されているだけ(しかも一種類だけ……)というのも珍しくない。

アジ吉
美食家の多いベトナムで、なぜ、ここまで「スイーツ」が盛り上がらないのか……

長年のギモンは、不思議であり残念であり、「スイーツ」さえ充実すれば、ベトナムグルメは非の打ち所がないのに……と思う。

本記事では、ホーチミンの観光地エリアでも、探してみれば【ちゃっかり見つかった】スイーツ店を、ご紹介する。

流行に敏感な若者が集まる、「ナウい」スイーツ店

高さ265メートル、地上68階の超高層ビル「Bitexco Financial Tower」

ヘリポートも備えた超高層ビル「Bitexco Financial Tower」

ヘリポートも備えた超高層ビル「Bitexco Financial Tower」

ここからすぐのグエンフエ(Nguyễn Huệ)通りに、いつの間にできたのだろうか、レストランのたくさん入居したアパートがある。

古い建物を使って、「オシャンティ」なカフェができるという流行は、万国共通なのかも知れない(日本でも、古民家がカフェに変身した例は、ちょくちょく見聞きする)。

その名も、「The Cafe Apartment」

レストランがたくさん入居したアパート

レストランがたくさん入居したアパート

本日ご紹介するスイーツ店は、このアパートの中ではなく、ここから徒歩三分ほどの距離にあり、やはり、こちらも別の古いアパートへ入居するカフェだった。

正直、立地は分かりづらいので、本記事の最後に載せた住所をGoogle Mapsに打ち込むなどして、見つけて欲しい。

けっこう分かりづらい立地

けっこう分かりづらい立地

古い建物の階段を上がったところに、店舗はある。

2018年が始まってから、かるく半年以上経つというのに、少し場違い感のある「2018」風船が飾り付けられた店内。

店内の様子

店内の様子

客層は、大学生くらいのベトナム人たちが中心で、スターバックスへ行くお金はないが、どこかでマッタリしたいという消費者をターゲットにしているのかも知れない。

若い女性スタッフひとりで、切り盛りしている様子。

キッチン

キッチン

メニューは、ドリンクが中心。

メニュー

メニュー

壁には写真付きのメニューも貼られているので、文字だけではイメージできなければ、こちらも参照したい。

メニュー(写真付き)

メニュー(写真付き)

キッチンのショーケースには、コップが冷蔵されている。

どのコップも、蓋の部分に黒っぽいものがあり、「変わったデザインだなぁ」と思ったが……

コップの淵にチョコレートを塗って、凍らせる

コップの淵にチョコレートを塗って、凍らせる

実はこれ、淵に凍り付けられたチョコレートであり、ドリンクを楽しみながら、楽しめるというアイデア。

入店してからやっと、この店の看板メニューは、チョコレートを楽しめながら味わえるドリンクだと分かったが、もう少し積極的に宣伝アピールした方が良いと思う。

アジ吉
どうせなら、チョコレートの魅力を存分に楽しめるメニューを選ぼう

そう思って、チョコ系メニューの中でも【チョコ火山】というネーミングが気になった「チョコレート・ボルケーノ」をオーダー。

「チョコレート・ボルケーノ」

「チョコレート・ボルケーノ」

コップの淵に凍り付けられたチョコレート、コップの中に注がれたチョコレートドリンク、そして、フワフワのチョコレートボールがドリンクに投入されているという、夢のようなコラボレーション

ただ、人によっては、甘ったるさだけでは疲れてしまうこともあるだろう。

そんな場合もご心配なく。

ドリンク中心ではあるが、パン系のメニューもあり、アジ吉は「サンドウィッチ・ピザ」をチョイス。

「サンドウィッチ・ピザ」

「サンドウィッチ・ピザ」

調理には時間がかかることもある(この日は二十分ほど待たされた)ので、注文するなら、余裕を持って来店したい。

キッチンから、電子レンジの音が「チーン」と鳴ったのは、若干、気分がさめたが、味はイケていた。

プリップリのソーセージ

プリップリのソーセージ

チョコレートで甘ったるくなった口の中に、ほどよい塩加減、プリップリ食感のソーセージを放り込むのは、至福のひととき。

まとめ:住所、営業時間など

ホーチミン観光の中心、ベンタイン市場から徒歩距離内にあるので、プランへ組み入れることを検討されてはいかがだろうか。

お店の住所や営業時間などは、以下を参照。

店名 Slow & Chill Coffee
住所 90 Nguyễn Huệ, Quận 1, TP.HCM
営業時間 09:30-22:00

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

てへぺろ? 1

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

2

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 3

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 4

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

5

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 6

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 7

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

8

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-ベトナム
-

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.