台湾

台北・公館(ゴングァン)の観光|かき氷、豆花など、絶大な自信を持ってオススメできるグルメ情報

投稿日:2018年4月6日 更新日:

台北・公館(ゴングァン)|「台一牛奶大王」、学生街で五十年愛され続けてきた老舗スイーツ店へ

台湾大学のお膝元、公館駅ちかくで五十年近くにわたって営業する老舗。

その名を「台一牛奶大王」という。

台湾人の友人が「是非とも、アジ吉に食べさせてみたい」と言うので、ついて来た。

ここだよ。おすすめのスイーツ専門店
友人

アジ吉
まじで? なんか、店名が、牛丼チェーン店っぽいんだが

いやいや。まぁ、ダマされたと思って
友人

学生街の公館にて創業五十年の老舗スイーツ店「台一牛奶大王」

学生街の公館にて創業五十年の老舗スイーツ店「台一牛奶大王」

店名に「牛」が入っていたり、「大王」が語尾につくあたり、牛丼など、なにか「ガッツリ食べる系」のものを提供するチェーン店を連想しそうにもなる。

ましてや、毛筆体っぽいフォントの漢字で書かれているので、甘〜いスイーツという雰囲気が全然しない

まさか、ここがスイーツ専門店であるなんて、友人に連れてこられるまで、気づかなかっただろう。

アジ吉
スイーツ専門店なのに「大王」って、ちょまwww

まぁ、あの「バーガーキング」だって、ここ「大王」と、いいとこ勝負のネーミングで営業しておきながら、扱っているものはハンバーガーだし、ノリ的には、同類項なのだろう。

天井にもデカデカとメニューが書かれている

天井にもデカデカとメニューが書かれている

入店するなり、びっくり。

メニュー(の一部)が天井に掲載されている。

アジ吉は、テーブルをゲットしといて。こっちはカウンターに並んでオーダーしとくから
友人

アジ吉
お……おぉ

空席を見つけるもの難しい店内

空席を見つけるもの難しい店内

テーブル確保のお鉢が回ってきたけれど、これが、日本人には、なかなか難しい

  • 日本のレストラン 大変合理的な「順番待ちシステム」ができあがっていて、店員の案内を待てば、確実にテーブルをゲットできる
  • 台湾の飲食店 少しカオスであり、テーブルを見つけるのは、基本、お客が自分自身で解決するタスクというのが一般常識である

台湾の人気店では、よっぽど運がよくないかぎり、入店と同時にテーブルをゲットすることは難しい

しかも、空席をゲットする「責任」は、店側ではなく、客側にある

多くは、「どの客の食事が一番先に終わりそうか」を、皿上の残量を確認しながら、「ターゲット」を設定することになる。

ところが、この日は大変ラッキーだったようで、入店したら、視界に入ったそこのテーブルが、たった一つ空いていたのだ

テーブルの上は、前の客が食べ散らかしたアズキやら、氷やらが散らばっている。

日本だったら、お客様アンケートで苦言を寄せる人も出てくるレベルだが、ここは日本ではないので、気にしない。そのうち店員さんが近くを通り過ぎるので、そのときに声をかけたら、キレイに拭き取ってもらえる。

バナナとヨーグルトのかき氷「香蕉奶酪牛奶冰」

バナナとヨーグルトのかき氷「香蕉奶酪牛奶冰」

アジ吉
なにそれ、超ウマそうじゃん

「バナナとヨーグルトのかき氷」さ
友人

長蛇の列ができる注文カウンターから「戦利品」を手に、友人が戻ってきた。

バナナとヨーグルトのかき氷「香蕉奶酪牛奶冰」。

「練乳」のような、白くてドロドロした、甘いクリームがかけられている。これを、氷とかき混ぜて希釈することによって、ちょうど良い甘さにアジャストされる仕掛けになっている。

素晴らしいのは、バナナとヨーグルトが氷の上にちりばめられており、この味や食感が、かき氷へ小気味良いアクセントを加え、全体として完成度の高い氷菓子へと仕上がっていること

食べてみて、なるほど、こう来たか!という感じ。

ちなみに、台湾のかき氷は、ボリュームがかなり多め

この一品だって、お皿にこんもり盛られているが、なんと、一人前。

確かに、周囲のテーブルを見渡すと、女子大生風のコでも、ひとり一皿を平らげている。日本の夜店で売られる「かき氷」の、三倍くらいのボリュームがあるというのに、台湾へ来るたび、毎回おったまげてしまう。

「吃湯圓慶團圓」と書かれているが……

「吃湯圓慶團圓」と書かれているが……

ちなみに、こちらのお店、「温かいスイーツ」も提供している。

「おしるこ」に似たスイーツ、「湯円」はその代表メニューで、店内には「吃湯圓慶團圓」と書かれている。

アジ吉
「吃湯圓慶團圓」って、どういう意味なん?

「みんなで湯円を食べれば、(いつも離ればなれの人たちとも)みんなで集まることができる」という意味とのこと
友人

アジ吉
ほぉぉぉぉん(感心)

日本語でも、人が集まることを「人の輪」と表現することはある。

人の輪「輪」が、湯円「円」と類似していることを考えると、なんとなく理解できる。

店名 台一牛奶大王
住所 台北市新生南路三段82号
営業時間 11:00~24:00

台北・公館(ゴングァン)|「龍潭豆花」、店頭メニューが一種類だけのスイーツ店。シンプルさを追求した先にある美学

食後のデザートならぬ、「デザート後のデザート」を食べようと思った。

ハシゴ先としてやってきたのは、台湾のおなじみスイーツ「豆花」の名門店

その名を「龍潭豆花」という。

メニューが一種類しかないため、注文は、「いくつ必要か?」、「温かいのか冷たいのか」を伝えるだけでよい

豆花専門店の「龍潭豆花」へ。メニューは一種類「豆花35元」のみ

豆花専門店の「龍潭豆花」へ。メニューは一種類「豆花35元」のみ

「シンプルさを追求した先にある美学」を感じる一品

「シンプルさを追求した先にある美学」を感じる一品

氷、シロップ、ピーナッツ、そして豆乳プリンが盛られた器。

歯ごたえが感じないほど柔らかく煮込まれたピーナッツ。

面白いのは、豆乳プリンの柔らかさが、(ピーナッツの柔らかさの)さらに一歩、上をゆくため、ピーナッツが相対的に「かたく」感じられ、本来ないはずの「歯ごたえ」があること。まるで、蜃気楼のような「実存しない歯ごたえ」を感じるのは、人生で初めて体験する、不思議な食感であった。

また、シロップの甘さは、あくまでも控えめ。

食後、口の中に、甘ったるさが残ることもないすっきり感も、店主の計算ずみだろう。

一種類しかないメニューのシンプルさとは裏腹に、その一品は、高度に工夫された「傑作」とも呼べるスイーツ

たった四つの具材で構成されるシンプルさとは裏腹に、さまざまな伏線の張りめぐらされた、奥深き氷菓子である。

店名 龍潭豆花
住所 台北市汀州路三段237号
営業時間 11:00~23:00・月曜日定休

台北・公館(ゴングァン)|「水源市場」で、絶品B級グルメを発見。「祥記」ブランド、シチューのようなとろとろスープのぶっかけご飯「燴飯(ホェファン)」

三件目もデザートにしようか迷ったあげく、今後は、ご飯ものを食べることにした。

やって来たのは、腹をすかせた学生の姿もちらほら見られる「水源市場」。

小吃(軽く食べられる台湾料理)を提供する店が多数入居する「水源市場」へ

小吃(軽く食べられる台湾料理)を提供する店が多数入居する「水源市場」へ

市場を歩くと、ひときわ人だかりのできるブースを発見。

ブース番号は62台湾のこういう小さい店にしては珍しくちゃんと店名があり「祥記」

アジ吉
うわ、この店すごい繁盛してる

そだね
友人

アジ吉
ここで並んで、食べよう!

……
友人

アジ吉
ここで並んで、食べよう!!

……正気か。。。まともに順番がまわってくる気がしないんだけど……他の店じゃ、だめ?
友人

アジ吉
ここで並んで、食べよう!!!

地元っ子が殺到して、ひときわ目立つ存在の「祥記」

地元っ子が殺到して、ひときわ目立つ存在の「祥記」

台湾人の友人ですら、ちょっとドン引きするくらいの人だかり。

きちんとした行列もないので、どこが「最後尾」かの判断もつかない

友人が躊躇した理由も分かる気がしたけれど、ここで食べないまま、日本へ帰国するわけにはいかない

アジ吉
頼むから、ここの店の料理、ゲットしてきてくれ。「一生に一回」のおねがいや!

……
友人

友人には申し訳ないけれど「料理ゲット担当」を無茶ぶりをしておき、自分はと言えば、「テーブル確保担当」を大義名分に、人だかりからコッソリ避難するアジ吉であった。

「祥記」のテーブルは、いつまで待っても空きそうにないので、お隣ブースのテーブルを借りるという作戦に変更

飲食店における「持ち込み」が幅広く容認されている台湾社会では、他店の料理を持ち込んでも、店員から嫌な顔をされることはない。もちろん、お隣ブースの料理も、きちんとオーダーするのが大前提だけども。

「祥記」のお隣にある総菜屋さん。笑顔にホッコリ癒される

「祥記」のお隣にある総菜屋さん。笑顔にホッコリ癒される

お隣のブースは、優しそうな笑顔の店員さんがいて、ほっこり

友人が「祥記」ブースで戦っている間、アジ吉は、比較的すいているこちらのブースで、ゆっくりリラックスしながら、料理オーダー

ここは「自助餐」と呼ばれる、いわばビュッフェスタイルの総菜屋であり、注文したい料理を指差すだけで良いので、中国語ができなくても、自分が食べたい料理を確実にゲットできる

いくつか総菜をいただくことに。オーダーは「指差し方式」だ

いくつか総菜をいただくことに。オーダーは「指差し方式」だ

アジ吉が「指止し」でゲットしてきた総菜たち。お店の人がキレイに盛りつけてくれるため、見栄えも美味しそう

アジ吉が「指止し」でゲットしてきた総菜たち。お店の人がキレイに盛りつけてくれるため、見栄えも美味しそう

アジ吉がちょうど、「指差し注文」を終え、会計を済ませたところで、友人がやってきた。

手には、しっかりと、「祥記」のロゴが入った「戦利品」が握られている。グッドジョブ!

相棒が「祥記」でゲットしてきた一品

相棒が「祥記」でゲットしてきた一品

三十分かけて、やっとゲットした「祥記」の弁当。

苦労をしたのは友人だけど、まるで、宝箱のように愛おしく思えてくるのであった。

まるで、買ってきたばかりの、高級スマホの外箱を開けるように、息を止めて開封。

シチューのようにトロトロの「燴飯」

シチューのようにトロトロの「燴飯」

「開封の儀」を経て、待ちこがれた「祥記」の小吃と、ご対面。

フタを開けてあらわれた小吃の名は「肉片滑蛋燴飯

「燴飯(ホェファン)」とは、熱々白米に、シチューのようにとろみがあるスープを乗せた、早い話が、「ぶっかけご飯」である。片栗粉を使っているのだろうか、よくかき混ぜないと、すぐ固まってしまうくらい、ドロドロしている。

鍋の後に楽しむ「おじや」や、あるいは、(肉、卵、ネギという)具材の組合せ的には「親子丼」とも近い。

日本にもあるようでなかった新しい料理を目の前に、気分はアガった。

実際の味わいも、「おじや」や「親子丼」といった見た目に近い、想像どおりの美味しさ

テーブルに広げられたご当地グルメに、気分もアガる

テーブルに広げられたご当地グルメに、気分もアガる

友人がゲットした「祥記」のぶっかけご飯、アジ吉のゲットした総菜屋の料理を、テーブルに並べると、それはゴージャスな食卓だった。

台湾人は、気分がアガったとき、(ザン)って言うよ
友人

アジ吉
ザン!

Facebookでいうところの「イイネ」だろうか、大充実の食卓に「ザン」を連呼するアジ吉。

日本円にすると、ビッグマックも買えないような安い夕食だが、この驚異的コスパで、質・量ともに胃袋が大満足できる食事を提供できるのは、「美食大国」台湾ならではの、懐の深さだと思った。

台北・公館(ゴングァン)|学生街を散策

台湾人は、ほんとうに並ぶのが大好き。隙あらば割り込む大陸の人々とは、対照的

台湾人は、ほんとうに並ぶのが大好き。隙あらば割り込む大陸の人々とは、対照的

台北ナンバーワンの繁華街「西門」に引けをとらないくらい、にぎわいを見せる公館。

道行く人々が、どうも、あかぬけないファッションで「素朴感」がするのは、ここが学生街であることに起因しているのかも知れない。

コンビニにて「青島ビール」をゲット

コンビニにて「青島ビール」をゲット

コンビニで購入した「青島ビール」を飲みながら、すっかり日も沈んだ公館の街を歩きつづける。

アジ吉
あ、あんなところに夜市が!

これは夜市じゃないよ。単なるマーケットかな
友人

アジ吉
よく見ると「公館創意跳蚤市場」って書いとるな。蚤の市、ってとこか

こちらは、夜市ではなく「市集」。フリーマーケットの夜バージョン

こちらは、夜市ではなく「市集」。フリーマーケットの夜バージョン

夜市はたくさん行ったことがあるけれど、「市集」は初めて。

ちょっくら、散策してみることに。

販売されているアイテムは、衣類が中心

販売されているアイテムは、衣類が中心

たしかに、店先で扱っているのは、食べ物ではなく、衣類や日常生活品が中心

店主も、学生風の若者が多く、身の回りのものを売却して「小遣い稼ぎ」といったところだろうか。

「公館」は個性ある街で、時間が許せば、もっとたくさんのスポットを体験・紹介してみたいところだが、今回のレポートはこれにていったん終わりとしよう。

かならず近いうちに「公館」を再訪し、「公館・続編」を執筆することになるだろうと確信しながら、ペンを置くアジ吉であった。

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、この弱小ブログをより多くの方へ知っていただけるキッカケとなり、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

京劇メイク 1

目次1 プロローグ1.1 友人から「招待状」。平日のすごい時間帯に開催される台湾のお祭り1.2 台湾人でも勘違いした「僅差」ちがいの廟。ハプニングから一日開始2 ぶっとんだ神様たち2.1 やんちゃな神様「哪吒三太子」。特技はテクノ音楽ダンス ...

蓮の花を撮ってみた 1 2

目次1 泣く子も黙る「夏の台湾」がやって来る2 台北植物園2.1 園内図と注意事項2.2 一部エリアには「開放時間」の設定も2.3 「最高クオリティ」の木陰、ここにあり2.4 「健康増進中なう」の地元っ子たち2.5 珍植物たちを愛でる2.6 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

ここは本当に、大都会バンコク? 6

目次1 「未開の地」バンナー上陸2 バンナーへ来るきっかけとなった、カオサンでの会話3 旅人、ときどき、ツアー開発企画担当4 本邦初公開!? バンクラチャオへの詳細アクセス情報!!5 バンナーから、ボート経由で、チャオプラヤ川の対岸「バンク ...

夕食でもブンチャーを注文 7

目次1 レストランは、石橋のように叩いて渡れ!?2 絶大な信頼感を持てるハノイのレストラン3 空腹は最高の「調味料」、ハノイまち歩き(前半)4 空腹は最高の「調味料」、ハノイまち歩き(後半)5 「最高の調味料」を得て、「最高のレストラン」へ ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.