1. 台湾

台湾麺線(新橋駅)|台湾へ行かなくても、日本国内で本場レベル以上の台湾料理を楽しむこともできる一軒をご紹介

投稿日:

いくら近場といえど、お金も時間もなければ、なかなか実現しにくい台湾旅行。

航空券の価格が高騰する連休シーズンとなれば、なおさらのこと。

ゴールデンウィークは十連休となり、台湾行きの航空券が往復で六万円以上という、あり得ないシチュエーションになったので、台湾旅行を断念した筆者。

本記事では、日本国内でも、本格的な台湾料理が楽しめる一軒をご紹介。

東京にあった、本番そのものの台湾料理店

台湾に行けないなら、国内にある実力派の台湾料理店を頼っちゃうというのも、大いにアリ (^o^ゞ

新橋駅(東京)から徒歩で行ける距離にあるのがこちら、台湾専門料理店の「台湾麺線」

「台湾麺線」

「台湾麺線」

店名から分かるように、麺線が看板メニューとなっている。

他のメニューも割りと充実しており、数日前に予約を入れれば、台湾の鍋料理を楽しむこともできる

台湾感たっぷりの店内

台湾感たっぷりの店内

「台湾感」たっぷりの店内は、台湾旅行をしているような臨場感を与えてくれるもの。

台湾マニアならツボのはず

台湾マニアならツボのはず

店内のスペースはさほど広くないが、それもある意味、台湾らしくて良い。

アットホームな雰囲気であり、「お一人様」もしやすい。

こじんまりとしているが、アットホームな雰囲気の店内

こじんまりとしているが、アットホームな雰囲気の店内

店内には、台湾の飲食店で漂う、あのなんとも言えない食欲をそそる香りが充満している。

ドリンクは台湾の品が揃っており、筆者は台湾ビールを注文。

台湾ビール

台湾ビール

麺線セットを注文。

麺線とルーローファンが定食セットになったようなメニュー。

麺線セット

麺線セット

口にした瞬間、台湾へワープした。

本番そのものの味であり、まさに、ドラえもんの「どこでもドア」を使って、本当に台湾へやった来て、そこで食べているとしか思えない。

トロットロの麺線

トロットロの麺線

ルーロンファンも、よくぞここまでクオリティの高い一品が日本国内で作れるものだと感動せざるを得ないレベル。

ルーロンファン

ルーロンファン

もはや、本場以上においしいかも。

麺線セットを平らげた後、鶏排を注文。

鶏排(特大)

鶏排(特大)

「ほんの出来心」で特大サイズをオーダーしたら、とてつもないボリュームに驚かされてしまった。

揚げたてホカホカの状態でテーブルに届けられ、まるで夜市を散歩しながら食べ歩いている気分になりそう。

店員さんも親切、ほっこりのランチ時間

記事中では紹介しなかったが、店員さんも親切で、フレンドリー

聞くところによると、マレーシアからやってきたのだとか。

台湾グルメを満喫し、店員さんとの楽しい会話もエンジョイ、台湾旅行でなかった寂しさは十分に晴らされた。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-1. 台湾

Copyright© アジアの何か。 , 2019 All Rights Reserved.