台北

台北旅行の初日や最終日など、あまり時間がない日にオススメのモデルコース。台北駅かいわいで、極上の鴨肉を堪能して、台湾漫画文化を体験|「後驛鵝肉店」、漫画基地「Anime Agora」

投稿日:2019年1月21日 更新日:

桃園空港から台北駅へ到着したのは、夕方も中盤になりかけた頃合いだった。

これから夜市へ繰り出すのも良かったが、100回以上も台北旅行をしていると、いまひとつ新鮮味に欠ける。

そんな中、台北駅かいわいにある「華陰街」へやって来たのは、台湾漫画文化を振興させるために、なにやら「オタクビル」みたいなものができたという噂を聞きつけてのことだった。

「華陰街」個人商店が密集する問屋街

もともとは問屋街として栄え、多くの個人商店が店を構えるエリアだが、飲食店も多い。

台北駅至近という、一等地でありながら、垢抜けない雰囲気の下町風景が残された一帯だ。

「華陰街」

「華陰街」

空中廊下で結ばれたビルディング

空中廊下で結ばれたビルディング

サングラスを掛けたワンコと遭遇して、ギョッ。

メガネわんこ(あえて白黒で、それっぽいムード表現)

メガネわんこ(あえて白黒で、それっぽいムード表現)

まさに食べ歩き天国

まさに食べ歩き天国

スルーしてしまうには、あまりにも魅惑的なB級グルメ天国のエリアでもある。

「オタクビル」を見学する前に、腹ごしらえとしよう。

「後驛鵝肉店」鴨肉も極上の、ガチョウ肉店

問屋街の脇道へ入った目立たない場所に、ひっそりと営業しているのが、こちら。

ガチョウ肉で有名な一軒。

「後驛鵝肉店」

「後驛鵝肉店」

いつ来ても、多くの地元客で賑わっている。

店内飲食はもちろんのこと、夕飯の一品とするため、持ち帰りの客も多い。

せまい店舗は、すぐ満席になってしまう

せまい店舗は、すぐ満席になってしまう

運良く席があいた

運良く席があいた

運良く、並ばず席に着くことができた。

ガチョウ肉を食べたいところだったが、400元もする ── 十日間ほど台湾に滞在するつもりだったので、初日からペースを飛ばし過ぎるのも、どうかと思った。

迷っている雰囲気が伝わったのか、店のおばさんは、鴨肉を勧めてくれた。

鴨肉なら150元から注文できるので、燻製で調理されたものをオーダー。

鴨肉(スモークされたもの)

鴨肉(スモークされたもの)

口にした鴨肉は、冷えている分、味が本当に、肉塊のド真ん中まで、よ〜く染み込んでいる。

まるでハムのように、ひきしまった「塩っぱさ」があり、スモークでつけられた味が、香草と完璧にあう。

小籠包のように「針ショウガ」が添えられているので、てっきり、なんかのタレにつけるのかと思っていたが、そのままいただく方式であった。

極上のプリプリ肉

極上のプリプリ肉

サイドディッシュとして麺もオーダー

サイドディッシュとして麺もオーダー

大阪よりは暖かい台北と言えど、十二月に、なればグーンと冷え込む。

35元で、暖かいスープ麺を追加オーダーして温まった。

漫画基地「Anime Agora」

この記事中では「オタクビル」と書いているが、実際に訪れてみて、「漫画基地」という正式名称があることを知った。

低迷気味の台湾漫画文化を盛り上げるため、台湾政府が主体的に計画して立ち上げたという拠点が、こちら。

漫画基地「Anime Agora」

漫画基地「Anime Agora」

新しい建築物にみえるが、実際には、築五十二年の建物をリノベーションしたもの ── 建物は四階建てになっており、それぞれのフロアにて、工夫を凝らした展示やイベントを楽しめるようになっている。

カタコトの中国語でスタッフと会話をしながら、まずは二階にあったカフェへ案内された。

メイド喫茶

メイド喫茶

台湾へやって来て、まさかのメイド喫茶(笑)。

期間限定かも知れないが、メイド喫茶では、ドリンクとデザートを無料で提供してもらえた。

ブラックコーヒーとカステラ(無料)

ブラックコーヒーとカステラ(無料)

アジ吉は、ブラックコーヒーとカステラを選択。

オーダーしたメニューが準備される間、ARと呼ばれる、最近流行している仮想世界体験技術を試させてもらえた。

AR(装置なし)

AR(装置なし)

AR(装置あり)

AR(装置あり)

装置を経由して周囲を見渡すと、目の前にいるはずのないアニメキャラクターが、あたかも存在するかのように視野へ飛び込んできた。

ブラックコーヒーとカステラをいただいた後、ひきつづき館内見学。

タッチパネル式の巨大スクリーン

タッチパネル式の巨大スクリーン

さすが世界有数の「電子機器大国」と感じさせられる展示内容 ── 巨大スクリーンはタッチパネル式になっており、訪問者が自由自在に、閲覧したい内容を切り替えられる仕組みになっている。

台湾の新進気鋭アーティストによるマンガ作品

台湾の新進気鋭アーティストによるマンガ作品

台湾の新進気鋭アーティストの作品も展示されている ── 数冊手にしてパラパラめくってみたが、「西門街」が舞台になっているなど、台湾っぽさがあって楽しい。

上の階には、レトロな雰囲気を再現した展示物が飾られていた。

蓄音機等が展示されている

蓄音機等が展示されている

館内の様子

館内の様子

レトロな雰囲気を再現した写真

レトロな雰囲気を再現した写真

壁に投影された文字アート

壁に投影された文字アート

すべての展示を見終えるのに、小一時間もあれば十分といった規模感。

台北駅かいわいは、だいたいのエリアを歩き慣れているという方には、ちょっとしたアクセントを旅の思い出に添えてくれそうなスポットだ。

まとめ:台北旅行の初日や最終日など、中途半端な観光時間しか確保できないときにオススメできるモデルコース

本記事でご紹介したモデルコースは、台北旅行の初日、あるいは最終日といった、まるまる一日を使えないが、中途半端に時間が余るというケースには、持ってこい。

次回の台湾訪問で、プランを決めかねている方は、是非、このモデルコースを参考にされてはいかがだろうか。

(おしまい)

ブログランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-台北
-, ,

Copyright© アジアの何か。 , 2019 All Rights Reserved.