台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

【もはや迷宮入り】台湾のゴミ収集車メロディ『エリーゼのために』を巡る諸説【永遠の謎】

投稿日:2018年7月12日 更新日:

はじめに:日台社会で大きく異なるゴミ捨て事情

日本のゴミ捨ては、町内会で定められた場所・曜日に、ゴミ袋を置いておくと、あとは回収してもらえる。これを当たり前と思っている人は、台湾のゴミ捨て事情について知ると、その考えを改めなおすキッカケになるかも知れない

何を隠そう台湾では、「日式」のように、路上へゴミ袋を置いておくことが許されていないのだ。日本ほど衛生管理の行き届いていない台湾の街では、ゴミ袋を路上に放置すると、たちまちネズミやゴキブリなどによって荒らされ、目も当てられない状態になるだろうから、不便ではあっても、致し方あるまい。

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ

「エリーゼのために」は台湾の国民的メロディ

本記事のタイトルにもなっているが、台湾のゴミ収集車は、『エリーゼのために』の電子音メロディを流しながら街へやって来て、付近住民にその【存在】を知らしめる。ベートーベン作曲のロマンチックなピアノ作品も、台湾の人々には【ゴミ回収の歌】として記憶されているのだ。

なぜ『エリーゼのために』が選ばれたかには、諸説ある。

■台湾のゴミ回収車のメロディが、なぜ『エリーゼのために』であるかの諸説

  • 当時、台湾政府が採用したゴミ収集車がドイツ製だったことから、ドイツの作曲家であるベートーベンの曲を採用した
  • 当時、台湾の環境保護局のトップが練習していたピアノ曲が『エリーゼのために』だったから

どちらの説についても、当局からの公式コメントはないため、真相は定かでない。

ちなみに『乙女の祈り』を鳴らすゴミ収集車も存在し、こちらの作曲家バダジェフスカはポーランド人であるため、「ゴミ収集車がドイツ製だったから」説の信憑性は、ここでも揺らぐのである。

まるで「紅白玉入れ」の様相。台湾の無慈悲なゴミ回収システム

いちおう、ゴミ収集車は決まったスケジュール(特定の曜日・時間)でやって来るらしいが、日本の公共交通機関みたいに「分刻み」の精度を保証するものではない

「スケジュール」よりも早めにやって来る日があれば、その逆もあるだろう。『エリーゼのために』が聞こえたときに、たまたま運悪く、お腹をくだしてトイレの中にいたら、もう手遅れだろう。大急ぎで家から飛び出して、まるで「紅白玉入れ」のように、ゴミ袋を必死に投入する台湾の人々を見ていると、不憫ですらある。

ちなみに、高層マンションなどでは、敷地内に独自のゴミ廃棄ポストを保有していることが多く、いつでもゴミを捨てられる

集合住宅のほうが、ゴミは出しやすい

集合住宅のほうが、ゴミは出しやすい

ゴミ捨て問題に悩みたくない場合、台湾での不動産選びにおいては、「ゴミ廃棄ポスト」の有無は、必ず確認すべきポイントになると思う。

まとめ:もはや【迷宮入り】と思われる難案件

台湾のゴミ収集車が『エリーゼのために』を鳴らして走るシーンは有名だが、その「選曲」背景については、複数の知人(台湾人)に尋ねても、具体的な情報を得ることができずじまいという無念な結果に。

もし、読者の方で『エリーゼのために』や『乙女の祈り』が選曲された裏エピソードをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非とも教えてください (^_^;

追記(2018年7月16日)

Twitterアカウント経由で、本ブログの記事を閲覧された「汎汎/ふぁん」さんから、以下の情報提供いただきました。

  • ピアノの練習をしていたのは、環境保護局のトップではなく、その娘さんであること
  • ピアノの練習曲は『エリーゼのために』と『乙女の祈り』の二説があるが、『乙女の祈り』が可能性濃厚であること

「汎汎/ふぁん」さん、どうも、ありがとうございます (^_^)

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾
-

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.