台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

ベトナム

Tiem Com Dong Nhan(Com Ba Ca:おばあさんの食堂)|地元っ子で人だかりのできる、ホーチミンの大衆食堂。好き放題、飲み食いして七百円の驚異的コスパ

投稿日:2018年5月21日 更新日:

ベトナム人客も「指差し」オーダー。地元っ子に愛される大衆食堂

ホーチミン市内に、とりわけ人だかりのできている大衆食堂を見つけた。

「Tiem Com Dong Nhan」という店名だが、Com Ba Ca(おばあさんの食堂)との別名もある

大衆食堂Dong Nhanへ

大衆食堂Dong Nhanへ

店頭に並ぶオカズを、指差して、皿に盛ってもらう方式だ。

台湾旅行では、これと似た「自助餐(ヅゥヂゥーツァン)」というジャンルの飲食店へ、足しげく通うアジ吉。

その「ベトナム版」とも言える、このレストランを見て、釣られるようにして、店内へ導かれてしまった。

テーブルの上に置かれたスプーン類

テーブルの上に置かれたスプーン類

店頭の料理を指差して、皿に入れてもらう

店頭の料理を指差して、皿に入れてもらう

ベトナム語ができなくても、心配無用

食べたい物を指差すだけの、簡単オーダー方式であり、ベトナム語が話せる地元っ子でさえ、そうやって注文している

次から次へと、客足が途絶えることはなかった

次から次へと、客足が途絶えることはなかった

ここはベトナム、しかも大衆食堂

レストランの料金体系はよく分からなかったが、まちがって、一番「高い」食材に手を付けてしまったとしても、無視できるほどの料金だし、心配ご無用。

ついつい気が大きくなって、あれもこれもと欲張ってしまうので、むしろ、気をつけなければいけないのはカロリーだろうか

おかず三種、スープ、ごはんを「指差し」注文で無事ゲット

一品ずつ、ご紹介。

値段は気にしない。食べたい物を、ぜんぶ取る

値段は気にしない。食べたい物を、ぜんぶ取る

まずは、ベトナム料理を、これ抜きで語れないというほどメジャーな「春巻き」から。

さすが本場だけあって、外側のカリカリ感が、たまらない

ベトナム料理の「テッパン」といえば、春巻き

ベトナム料理の「テッパン」といえば、春巻き

外はカリッと、中はジューシーな食感

外はカリッと、中はジューシーな食感

こちらは、「豚の角煮風の肉と、ゆで卵」

アジ吉
この肉、あともう少し煮てくれたほうが自分の好みかなぁ

アジ吉の「ストライクゾーン」ヒットには至らなかったものの、酒のツマミとしては、十分たのもしい一品だ。

豚の角煮風の肉と、ゆで卵

豚の角煮風の肉と、ゆで卵

コリコリした食感だ

コリコリした食感だ

この料理を見ていると、台湾の大衆料理「魯肉飯(ルーローファン)」を思い出した。

細かく切った豚肉を、トロトロになるまで煮詰めて、それを白米にかけて食べるという、思い出すだけでもヨダレものの一品

アジ吉
ベトナム式の「魯肉飯」、作ってみよう
「台湾式」に、白米の上へ、肉汁をかけてみるが……

「台湾式」に、白米の上へ、肉汁をかけてみるが……

見様見真似、白米の上へ肉汁をかけて「ベトナム風ルーローファン」をやってみたが、正直、おいしくなかった

単純に見えて、台湾の「魯肉飯」は、計算し尽くされたレシピなのだった。

「野菜と肉の炒め物」も、トライ。

細長いが、しっかり弾力のある肉。冷えているが、その分、しっかり味のしみ込んだ野菜。両者のマッチングが、口の中で見事に調和して、幸せ

野菜と肉の炒め物

野菜と肉の炒め物

肉のプリプリした食感。野菜は、ひんやり、よく味がしみ込んでいる

肉のプリプリした食感。野菜は、ひんやり、よく味がしみ込んでいる

ベトナム料理で忘れてならない存在は、「スープ」

ほのかに塩味がするけれど、野菜と肉から出る「旨み」が勝っており、まろやかな口当たりのスープである。

(たぶん)ほうれん草、瓜の入ったスープ

(たぶん)ほうれん草、瓜の入ったスープ

ミンチ肉も入っている

ミンチ肉も入っている

そして、何を隠そう、アジ吉がスープを頼んだのは、これをしたかったからである。

ずばり、「スープごはん」

ベトナム料理の王者「スープごはん」

ベトナム料理の王者「スープごはん」

お行儀のよい日本人が見ると、眉をひそめる人も出てしまいそうだが、これが実に美味しい

スープをご飯にかけるだけのシンプルな食べ方だが、ベトナムの人々は、みんなこうやって食べている

超グルメなベトナム国民がやっている方法に間違いはない。是非、ベトナム訪問のときは、スープと白米をそれぞれ注文し、テーブルに届いたスープとご飯を使って、「スープご飯」を味わうことをお勧めしたい。

注意したいのは、「スープご飯」というメニューは、どこのレストランに行っても見つからない。あくまでも、「スープ」と「白米」は別々に注文し、テーブルに届いてから、客が自分で「調理」するという算段である。

なお、白米の代わりに「ブン」と呼ばれる、お米でできた麺をオーダーして「スープ麺」として味わうのも、これまた楽しい。

作り置いた料理も、飛ぶように売れて行く

作り置いた料理も、飛ぶように売れて行く

ビール代込みで、大充実ランチが七百円という驚愕のコスパ

これだけ飲み食いして、会計は140,000ドン(約七百円)という驚異的コスパ。大繁盛も納得できる大衆食堂。

アジ吉が食事を終える頃には、ランチのピーク時間帯を過ぎていたが、それでも店内の料理が、飛ぶように売れていく様子を見ながら、店を出たのである。

店名 Tiem Com Dong Nhan(Com Ba Ca)
住所 11 Ton That Thiep, District 1, HCMC

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-ベトナム
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.