台湾とベトナムのグルメ紀行文|アジアの放浪的旅行記

アジアの何か。

台湾

【一日4時間限定】台北で、なんと小籠包がたった80元で食べられる朝ごはん専門店

投稿日:2018年8月8日 更新日:

はじめに:ジェット機の轟音の下、一日4時間だけ営業する朝食店

台北有数の下町「大龍峒」エリア。

土曜日&午前九時すぎという、「原付大国」台湾といえど、バイク交通量もひかえめで、ゆったりした気分でむかえるはずの「週末の朝」だが、ここは、そうはいかない。

上空をジェット機がかすめる

上空をジェット機がかすめる

松山空港に離着陸するジェット機が、約十五分おきごとに、低空飛行で、上空をかすめていくのである。

バイクのエンジン音が【可愛らしく】も思えてくるようなジェット機の轟音の下、午前6時から午前10時(土曜日は午前10時30分)まで、四時間だけフラッと開店する朝食店「萬世香小籠包豆漿店(大龍店)」がある。

本レポートでは、お店の雰囲気や、たった80元という驚愕コスパの小籠包のことも含め情報発信したい。

【萬世香小籠包豆漿店(大龍店)】食事レポート

台湾は「朝が遅い国」。デパート、各種ショップの開店時間が十一時や十二時ということはザラだ。

そんな台湾でも、「食事」となれば話は別で、朝市や朝食専門店が大充実し、台湾料理から、三明治(サンドイッチ)などの西洋ジャンルまで、よりどりみどりである。

日本びいきのおじさんが切り盛りする、ローカル感たっぷりの朝食専門店

このエリアの中心ともいえる廟「大龍峒保安宮」のお膝元で、「小籠包」の漢字が目を引く、大きな看板をかかげて営業するのが「萬世香小籠包豆漿店(大龍店)」だ。

「萬世香小籠包豆漿店(大龍店)」

「萬世香小籠包豆漿店(大龍店)」

台湾では、看板メニューがそのまま「店名」になっていることも多く、ここも例外ではない。

小籠包、豆漿の専門店だという一軒。しばらく台湾旅行で小籠包を食べてこなかったなぁと思い、入店。

幾位? (何名さん?)
店員
アジ吉
一个人 (ひとりです)

アジ吉の発音から日本語だと分かると、ニッコリ笑顔になる、店員のおじさん。

台湾旅行中の日本人に何度も訪れる、「ホッコリ」瞬間である。

ヒトリ ネ
店員

日本人観光客がよく来るのかも知れない。日本語で対応してくれる。

とりあえず小籠包。客に迷わせないメニュー

小籠包、豆漿の専門店のはずだけれど、店頭のメニューを見ると、【とにかく小籠包にしとけ】感がハンパない

店頭のメニュー

店頭のメニュー

飲み物は、豆漿・清漿・米漿の3種類が用意されている。

■豆漿・清漿・米漿の違い

  • 豆漿 …… ご飯の米からできるミルク。砂糖入り
  • 清漿 …… 無糖バージョンの豆漿
  • 米漿 …… ご飯の米ではなく、ピーナッツ(花生米、略して「花生」とも)で作るミルク

店名からして「豆漿」も看板メニューのようだが、あいにく、近くのコンビニで台湾ビールを一缶、調達済みだった。

【小籠包】のフォントサイズに圧倒され、何をオーダーするか、迷う余地は残されていなかった。ある意味、客に迷わせないので、親切

アジ吉
小籠包おねがいします
ジュップン クライ マッテネ
店員

注文を受けてから蒸してくれる方式のようだ。嬉しい。

ビール好きなら、コンビニ調達を

台湾ビールの缶を片手に、嬉々として入店。

店内の様子

店内の様子

店頭には、「持ち帰り」で、オーダーの品ができるのを待つ客がちらほら。

こちらが、コンビニで調達した台湾ビール。

待っている間、台湾ビールで涼をとる

待っている間、台湾ビールで涼をとる

台湾では、ほとんどの店が「持ち込み」に寛容だ。ビールを扱う店は少数なので、飲みたい場合はコンビニで調達し、持込可能な一軒を探せば良い

本当のアツアツを届けたいという気持ちが嬉しい

十分ほど待つと、ニコニコ顔の印象的なおじさんが、小籠包の「せいろ」を運んできてくれる。

アツアツの小籠包と「ご対面」

アツアツの小籠包と「ご対面」

目の前でフタを開けてくれる。【出来立て】を、本当のアツアツで食べて欲しいという心遣いが伝わってきて、嬉しい。

「ひだ」のカタチが、一つひとつ不揃い。正真正銘「手作り」だということが分かる。

小籠包は10個入り

小籠包は10個入り

台北で、小籠包が80元で食べられるお店なんて、そう簡単に見つからないので、てっきり「冷凍食品」でも解凍して売っているのだろうかと思ったが、そういう【手抜き】はいっさいなしである。

一日4時間だけの営業、しかも小籠包が、たったの80元。なんて商売っ気のないお店なんだろう!

肉汁エキス、ものすごい熱量の小籠包と「格闘」

おじさんは、テーブルの上にある、醤油、コショウを使うように説明してくれた。​

「針しょうが」なしのシンプルな醤油

「針しょうが」なしのシンプルな醤油

醤油は、「針しょうが」のない、シンプルなやつ。そのかわりにコショウを使って食べるというのが、このお店の「ローカル・ルール」みたいだ。

皮はちょっと厚めで、弾力感たっぷり。

醤油をつけて、いただく

醤油をつけて、いただく

最初、テーブルに【スプーン】がなく、お箸だけで小籠包をどうやって食べるのか戸惑った。なんてことはない、ボタボタ滲み出るほどのスープは含まれていない。とは言え、決してカスカスした感じでもなく、肉を噛めば、肉汁エキスがギュッと出て来る感じだ。

10個入りの小籠包は、ものすごい熱量。半分も食べないうちに、汗が滝水のように流れ出る。

「ハイブリット」空調

「ハイブリット」空調

そんな中、扇風機でエアコンの風を加速させる「ハイブリット空調」は、大変ありがたい。

汗は止まらないが、十分な清涼感の感じられる中、冷たい台湾ビールを飲みながら小籠包は、大変な美味しさであった。

食後も、しばらく涼をとらせてもらった

まとめ:台北旅行の一日を始めるのにピッタリな「一見」へのアクセス情報

一日4時間という【限定】モノではあるが、物価の高い台北で、80元の小籠包は、驚愕のコスパ。

心のこもった【手作りの味】で一日をスタートさせる台北旅行、いかがだろうか。

店名 萬世香小籠包豆漿店(大龍店)
住所 台北市大同區大龍街270号
営業時間 06:00-10:00
電話 02-2591-7218

(おしまい)

ブログランキング

初めましての方も、常連サマも、ご一読くださり、ありがとうございます。

■ブログランキングについて

ブログランキングで応援(クリック)をおねがいします。ランキングを確認いただけると同時に、皆様の「一票」が投票されます m(-_^)m

※なお、本サイトは台湾コンテンツがメインのため、「台湾」バナーを採用しています

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

■記事のSNSシェアについて

「おもしろい」、「なるほど」と感じられた記事がありましたら、下のSNSボタンから記事をシェアいただけると、今後、アジ吉が記事を作る上での、参考となり、励みにもなります

ひきつづき応援のほど、よろしくおねがいします m(_ _)m

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 専門は台湾とベトナムだが、「副業」として、東南アジア各地も行脚。美味しいもの、おもしろいもの探しには、余念も妥協もない。

オススメ記事

1

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、馬祖行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の理由 ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 2

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

3

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 4

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 5

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

6

目次1 はじめに:まるで「隣町」ほど近い。飛行機で60分の「海外」1.1 バス乗り場は「運命の分かれ道」だった。進んだ方向は……1.2 ガイドブックなし、Wi-Fiなし、韓国語はなせない。軌道修正もできないピンチ1.3 「先生」との出会い2 ...

-台湾
-,

Copyright© アジアの何か。 , 2018 All Rights Reserved.