IT 余談

会社で受ける自己研修には、社外講習会や出張よりも、Udemyがオススメの理由

投稿日:

はじめに:自己研修のプログラム探し

こんにちは。

エンジニアをしていると、自己研修として、会社負担で社外講習会を受講させてもらえることがあると思います。

会社の用意したプログラムや、先輩が受講しているコンテンツを参考にすると思いますが、最近では、オンライン学習プラットフォームが大充実してきました。

その中でも最たる例は、アメリカ発祥のUdemyというサービス。

筆者と、Udemyの出会い

老朽化システムの再構築プロジェクトにおいて、PHPを活用したWebシステム開発を推進することになったのですが、当時、社内にはPHPの開発スキルセットを保有したエンジニアがほとんどいませんでした。

短期間で、自分の思い描くコンテンツを提供してくれる研修を探していたところ、インターネットでUdemyのことを知りました。

筆者がUdemyを選んだ理由については、本記事の中で詳しく触れていきます。

Udemyをオススメする理由

オススメ理由ですが、【控えめ】に書いても、本記事が一本サクッと書けるほどです。

ごく一部にすぎませんが、ご紹介していきましょう(ぜんぶを書くと、時間がいくらあっても足りません……)。

とにかく安い

ほぼ年がら年中「セール」が開催されており、「9割引き」は当たり前という、とてつもない気前良さ

結果として、1つの講座が、ほぼ年がら年中、千円ちょっとで受講することができます。

社外講習会へ行くと、交通費だけでも、これくらいは軽く飛んでいきますし、移動時間も、バカになりませんよね。

会社負担といえど、受講料が少額であるほど、会社にとっても助かるはずです。

時間と場所を選ばない

社外講習会って、自分の業務スケジュールとは無関係に日程が組まれているため、せっかく受講したい講座が見つかっても、スケジュール的に参加できないということもあると思います。

その面、パソコン、タブレット、スマホさえあれば、いつでも、どこでも受講できるというUdemyの利便性は素晴らしいといえます。

スキマ時間に、タブレット片手で受講できる「手軽さ」

通勤電車の中でも、サクッと受講できるため、非常に取り組みやすいといえましょう。

専門アプリを使えば、ダウンロードをしてから視聴することも可能なので、オフライン環境での受講もバッチリできちゃいます。

コンテンツの口コミや評価スコアを参考にしながら、受講する講座を決められる

社外講習会って「口コミ」がネット検索できないことが多いため、先輩からの情報を頼りにするか、自分で受講してみないと、アタリかハズレか分かりませんよね。

その面、Udemyでは、Amazonのように口コミはもちろん、受講者による評価スコアも表示されているので、期待がハズれるという悲しい結論にいたる可能性を、グーンと低減できます。

さらに、受講内容が万一気に入らなければ、返金してもらえる制度もあるという、至れり尽くせりの対応も見逃せません。

「ユーザ視点」による良質コンテンツ

学習プラットフォームとしては、ここが一番重要なのかも知れませんけど、コンテンツが抜群にイイのです。

ベンダーによる技術セミナーは、「作り手」による解説となるため、聞き出したい応用事例の説明が手薄だったり、新商品の宣伝が多かったりして、コンテンツのマッチ度合いがイマイチだったりします。

その面、Udemyであれば、動画を作っているのは、我々と同じように、ベンダー製品を使う「一般ユーザ」であるため、かゆいところに手の届く解説コンテンツとなっています。

受講期限がない講座も

一度購入した後は、受講期限が設けられていない講座もあります。

素晴らしいのは、講座によっては、講師が内容を最新版にアップデートし続けてくれ、その最新の内容も、無償で閲覧できるということです。

受講から長い時間が経って、記憶が曖昧になった時、まるで本棚から「本」を取り出すようにして、タブレットやスマホを使って、動画を再生することができます。

英語の勉強にもなる

もともとUdemyはアメリカ発祥であるため、大多数の講座は英語です。

日本語の講座もかなり充実してきていますが、最新の技術トピックとなれば、やはり最初は、英語のコンテンツから提供されることが主流です。

受講したい講座が英語でしか提供されていない場合、英語で受講しちゃうというのも、1つの手です。

英語の良い勉強になりますし、字幕もあるので、聞き取れない部分のチェック作業もしやすく、安心です。

周囲から「お目が高い」と評価されることも……

最後に、Udemyはまだまだ企業の研修で浸透していないことが多く、あえてUdemyを選択することで「あの人は、どこからそんなモノを見つけてきたんだろう」と尊敬されることもあるでしょう。

良い講座があれば、受講し終えて自己完結させてしまうのではなく、周囲にススメてあげましょう。

「いいもの」をススメることで、【情報アンテナの高さ】をアピールできることも、Udemyを選ぶことの、思わぬ収穫となるかも。

まとめ:無限の可能性を秘めた、優秀な学習プラットフォーム

本記事では紹介しきれないほど、Udemyは優秀な学習プラットフォームです。

日本企業から、こういったサービスが生まれなかったことは残念ですが、アメリカの先進的なサービスを国境無しに受けられる時代になったのは、革命的な出来事かもしれません。

本記事のように、社外講習会の代替選択肢として検討することはもちろん、安価で受講できるため、これまで十分な教育を受けられなかった、発展途上国の若者が、ITエンジニアに必要な素養を、いつでもどこでも、身につけられる時代になったからです。

せっかく、こんなに便利な時代に生まれてきたからこそ、利用できるテクノロジーは、どんどん活用していき、生活を便利にしたいものですね。

ブログランキング

(おしまい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ajikichi

「美味しくなければ旅じゃない」が口癖。旨いものを求め、約三十か国を食べ歩く中で、台湾・ベトナムが誇る「感動的食文化」との運命的出会いを果たす。毎年、十回ほど「外食」と称して渡航。 仕事はエンジニアをしており、デザイン思考が気になる今日この頃。

オススメ記事

「韓国のマチュピチュ」こと、甘川文化村 1

目次1 はじめに:国内航空券よりも安い、釜山行きチケット2 「チョリャンミルミョン(草梁ミルミョン / 초량밀면)」地元の超人気店3 「甘川文化村」釜山のマチュピチュとも呼ばれるアート村4 「チャガルチ市場」飲ん兵衛のオアシス5 部屋呑み| ...

てへぺろ? 2

目次1 はじめに:朝の食事なら、萬華区(万華区)が良い1.1 なぜ萬華区(万華区)か?2 萬華区(万華区)エリアの朝食スポット5選2.1 「阿偉正宗咖喱飯」昭和の給食、素朴なカレー2.2 「周記肉粥店」オカワリ必至、おかゆがススム君2.3 ...

3

目次1 はじめに:数時間前まで「馬祖列島って何?」だった筆者が、出発を決意1.1 そうだ、「馬祖」行こう1.2 インターネット検索できないことだらけ。逆にそれって、チャンス?1.3 本記事のコンテンツについて2 馬祖列島を魅力的にする15の ...

家族団らん 4

目次1 はじめに:ハノイ随一のインスタ映えスポットとは?1.1 トレインストリートへの行き方1.2 本当にインスタ映えするのは「電車」ではない1.3 ハノイの「目覚め」2 「トレインストリート」訪問レポート2.1 「リビングルーム」になった ...

時空旅人 2018年9月号 Vol.45 [ 台湾 見聞録 ー 日本が残した足跡を訪ねて ー] 5

目次1 はじめに:ひさびさに「アタリ」の台湾特集誌が出たという直感でポチる2 【時空旅人 2018年9月号 台湾 見聞録】読書レビュー2.1 本書の構成スタイル2.2 日台ストーリの描かれ方2.3 「永久保存版資料」としての価値もある、【目 ...

6

目次1 午前六時台に、西門から街歩きをスタート2 「恋愛成就」の神様がいる廟、早朝から働いて暑さを回避する台湾の人々3 朝食は、外で買って食べることが浸透している「朝グルメ先進国」台湾4 めくるめくB級美食グルメに舌鼓4.1 「清粥小菜」| ...

暖色系のランプが照らす、薄暗い市場。地元の「すっぴん姿」、日常感が溢れる一コマ 7

目次1 台湾・板橋(バンチャオ)|グルメ食べ歩きの開始前に、市街地を観光2 台湾・板橋(バンチャオ)|「生炒魷魚」にて絶品グルメのイカスープに舌鼓3 焼き餃子、鍋にペタペタ貼って調理するから、中国語では「鍋貼」4 台湾・板橋(バンチャオ)| ...

図書館前の池に咲いていた花 8

目次1 台湾・北投(ベイトウ)|公私クサクサ、ちょっとした「傷心旅行」としてスタートした、ひとり温泉旅2 台湾・北投(ベイトウ)|「漢奇肉羹店」で全三種類の麺にトライ。すべてが「ナンバーワン」になる安定の美味しさだった3 台湾・北投(ベイト ...

-IT 余談

Copyright© アジアの何か。 , 2021 All Rights Reserved.